Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第27話 One Phrase (一言)

 沙織は、物心ついた時から、自分のことを物語の主人公だと思っていた。主人公たるもの、いつか大きな出来事に否応なく巻き込まれていくものだ、と。
 事実、クマオなんていう喋るぬいぐるみから親友と言われた。形見の腕輪は価値の高い物であった。KOKなんていう聞いたことのない組織が現れた。そして、自分自身も毎日仙術で心身を鍛えてきた。この流れはどう考えても、沙織のように儚く可憐な美少女が、怖がりながらも否応なく、強制的に世界の命運を握る戦いに巻き込まれていく、という展開でなくてはならない。
 それがなぜか、青年漫画の主人公のような男に手を差し出され、自分の物語はモブの一人として幕を閉じようとしている。
 今まで続いていた平々凡々な日々が、「おかえりなさい」とばかりにすぐそこまで自分を迎えにきている。

ーーどんなドラマの主人公でも、いつの間にか勝手に事件に引きずり込まれるものだったのに。 

 けれども現実はこんな感じ。自分からなにか行動しなければ結果なんて得られない。可愛いとか、才能があるとか、今この場において、そんなことは一切関係がない。

 沙織は怖かった。
 自分が再び主人公になるためには、絶対にこれをしなくてはならない。
 今からたった一言、ある言葉を口に出す。この行為を。

 しかも、この行為は拒絶されてしまうかもしれないし、成功しても人生がガラリと変わってしまう。
 今までの人生で最大の勇気が必要だ。


 沙織は、今の人生もそんなに悪くない、と思っている。
 ママは仕事であまり帰ってこないけど、お小遣いは満足できるくらいもらっている。仲も良い。パパはいないけど、愛されていた思い出と仙術は残っている。ミハエルという優しい師匠もいて、毎日仙術修行をしてくれる。友達もたくさんいる。学業もいつも学年トップ。可愛いのでちやほやもしてもらえる。日本というインフラの整った国に生まれたことも幸運だ。

ーー一体、何が不満なんだろ? ここで素直にクルリンを渡してしまえば、また何事もない生活を送れるんだよ。

 沙織は、しらずしらずのうちに、窓際にいる愛染を目で追っていた。
 愛染は、モーゼの話を聞きながら、タクトを持って、叩いたり、念じたり、両手で曲げてみたりと、大好きな実験を繰りかえしているようだ。

 二月十九日。
 十七時。
 雪は止んでいる。
 カーテンの隙間から空が見える。
 厚い雲。
 隙間から一筋の月の光。
 愛染を照らしている。
 まるでスポットライトのように。

 愛染を見て、沙織はなぜか、神話に出てくる英雄を想像した。
 英雄という主人公は、愛染くらい無邪気で、愛染くらい美しかったのかもしれない。

 その時、沙織は気づいた。

 愛染の方が二つ年上だが、幼い頃から共に仙術を学び、可愛いと言われ続け、同じ学校に入り、同じように学年トップの成績を取ってきた。
 ところが、愛染は背が伸びて、「可愛い」から「美人」へと脱皮した。剣道で全国大会を優勝し、世間からも認知され始めた。東大にも合格した。
 「歴史に名を残す」という夢に向かって、着実に進んでいる。

 一方、沙織だ。
 可愛いけど、背も低いまま。おそらく一生、これ以上伸びることはないだろう。オーケストラ部のパーカッションで全国大会には出場したが、世間からは全く認知されていない。
 「冒険家になって、世界の不思議を紐解きたい」という夢の、まだ最初の一歩も踏み出していない。
 そもそも、父である雅弘が好きだから、同じ職業である冒険家になりたいと思っているが、本当の夢かと言われると、それすらもまだわからない。

 時間も空間も、ひとつしか選べない。
 何かを得るためには、何かを失う必要がある。

 沙織は、確実に、今、この瞬間、冒険家の道に一番近い場所にあった。
 冒険というものはワクワクすること、である。
 今回の『危機桃音(ハイピッチ・ピンチ・ピーチ)事件』。
 怖かったが、自分の持てるスペックを全て使ったような満足感と、明らかに成長したという充実感があった。

 仙術。
 パルクール。
 ボルダリング。
 パーカッション。
 ただ学んでいるだけでは意味がない。
 学んでいることは、実践を経て初めて輝きだす。

 沙織はわかっていた。

 今、自分の意志を、はっきりと、この、KOKと名乗る人たちに伝えることが、自分の夢への一番の近道だということを。
 こんな経験は、今までしたことがない。けれども、クルクルクラウンがなくなったら、この世界へのとっかかりはなくなり、今後一生、こんな経験をすることはないだろう。

 夢から逃げて普通に暮らす。それは、愛染のいる、あの光指す、我は我なり、というポジションから降りて、ピーチーズのような陽だまりの中、お金のことを考えながら、他人よりいい暮らしを模索し、年齢と闘いながら死を待つという、悪くはないが、一生何事もない人生を送るということに他ならない。
 沙織は、一瞬モヤモヤとして、すぐにその正体に気づいた。

 その正体とは、今が、『大多数と個人の分岐点』だ、ということだ。

 大好きな雅弘と同じように冒険家になって、体と頭と心をフル回転させながら、真剣に明るく生きる日々を送りたい。けれども、本能では変化を恐れている。やらない方が簡単だし、やらないための言い訳はたくさんできる。
 人間が死ぬ時にいう一番多い言葉は、「やっときゃよかった」という後悔らしい。でもそんな後悔は、やらなかったからこそできる、甘ったれた人生を送ってきた人間が発する最後の甘えだ。そういう人間は、百回人生をやり直したとしても、きっと同じ後悔をして死ぬ。
 行動して失敗した人は、インタビューもされないくらい深い、歴史の沼の底の底に沈んで溜まっているのかもしれない。幾多の仲間と共に屍体として重なり、腐って泡を出しながら、プランクトンの餌になっているのかもしれない。全ての努力が報われずに、四肢失い、タンプルウィードと共に、人知れず砂漠に転がっているのかもしれない。
 けれども死にさえしなければ、失敗をし続けてもし続けても、最後には成功にたどり着く。それが成功というものなのではないだろうか。
 沙織は、主人公として失敗したくはないが、成功の道を閉ざされてしまうことにはさらに我慢ができなかった。

ーーどんなに無様でもいい。諦めの悪い子供のように、鼻水流してでもしがみつかなきゃ。アタピの夢は遠ざかる。

ーー全てを失ってもいいと思えるくらいの莫大な好奇心よ。アタピに食らいつけ! 今できないことは、一生できない!

 物事を決意するための唯一の手段は、アファメーション(自分への肯定的な宣言)だ。沙織は、自分自身に強く念じて、成功に続くための決意の一言を口に出した。

「アタピ、KOKに入りたい、です」

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く