Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第24話 Heroes Always Show Up Late (ヒーローは遅れてやってくる)

 ガチャーーーーーン!

 ネーフェが、今まさにその手を振り落とさんとした瞬間、愛染の後ろから大きな音が鳴った。
 音楽室のガラス窓が割れたのだ。

 空間をぶち破るような派手な音。
 どうせ割るなら大きくぶち破ってやろうとでもいうような意志を持った塊が、冬の寒気とともに、愛染の頭上を横切った。
 塊は、愛染とネーフェの間に落ちた。隕石と見まごうばかりの熱量。立ち上がる。

 人間だ。ろうか。

 愛染と同じくらいの身長。
 全身が銀色で、西洋の騎士のようなボディスーツを着ている。
 テレビの特撮ヒーローのようだ。
 手足が長い。
 翻るマントには、複雑な模様と共に六芒星が描かれている。

 騎士は状況を確認した。先ほど音楽室に来た黒猫が近寄る。幻ではなかった。

「どうやら間に合ったようだな。信長。ありがとう」

 身長に似合わず声が幼い。愛染と同じくらいの年齢の男性だろうか。

「KOKか! そうや! KOKに頼めばよかったんや! それにしても遅いやないか!」

「悪かった。外にも別の組織がいてな。手間取ってしまった。チャタローがこの場所を教えてくれなければ、すぐには辿(たど)り着けなかったよ」

「誰ですか?」

 ネーフェは騎士を睨みつける。騎士はゆっくりと答えた。

「イノギン。KOKだ」

「KOK……。本物か?」

「本当はイノギンという名前でビビって欲しかったけど。ま、それはこれからの課題かな?」

 イノギンは、先ほどネーフェがしたように腕を一度振った。

 ビシュッ。

 空気を引き裂くような音がする。

「やはり……。アルキメストですか」

 ネーフェの顔が恐怖に染まる。

「ああ。まだAPDだけど。俺は強いよ」

 ネーフェは突然、廊下に向かって全力で走った。逃げるつもりのようだ。転がっている諭吉を跳び越える。

 バギョン。

 音楽室の扉は開いている。だがネーフェは、空気の壁にぶつかったかのように跳ね返り、諭吉の近くに尻餅をついた。
 床で転がるネーフェを、イノギンは見下ろす。

「残念。すでに結界は張られているよ」

 ネーフェは立ち上がりざま、錯乱したように震え、大きく腕を振ってイノギンに向かっていった。

 イノギンは、最小限の動きで躱(かわ)しながら、手刀でネーフェを叩く。
 
 手首。
 パシ。
「一本」

 首筋。
 ピシ。
「二本」

 まるでミハエルと沙織の修行のようにレベルが違う。対局指導とでもいうのだろうか。ネーフェの顔と違い、イノギンは余裕綽綽(しゃくしゃく)で分析をする。

「なるほど。結構お強い。このレベルだと、本気を出せば女子高生なんて簡単に殺せそうだな」

 お尻。
 ポス。

「でも、誰も殺してない。ってことは、悪い人じゃないってことなのかな?」

 沙織も愛染も、さっき初めてネーフェに会ったクマオまでもが同時にうなづく。イノギンから殺気が消えた。

「そんじゃ」

 イノギンの動く速度が一瞬上がる。
 あっという間にネーフェの後ろに回り込む。
 イノギンの腕は、ネーフェの首に巻きついた。
 ネーフェは呼吸ができない。少し暴れたが、すぐに動きが止まり、トマトのように顔を紅潮させ、ゾンビのように両手をぶら下げ、マグロのようにゆっくりと倒れた。

 ドウン。

 体重が重いからであろう。無残な音を立てて、ネーフェの太めの肉体は、固い音楽室の床に叩きつけられた。

「しぇんしぇー?」

 沙織は、不安な気持ちでネーフェを呼んだ。いくら襲ってきたからといって、ネーフェに死んで欲しくはない。沙織はまだ、ネーフェのことが好きなのだから。

「心配するな。峰打ちだ」

 イノギンは、そんな気持ちも知らずに得意そうだ。

「信長。結界を解いてくれ」

 イノギンの言葉で、緊張していた音楽室の空気は時間を取り戻した。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く