Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第22話 U R on Fleek ! (超サイコー)

 ネーフェは、さらに一歩、沙織に近づいてくる。

ーーだって、仕方ないよね。

 心が折れかけた瞬間、沙織の目に飛び込んできたのは、ネーフェの腰にしがみつく愛染の姿だった。

ーー愛ちゃん?

 愛染は、荒馬にまたがるカウガールが如く、ネーフェにしがみついている。けれども、どんな攻撃も通じないネーフェなので、ただ振り回されるばかりだ。
 愛染は、必死に食らいつきながら、沙織に向かって叫んだ。

「本当にいいの? 納得してないでしょ? 大切なものなんでしょ? 大切なものを一度でも手放すことを覚えたら、もう私達は対等じゃなくなるよ!」

「ナイン(いいえ)。レーラー(教師)の言うことを聞く。むしろ優等生のお手本というものです」

 ネーフェは片足を振ったが、愛染はずり落ちながらも、必死の形相で離れなかった。

 ライオンに転がされる子犬のよう。
 無様。
 埃まみれ。
 けれども愛染はけして離れなかった。

ーー美しい。

 沙織の理想とする姿がそこにある。
 沙織は、今まで見て来た愛染の中で一番美しいと感じた。

ーー愛ちゃん! アタピ、愛ちゃんと、対等でいたい!

 黒目がちの瞳に、再び意志が宿る。

ーー死んでもいい。

 沙織は、正中線を正した。
 何か一本、自分の体に芯が通ったようなエネルギーを感じる。
 その名は『覚悟』。

「沙織!」

 クマオが、沙織の膝のあたりから声をかける。

「あんな、ワイを盾にして闘ってみな」

「いい」

 心配してくれているのは嬉しいが、意味のないことは今はいらない。

『感情と情報は分けて考えろ』
 仙術の基本だ。

 沙織は、ただひたすら、ネーフェの動きに集中した。

「いい、やない。沙織には絶対勝てない秘密があるんや」

「なに?」

「言えないがワイを信じろ」

 沙織は、ちらりとクマオを見た。真剣な顔をしている。かわいい。

ーーきっと、アタピを助けに来てくれたから、責任持って自分が盾になろうとしてくれてんだね。ありがと。気持ちは嬉しい。でももう平気。集中力、切らしたくない。

 沙織は、再びネーフェをチラリと見た後で、音楽室全体を見渡した。

 いつもは整然と音楽室に並んでいる机と椅子は、合唱の授業の時のように教室の後ろに下げられている。
 自分の背中には教壇と教卓と黒板。少し離れてグランドピアノ。
 左手には廊下に続く扉があり、愛染と諭吉が倒れている。
 反対の壁には一面に大きな窓。クリーム色のカーテンで覆われている。
 壁の上には古(いにしえ)の音楽家たちの肖像画が飾られている。

 冷静。

 冷静そのものだ。

 冷製スープのように澄み切っている。

ーー音楽家のみなしゃん。アタピのこれからの活躍を、どうか見守っていてくだしゃい。

 沙織は、決意を固めた。


 愛染は、ネーフェに飛ばされて壁に激突したが、倒れながらもなお、ネーフェに向かう機をうかがっている。
 沙織は愛染を見た。
 目が合う。
 口で言うとネーフェにバレてしまうので、沙織は、目で作戦を訴えた。

ーー愛ちゃん! 諭吉を抱えて教室から逃げて! それでミハエルに電話して欲しいの!  それまでアタピが囮になって、しぇんしぇーのこと止めとくから!

 愛染がうなづき、ゆっくりと立ち上がる。思いは届いたようだ。沙織はホッとした。

ーーあとは逃げきる!

 沙織は軽く上下に跳ね、膝のバネを確かめた。

 が、愛染の反応は、沙織の思っていた通りではなかった。逃げる気配がない。愛染が負けず嫌いの性格だということをわかっていないのは、沙織も同じだった。
 愛染は闘いから逃げない。この絶体絶命のピンチの中で、ギリギリ生き残るための作戦を練っていた。

「沙織!」

 愛染が叫ぶ。

「クマオの言うとおりにして! クマオは、先生に攻撃が当たらない理由を知っている!」

ーーえっ?

 沙織はクマオを見た。
 自信ありげだ。

 ネーフェは表情を歪ませた。
 早足で沙織に近づいてくる。

ーー逃げるだけなら自信ある!

 沙織はクマオを掴み、ネーフェから大きく跳びすさった。

 距離があく。

 跳び回りながら沙織は、クマオと目を合わせた。
 クマオはうなづいた。

「せや! ワイのこの怒りのヒップを、ネーフェの野郎にぶつけてやるんや」

 クマオには言ってはいけないルールが存在することを沙織は忘れていた。確かにクマオの言うことには理由があるのかもしれない。沙織は言われたとおりにすることにした。
 クマオと手を繋いで、右拳を作る。
 クマオが丸まって、沙織の右拳を包み込む。
 クマオグローブの完成だ。

「このまま攻撃や」

 ネーフェの動きは、先ほどまでのように緩慢ではない。
 余裕なく、勢いよく迫ってくる。

 だが沙織は、元ロシア軍人でもあったミハエルと毎日仙術の修行をしている。その動きと比べれば、まるでスローモーション。予備動作から動きが丸わかりだ。

 ネーフェは、体格差を生かして沙織を捕まえようという作戦でくる。
 沙織は、ネーフェの丸太のような腕をかわし、思いっきり、ネーフェの顎(あご)めがけて拳を突き出した。

 竹刀が割れるほどの突きを喰らってもビクともしなかったネーフェの顎が、柔らかい肉の感触とともに醜く歪む。
 ネーフェは、顎を拳で撃ち抜かれ、痛みで顔をしかめた。

 小さな女子高生に対して油断をしていたので、少し脳震盪を起こしているようだ。顎をさすり、穏やかだったネーフェの顔つきが変わる。

「やっぱりね」

 ネーフェに何度も振り回されて教室の壁まで飛ばされていた愛染は、壁に寄りかかりながらも立ち上がり、ゆっくりと口を開いた。

「先ほど先生が言った、攻撃が当たらないとわかっていた、という言葉が引っかかってたの。わかっていたということは、当たらない明確な理由があるってことでしょ?」

 愛染の目が輝いている。この場の空気を全て支配しているようだ。

「だから、攻撃が当たらない理由を探るために先生の体にしがみついたの。そしたら服の感触をまるで感じなかった。何か固いものに阻(はば)まれてる感じ。それから、先生の体を押すことができるかどうかも実験したの。全く動く気配がなかった。つまり、これは私たちの知らない力が存在しているに違いない。そう思ったの。だって、私の突きが当たって完全に無傷って、物理法則的におかしいでしょ? でも、クマオの言葉を聞いてピンときたの。クマオだったら知ってるかも、って。クマオも、物理的に考えておかしいからね」

「おかしいって、そら褒め言葉かい!」

 クマオの不満に、愛染は笑顔で答えた。

「そう。最高に個性的、って意味よ! これで一つ。クマオなら先生に攻撃できる。次は、不思議な力同士なら触れられるのかどうか。実験だわ。このタクトなら、先生に届くのかしら、ね?」

「ナイン(いいや)」

 否定とは裏腹に身震いしたネーフェの表情に、愛染は確信を得た。

「沙織! やはりクマオや先生は何か特殊な力を持ってるわ。その力はおそらく同じ力を持つ者でないと対抗できない。沙織は、クマオの拳で先生を攻撃して! 私は、このタクトで攻撃できるか試してみる! 同時にいこう!」

 沙織はうなづいた。

 それにしても、愛染はどこまで先を見られるのだろう。逃げることが最高の手段だと思っていた沙織よりも一歩先をいく。沙織は、こんな場面だというのに嫉妬心が渦巻いてしまった。
 しかし同時に、逆転のチャンスがあることがわかった途端、視野がさらに広くなった。窓の外にいる小さな猫の影だって、カーテン越しに確認できるくらいだ。

 ネーフェの表情は様々に変化している。

 怒り。

 諦め。

 そして悲しみ。


「……わかりました」

 ネーフェは、ワサビを食べた幼稚園児のように悲痛な表情で顔を上げた。

「本当に。私は。傷つけたくなかたのですよ。フロイライン沙織。愛染。しかし、ことここに至ては、そんなことを言ていられる状況ではありませんね」

 ネーフェは胸ポケットから何かを取り出し、人差し指を立てて軽く腕を振った。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く