Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第12話 God Save The Queen (神、降臨)


「みんな! どうしたの?」

 沙織は普段、あまり大声を出さない。
 けれども、今は、声帯が壊れるほどがなった。
 こんなに大声を出したのは、三年ぶりくらいだ。

 けれども、ピーチゾンビーズは、まるで無視だ。
 勢いは止まらない。
 そのガッツキは、ハイエナのようだ。

 沙織は、仙術を習っているので、ピーチーズとの体術には、まだかなりの開きがある。
 恐怖はあったが、心の中では、まだ冷静に、物事を考えることができた。

ーーアタピ、怪我(けが)したくない。特に、可愛い顔は、傷つきたくない。もし、殴ってきたら、拳だけは避けよ。

 だが、ピーチーズは、沙織を殴らなかった。
 体を、特に、左半身を押さえつけてくる。

ーーえ? 

 沙織は、注射される時に針を見るように、じっくりと、ピーチーズの動きを観察した。

ーーもしかして、クルリン狙い?

 ピーチーズは、沙織の左腕にしがみついて、鈍く光る金色の腕輪、クルクルクラウンを奪おうとしているようにみえた。

ーーダメダメ。これ、パパの形見。

 沙織は、反射的に左手を引く。
 同時に、ピーチーズの勢いが激しくなる。

 沙織は、なるべく落ち着いた口調で、ピーチーズに問いかけた。

「クルリン欲しいの? なんで取ろうとするの?」

 誰も聞いてはくれない。

ーーみんなも、アタピが大事にしてるってこと、知ってるはずなのに。

 ピーチーズの目つきは、バーゲンセールに群がるおばさまの如し、だ。
 沙織は、隠した左腕を、無理やり伸ばされた。
 ウサの指が、クルクルクラウンにかかる。

ーーダメ……。

 とはいえ、親友には、これ以上の攻撃はできない。沙織は、目を閉じ、感覚を駆使して、なんとか三人から逃れようと、相手の動きに意識を集中させた。


 と、突然、沙織にのしかかっていた三人の重みが軽くなる。

ーーあれ?

「何やってんの? またPチューブ(SNS)? 遊びにしても、やりすぎだよ」

 聞き覚えのある声だ。
 沙織は、うっすらと目を開けた。

 カメが遠くに転がっている。
 ウサが、腰を抱えられて、持ち上げられている。

 制服にロングコート。
 長い黒髪。
 背が高い。
 まるで、ファッションショーから抜け出してきたかのように、現実味のない、モデルのようなスタイルの女性が立っている。

 女性は、呆れ顔をして、まるで布団でも投げるかのように、ウサを、軽々と投げ捨てた。

「愛ちゃん!」

 沙織の目の前には、大親友であり、日本一の女流剣士でもある、藤原愛染(ふじわらのあいぜん)が立っていた。

 愛染は、沙織の肩に食い込んでいる諭吉の指を、軽くねじる。
 諭吉が、沙織から剥がされる。
 愛染は、そのまま、軽作業のように、諭吉を放り投げた。

 ピーチーズは、受け身がとれるように投げられたので、誰も怪我をしていない。
 すぐに立ち上がり、三度、沙織に襲いかかってきた。

 愛染は、長い両腕を広げ、事もなげに、三人を抱きかかえた。
 三人はもがくが、動けない。
 愛染は、何もしていないかのように涼しい顔をしている。

 一流の武術家と、一般の女子高生の差。

 沙織も、本当は、これがしたかった。
 だが、身長と力が無いためにできなかった、夢の戦法だ。

「沙織。なにやってんの?」

 愛染が呆れ顔のまま振り向いた。

「ちょっと、ね」

 沙織は半身を起こし、右手の親指と人差し指を近づけるジェスチャーをした。

「ちょっと、じゃないでしょう? 沙織のあんな大声、修行以外で初めて聞いたよ。それにほら、この子なんて、怪我しちゃってるじゃない。沙織が人を怪我させるなんて、見たことないよ」

「アタピ、怪我させてない」

「あら。そう」

 愛染は、すぐに考えを改めた。
 そもそも、沙織が友達を傷つけるということの方が信じられないことだったからだ。

「じゃあ、どうしたのよ」

「突然、ピーチーズに襲われた」

「そんなことあるの?」

「無いと思ってた」

「だよね」

 愛染は、抱きしめている三人を見た。

「ねー、なんで沙織を襲おうとしてんの?」

 ピーチーズは答えない。
 ただ、愛染の腕の中で、必死に、もがいている。
 だが、三人は、普通の女子高生だ。
 体力がなくなり、動きにも、力がなくなってきた。

「あんたたち、友達なんでしょ?」

 三人は答えない。まだ、ひたすらにもがいている。

「とりあえず……」

 愛染は、困った顔をして沙織を見た。

「私もこのままじゃ、ゆっくり、話もできないわ。一度、縛っとこう。あっ。あと沙織。誕生日おめでとう」

「ありがと」

 沙織と愛染は、ピーチーズを抱えながら、沙織の教室に入った。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く