Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第18話 Girl's Mountain (女子高生の山)

 バタバタ。

 ガタガタ。

 バターン。

 沙織たちが話に集中していると、廊下から大勢の足音が聞こえてくる。カメたちと同じような騒々しい足音だ。

「少し早く来ちゃったね。全部は話せなかったけどわかった?」

 沙織は、自分の太腿(ふともも)を軽く叩いた。大体(だいたい)わかったという合図だ。
 足音は一直線に沙織たちのいる教室にきて、勢いそのままに扉を開けた。

 先頭はジャージを着た太ってハゲかけている五十代の男性。体育教師の粂川敏郎(くめかわとしお)だ。続いてバレーボールのユニフォームを着た大柄の、沙織達が知らない女子生徒が三人。最後尾には警備服を着た小さいが体の締まっている六十代の男性二人。合計六人だ。人数も多いし、一人一人の戦闘力もピーチーズと比べれば明らかに高い。

「沙織! よかったね!」

「うん!」

 沙織は笑顔を見せて、愛染と共に身構えた。

 なぜ沙織にとって、この状況が喜ばしいことなのか。今入ってきた六人は、全員ピーチーズと同じ表情をしている。ということは、ピーチーズもこの人たちも敵ではない。操っている黒幕がいる。それがたった今わかったからだ。
 仙術を習っている二人にとって、体育系女子や年齢を重ねた男性程度なら何人いても脅威ではない。
 沙織は、親友が敵ではないと知って安心した。と同時に、親友を危険な目に合わせている黒幕Xにたいして激しい怒りが湧いてきた。

「この人たちはそんなに強くない。傷つけないようにね」

ーー怪我させてもいいなら椅子投げて机ガンガン蹴り飛ばす。その隙にあそこにある傘の取手部分を利用して相手を転ばせて一人一人の急所を狙い撃つ。

 テンションも上がっているし、可能性についてのシュミレーションはする。だがこの人たちは敵ではない。操られているだけだ。
 それに沙織はどちらにせよ、人を傷つけたくはなかった。人を傷つけなくても大事なものを守れるように仙術の修行を続けているのだから。

 『力あるものは責任を持て』仙術の教えだ。

ーー絶対傷つけない。

 愛染の言葉に、沙織は力強くうなづいた。


 六人は愛染と比べれば身長が低い。愛染は沙織の前に立ち、長い手足で全員を抑えこもうとした。
 男たちは沙織の姿を確認すると同時に襲いかかってくる。
 愛染は一人の警備員の襟を掴み、もう一人の警備員に対しては足をかけて倒した。男性三人程度ならあやすのは簡単だ。
 とはいえ、さすがに先程までのか細い女子高生たちではない。警備員たちを盾にして、粂川が沙織の方に抜ける。
 愛染は、抜けた粂川の手首を掴んで捻り倒す。
 倒れながら這って沙織の方に抜けようとする警備員も、足で挟む。

 その間に、バレーボール部の生徒たちはピーチーズの縄を解いていた。ピーチーズは嬉しそうに一声唸る。ピーチーズが救出されたことにより敵の数はさらに増えた。六人にピーチーズを加えて九人だ。
 九人は、全員揃うと更に勢いづいた。机があることなど御構い無しに、まっすぐ沙織に向かってくる。
 最初に来たバレーボール部員に気を取られた愛染の脇を、別のバレーボール部員が抜ける。
 沙織も対抗したが、傷つけないようにすると体格の小さい沙織は不利だ。
 さらに一人バレーボール部員が抜けてくる。

 一人に押され。

 二人に潰され。

 徐々に沙織は、教室の隅で、叩きつけられたお饅頭のように潰されていった。

 背が小さい諭吉も愛染の脇を抜けてくる。先ほどから沙織を追いかけているからだろうか、他の人より手際がいい。これが欲しいのよとばかりに一直線に沙織の左手首を掴む。クルクルクラウンに手をかける。取りづらいのか、諭吉は沙織の手首を引っ掻(か)いた。

ーー痛い。

 けれども、他の二人に潰されているために沙織は抵抗できない。クルクルクラウンは諭吉によって、強引に奪われてしまった。

ーー待って!

 沙織の伸ばした手は、願いも虚しく、次々とやってくる女子高生の圧力によって人山(ひとやま)の中に潰れて消えた。

 愛染も他の人に捕まっていて追いかけることができない。

 揉み合いの中で、クルクルクラウンを持った諭吉が、沙織の視界からゆっくりと消えていった。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く