Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第17話 Peaches are in a pinch (ピンチなピーチ)

「やっぱ無理か。うーん。少し情報をまとめよう」

 愛染は少し考えた後、すぐに顔を上げた。
 表情は明るい。全く困っている様子はない。

「それじゃ、今考えることを順番に言ってくね。一つ。なぜ他の人ではなく沙織の友達がクルリンを奪おうとしているのか。二つ。なぜクルリンが欲しいのか。三つ。どうしたらクルリンを制御できるのか。どう? なにか意見はある?」

ーー三つともわかんない……。

 沙織は、論理的に素早く答えて頭の良さを見せたいと思ったが、何も答えられるモノがなかった。
 逆にクマオはすらすらと話し出す。

「せやなー。親友がクルリン奪ういうんはおかしな話やで。そもそも、ただの女子高生が欲しいもんちゃうからなー。クルリンの価値を知っとるリアリストは少ない。けど価値を知っとんなら、欲しがるものは多いやろなー。ちゅーことは、カメ達がその価値を知ってしまったのかもしれん。止める方法は沙織が頑張って止めるか、止められる奴を呼ぶことや。けどワイはその方法を知らんので教えられへん。教えてくれる知り合いもおらへん……」

「リアリストって現実主義者のことじゃないの?」

 クマオは、しまったという顔をして慌てて否定した。

「あ、えっと……、人間いうことや」

「てことは、クリーチャーとリアリストがいるってこと?」

 クマオは喋らずに、困りきった顔を返した。

「ごめんね」
 
 愛染は謝った後で、また尋ねた。

「でも、知ってるリアリストが少ないはずということは、どうしてただの女子高生に過ぎないカメたちが狙っているの? クマオちゃんは見当つかない?」

「うーん。ワイ、この世界に来たのはついさっきやさかい、カメたちのことは何も知らんのや」

「なるほど……」

ーーこの世界? てことはクマオは違う世界から来たの?

 沙織は聞いてみたかったが、言いづらそうにされることが目に見えているので止めた。
 愛染は少し上を向いて時間をとり、再度口を開いた。

「まとめると、今の時点ではクルリンは制御できないし、沙織の友達が奪おうとする理由もわからないてわけね」


 今までずっと考えていた沙織は、ここまで愛染の話を聞いてようやく口を開いた。

「アタピ、奪おうとしている相手は桃じゃないと思う」

「なんでそう思うの?」

「だって、今の桃は桃じゃないんだもん」

 沙織の言葉は抽象的だったが、愛染が理解するには十分だった。

「そうね。私もそう思う」

 愛染は沙織の顔を見て笑い、その余韻でクマオに顔を近づけた。

「ねー、クマオちゃん。クルリンってさぁ、世界を具現化するって効果があるんでしょ? てことは他にもそういう腕輪があるの? 例えば変装できるとか、人を操れるなんて効果の腕輪とか」

「……あるな。おそらくやけど」

「じゃあもし人を操れる腕輪が存在すると仮定して、もし誰かが沙織の友達を操っているのだとしたら、クマオにはその腕輪の位置はわかるの?」

「わからんわからん。逆にこうして分かる方が異常なんや」

「なるほど」

 愛染はロダンの『考える人』の像と同じ腕の組み方をして目を閉じた。
 沙織はまた腕輪を触ってみた。

ーーどうやって止められんだろ。なんでこんなんなったんだろ?

 沙織は力んだり集中したりしてみたが、特に何も変わらない。ただ雅弘が、力んで赤い顔になった沙織を指差して笑い転げているように感じた。
 考えを巡らせていた愛染はようやく目を開けた。

「よし。策は整った」

 愛染は沙織とクマオの頭を引き寄せ、ピーチーズに聞かれないように小声で話をした。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く