Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第16話 Spinning Crown (クルクルクラウン)

「貸してー」

 愛染は甘えた声とは裏腹に、奪うようにしてクマオから本を取った。任意のページを開ける。沙織も気になったのですぐに立ち上がり、愛染の後ろから覗く。何も書いていない。ただの白紙だ。
 クマオが偉そうに話す。

「それは愛染には使えへん。使い方を見せたる」

 愛染は素直に幻脳ウィキを返した。
 クマオは誇らしげに本を開き、顔に押し付け、表紙を沙織の腕輪に向ける。
 幻脳ウィキの表表紙と裏表紙に描かれている両方の目が開く。

「これでわかるんや。クルクルクラウン。所有者は加藤沙織。ラン、いや、効能は世界を具現化するもの」

 何かを隠したような物言いに、愛染が質問を投げかける。

「それ以外にはわからないの?」

「み、見え、いや。い、言えへんなー」

ーークマオは嘘をつくことが無いように努力をしてくれてる。

 愛染はクマオに対してさらなる敬意を持って、言えなさそうなことは聞かないように努めた。

「その幻脳ウィキって、クルリン以外のものでも見えるの?」

「ああ。超優秀や。例えば、ピーチーズを見れば彼女らの名前もわかんで」

「じゃあカメがどの子だかわかる?」

 クマオはグッタリとしているピーチーズに幻脳ウィキを向けた。表紙に描かれた目がグリグリと動く。

「カメはあのショートカットの子やな。亀谷綾菜。なんや、笑う会会長て」

ーー『笑う会』ってアタピ達の学校にしかないサークルなのに。深まる信頼。

 愛染は自分の質問をしたくなった。

「私の身長わかる?」

「愛染か? 身長181cm。体重は69kgや」

「体重はいらないよー」

「ちなみに沙織は身長149cmの39kgや」

ーー150cmあるし。

 沙織が誰にも話していない情報を知っている。こうなると更に信憑性は高まった。
 沙織は、自分でも幻脳ウィキを試してみたくなった。

「貸して」

 沙織はクマオに手を出した。

「ええけど。沙織も使えんで」

ーーなんでも自分で確かめること。仙術の教えだよ。

 沙織はクマオから幻脳ウィキを渡された。

 クマオがやっていたように自分の目に当ててみる。真っ暗。ただ紙の感触と匂いがするだけ。
 顔から本を離して表紙を見ると、幻脳ウィキはすでに目を閉じていた。

「これはクマオにしか使えないの?」

 愛染の問いにクマオは答えた。

「使える人もいる思うで。ただ使うには人を選ぶし、使い方があるんや」

「どうやって使うの?」

「んー。……そこはルールに引っかかるし、引っかからないとしてもワイにはうまく説明できへん」

「なんで説明できないの?」

「ワイは何もせんでも元々使えるからな。教え方がわからへん」

「そういう人もいるの?」

「そういう人は……いるはずやが見たことはあらへんな」

「てことはクマオは天才?」

「天才ちゃう。ワイがア……、あのな」

「なに?」

「お、教えられへんし、ちょ、ちょお待て!」

 愛染と沙織がタッグを組むベテランプロレスラーのように交互に質問を続けるので、クマオもさすがにタップの体勢をとった。

「今の質問、全部沙織のピンチと関係あるんか?」

 聞かれて沙織は、クマオの命がかかっていることも忘れてただ興味本位で夢中だったことに気がついた。

ーーあ…。

 沙織は一度、頭の中で考えをまとめてみることにした。

ーーなんでアタピが襲われているのか。やっぱりピーチーズは、アタピのクルリンを狙ってるんだ。

 とすると疑問が残る。

ーーでもなんで……、カメ達がクルルン欲しいんだろ?

 沙織の気持ちを代弁するかのように愛染が質問をする。

「いろいろ教えてくれてありがとう。脱線してごめんね。沙織が襲われたのってやっぱりクルリンが原因じゃない?」

「そうかもしれんな」

 謝られたのでクマオの機嫌はもう直っている。短く丸い尻尾が左右に揺れる。

「クルリンの価値を隠すのってどうすればいいの?」

「沙織が制御すれば元通りになんで。そもそも、ファ、いやこういうもんを宝具が主張することなんて無いはずなんや」

「じゃあ沙織。ちょっと制御してみて」

ーーちょっとジュース買ってきてみたいに気軽に言うね。

 沙織は、手首を押さえて力を入れてみた。

「どう? 出来る?」

ーー出来るはずないでしょー。

 沙織は首を振った。 

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く