Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第15話 Sexual Entrapment (色仕掛け)

「まず、なんでワイが沙織のピンチを知ったのかやな」

「うん」

「クルリンや」

ーーこれ?

 沙織は、自分の腕輪を触った。

「クルリンがどうかしたの?」

「沙織はクルリンからなんか感じひんか? いつもと違う感覚」

「そういえば……」

 沙織はつぶやくように答えた。

「なんかパパが近くにいるような気がする」

「えっ、沙織も? 私も今日は、雅弘のことを強く思い出してたの」

 愛染は沙織の父のことを雅弘と呼ぶ。
 愛染も子供の頃、沙織と一緒に雅弘から仙術を教わっていたからだ。
 呼び捨てで呼ぶのは、それくらい雅弘が垣根の無い人間だった証だ。

 クマオは、手を上げて反り返った。

「愛染も? そら驚いたわ。せやけどその感覚がわかるのは二人だけやない、たくさんのクリーチャーたちも感じてるんや」

「クリーチャー?」

「ワイら、人間ちゃうやろ? せやから総称してクリーチャーや」

「てことは、クマオみたいな子が他にもいるってこと?」

「あ、お、え」

「言えることだけでいいよ」

 愛染は今した質問をなかったことにして、すぐに次の質問に移った。

「つまり雅弘さんの形見だから、腕輪が沙織のピンチを教えてくれたってわけ?」

「ちゃうねん。クルリンは凄く価値のある腕輪なんや。普通はそれがわからんようになっとるもんなんやけど、今はなぜか、めっちゃわかるようになってしもうてるんや」

「なんで?」

「わからん。でもクルリンからものごっつい特別な気配が溢れ出しとんのは確かや」

「価値があるって高価ってこと? 高価な宝飾品や腕時計を身につけている人なんてたくさんいるでしょ? それがなんでピンチなの?」

「そういうモノが盗られない思てんのか? そら常識ないで」

ーーそういえばどこかの貧困国で、運転してる人の腕時計を奪うために車窓(しゃそう)を割ってオノで腕を切り落とす泥棒がいる、て聞いたことある。

「でもさすがに、日本じゃそんなこと起こらないんじゃないの?」

「甘い。甘いわ。クューキーボーより甘いわ。クルリンは、普通に生きとる人間に価値があるもんやない。違う世界のルールに生きとるクリーチャーにとって価値があるもんなんや」

ーークューキーボー ??? 何それ、甘いの?

 沙織は一言も話していないが、ただただ質問は続いていく。

「金銭的に価値が高いってことじゃない、ってこと?」

「せや」

「じゃあ歴史的に価値のある物ってこと?」

「ちゃうな」

 沙織は、なかなか教えてくれないクマオに対してもどかしい気持ちになった。だが、愛染は逆に優しい声になる。

「んー。クマオちゃーん」

 愛染はクマオの両耳をクリクリといじりながら、耳元で囁(ささや)いた。

「全然わかんないよー。沙織の親友ってことは私とももう親友でしょ? もう少し、もう少しだけでいいから教えてよー」

 クマオは満更でもない様子だ。

「せやなー。愛染も親友やからなー。しゃーない。教えたるわ。クルリンの価値、それはな、世界を具現化するものってことや」

「世界を具現化する?」

 具現化とは、頭で考えていることを実際に形にするという意味だ。世界は誰かが考えたことが実現されて出来ている。具現化しているからこそ世界なのだ。言葉の意味として矛盾している。

「どういう意味?」

 沙織も愛染の真似をして、ぶっきらぼうな顔でクマオを後ろからつついた。
 クマオは嬉しそうに、堂々と言った。

「わからん」

ーーわからんのかーい。

 沙織は心の中でツッコんだ。けれども愛染は質問がうまい。聞き上手だ。さらに続ける。

「どんな意味がある腕輪かはわからないのに価値はわかるの?」

「せや」

「なんでなんでー?」

ーーこんなに可愛い子が二人、ただただぬいぐるみに甘える動画を撮ったら、さぞかし再生回数伸びるだろなー。

 沙織はますます可愛こぶった。クマオはますます反り返る。

「なんでわかるかいうと、それはな、」

 クマオは誇らしげに、自分のお腹についたポケットに両手を入れた。中から大辞典のような厚さの赤い本が出てくる。表紙には閉じた大きな目が描かれている。明らかにポケットより大きい。なぜこの大きさでポケットに入っていたのかがわからない。不思議だ。

「これや。幻脳ウィキ。これで見たんや」

ーー幻脳ウィキ?

 沙織はこんな状況だというのに、知らないことだらけでワクワクが止まらなかった。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く