Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第14話 Kumao Says (クマさんの言うことにゃ)

「さて、と」

 クマオは沙織の膝の上に移動した。
 いよいよ三者面談の始まりだ。

 最初に口を開いたのは愛染だった。

「私は、三人が襲ってきた理由にはクマオも関係している、と思うんだけど」

 クマオは驚いた顔をして、自分を指差した。

「ワイ? ワイが沙織の不利になるようなこと、するはずがないやないか」

「それならなんで、クマオはこんなに良いタイミングで沙織を助けに来られたの?」

「そりゃ……、ワイが、沙織の親友だからやないか」

「誤魔化さないで。なぜ沙織がピンチになったことを知ったのか、って聞いてんの。クマオ。本当はわかってるんでしょ?」

 愛染の真剣な顔に、クマオもくまった顔になった。
 隠していることがあるのは丸わかりだ。

「えっと、そら……。なぁ」

 饒舌なクマオがしどろもどろになる。

「なんでそうやって言わないの?」

「いや……」

 愛染の言葉にクマオは黙る。
 愛染は、クマオに対して目で威圧をした。



 沈黙。



 クマオはこの沈黙に耐えられなかった。
 震えながら口を開いた。

「あ、あんな……、ルールがあってやな……」

 クマオのようやく言ったという顔に対して一切容赦なく、愛染の尋問は止まらない。間髪入れずに質問を続ける。

「何のルール? どこのルール? 何をしちゃいけないっていうルール?」

 それは言えへんねん、という顔でクマオは目を伏せる。愛染はさらに続けた。

「言えないの? どんなルールか知らないけど、そのルールのせいで真実を言わない。おかげで今、沙織はこんな目にあってる」

 クマオは黙っている。

「私だったら、沙織がピンチなら、ルールも法律も破って、ただ沙織のことを守るのに。だって、沙織を助けるためにやってきたんじゃないの?」

 クマオはうなだれている。
 クマオのピンクの顔色をうかがった後、愛染は一つため息をつき、残念そうに話した。

「私、人生で初めてライバルに出会えたと思ったんだけど。でも、どうやら気のせいだったみたいね」



 沈黙が続く。



 愛染は、クマオから視線を外し、立ち上がって沙織に手を伸ばした。

「いいや。沙織。私が全てを解決する。もうクマオなんてどうだっていい。可愛いからちょっと気になったけど、つまらないものに時間をかけるなんて私たちの人生には勿体ない」

 クマオは慌てて、両腕をジタバタと振った。

「わ、わかった。話す。話すわ。ワイの命の危険なんて考えたんがアホやった。そんなやつはホンマに、沙織の親友を名乗る資格なんて無いわ。わーった。ぜーんぶ話すわ」

 愛染はまだ表情を崩さず、彫刻のように冷たい顔でクマオのことを上から睨んでいた。



 沈黙。



 が、一気に表情を崩し、手を差し出した。

「かろうじて私のライバルになる資格があるようね」

 クマオと愛染は堅い握手をかわした。

「クマオ、言うと命の危機になるの?」

 沙織はクマオの一言が気になった。クマオは、ぬいぐるみとは思えないほどさっぱりと、達観した顔をした。

「ま、ええんや。ワイ、これからずっと、沙織とまた蜂蜜色の日々を送りたい思て、何か他にええ方法考えてたんやけど。親友に隠し事してピンチにするんはやっぱ間違っとる」

「待って」

 沙織は、両手でクマオを持ち上げて、睫毛(まつげ)だらけの黒目を見つめた。

「アタピも。アタピもクマオと蜂蜜色の日々。過ごしたい」

 ぬいぐるみだからなのだろうか。クマオに対しては愛染と違って嫉妬などの複雑な感情はない。素直に本心が出た。

「せやけど……」

 クマオの眉上のタオル地が八の字になる。

「折衷案として、喋れるギリギリのところまで話すっていうのはできないの?」

「……なるほど」

 愛染の言葉にクマオが腕を組む。

「せやな。ほな……。やってみるわ」

 クマオは沙織の手から降り、机の上にあぐらをかき、先ほどまでの軽快な口調とは打って変わって、考え考え話をし始めた。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く