Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第13話 Rival (ライバル)

 数分後。

 沙織達の前には、体育の時に使用する、縄跳び用の縄(なわ)で縛り上げられた、三体の女子高生が転がっていた。
 ミハエルから教わったロシア軍隊式の結び方で、人の力が入りにくいように結んである。
 縄跳び用とはいえ、女子高生ではほどけない。
 唸(うな)っているので、念のため、口にも、ハンカチを咥(くわ)えさせておいた。

「ふう、やれやれ」

 愛染は、わざとらしく手をパンパンと叩き、額の汗を拭くフリをした。
 コートを脱ぎ、竹刀とバッグと、テーブルの上にある大きな箱を、無造作によける。

「それじゃ、話を聞こっか?」

 教室の真ん中にある、テーブルクロスがかけられた机を挟み、沙織と愛染は、向かい合わせに座った。
 沙織の誕生日を祝うはずだった机が、今は面談用になっている。
 運命とは、不思議なものだ。

「愛ちゃん、何で学校にいるの?」 

 愛染は、高校三年生だ。
 二月に入ってからは、授業がない。
 学校にいるのはおかしい。

 愛染は、あっけらかんとして、その問いに答えた。

「昨日の剣道大会で優勝したでしょ。校長先生に、戦勝報告をしないといけなかったの」

「なんで、ここに来られたの?」

 今度の沙織の質問は、沙織の教室に、なぜ来られたのか、という意味だ。
 いくら、大声を出したからといって、四階にある教室から、一階にある校長室まで、沙織の声が聞こえるはずがない。

「ああ。だって沙織、今日、誕生日でしょ? 教室で、誕生日会やってるかなーと思って」
ーーそれに、私が出たら、再生回数増えるでしょ?

 心の声は、声には出さず、愛染は、軽くウインクをした。

ーーそれって、アタピに会いたかった、ってこと?

 そういうことを簡単に言えてしまうところが、愛染はかっこいい、と沙織は思った。
 沙織だったら、愛染と会いたくて寄り道した、なんて、恥ずかしくて言えない。

 沙織の気持ちには気づかず、愛染は話を続けた。

「それより沙織。これはなんなの? 虐(いじ)められてる、という感じでもないし。もしかして麻薬? 誰にも言わないから、私にだけは、正直に教えて」

 沙織は、今までに起きた不思議なことを、どう話せばいいのかと、躊躇した。
 自分の弱いところや、失敗を、見せたくない性格なので、確実なことがわからない話をするのが、恥ずかしいのだ。
 大親友の愛染にたいしては、その気持ちがさらに強い。

ーーこの事件。常識的に考えて、すっごく馬鹿げてて、おかしなお話なんだよな。

 沙織はまだ、目の前でピーチーズが唸って転がされているというのに、これがサプライズだ、という線を捨てきれていなかった。
 なので、こんな荒唐無稽な話で、助けてほしい、だなんて、言いづらいのだ。
 愛染が信じてくれるかどうかも、疑問だ。

 だが、沙織は、愛染に対して信頼を持っていた。本当の本当に困った時には、ミハエルか愛染に相談しようと思っていた。
 そもそも、騙されていたからといって、笑うような人間ではない。
 ただ、その度量の大きさと、自分の度量の小ささに、自分が恥ずかしくなってしまうだけだ。

 沙織は、話す決心を固めた。

「うん。実はね……、アタピもよくはわからないんだけど……」

 愛染は、沙織の話に身を乗り出した。

「今日は、桃が、誕生日を祝ってくれるはずだったんだ。でも、準備できたよ、てメール来て、教室に戻ったら、急に、襲ってきたの」

 愛染は、真顔で、しっかりと目を合わせて質問をした。

「襲われるような理由とかはないの? 逆恨みの可能性も含めて」

ーー逆恨み?

 相手の立場から物事を考えることは、仙術で練習している。けれども、ピーチーズから恨まれるようなことは、百歩譲っても全く覚えがない。

 沙織は、即座に首を振った。

「そうだよね。沙織が嫌われるはずがない……。てことは、ピーチーズの方に原因があるのかな?」

『結果には、必ず、原因がある』
 仙術の教えだ。

 愛染は、床に転がっているピーチーズを見て、手を振った。

「おーい」

 ピーチーズは、愛染と視線を合わさず、呻き声を上げながら、無表情で、沙織を見つめている。

「まあ……、明らかに、原因はあちら様、て感じだね。先生に言う?」

ーーもし薬だったら、みんな退学になっちゃうかも……。

 沙織は、首を振った。
 愛染も、わかっていたようだ。

「そうだよね。じゃあ、いつからあんなになっちゃったの?」

ーー放課後までは普通だったし、飾り付けも、ここまでちゃんとやってくれてるから……。

 黒板の文字が虚しい。
 女子高生たちの呻き声が響く。
 沙織は、スマートフォンを取り出した。

ーー今は15時。てことは……。

「14時半頃かなぁ?」

「沙織は、その時どうしてたの?」

「アタピ? 階段の一番上で寝てた」

「何で?」

「準備終わるまで待ってて、て言われたから」

「そうじゃなくて。なんで階段なの?」

「誰もいないとこ探したの」

 六階にある愛染の教室をなんとなく覗いたら、たまたま屋上庭園に向かう階段を見つけた、ということを、沙織は恥ずかしくて口に出せなかった。

「わかる。沙織らしい」 

 愛染は、沙織の心中など知らず、ただ笑っている。

「ところで、」

 愛染は、沙織のバックを指さした。

「そのぬいぐるみはどうしたの? 誰かからもらったの ?」
 
 指は、クマオを指している。
 先ほど隠しておいたのに、クマオは、いつの間にか、バックから顔を出していた。

 沙織は、愛染に全部話そうと思っていた。
 ただ、クマオについては、本熊が、「親友にも知られたらいけないクマー」という顔をしていたので、意識的に話さないでおいたのだ。

 だが、話さないということは、情報が一つ減るということだ。
 そして、情報が減るということは、解決の糸口が掴みにくくなるということだ。
 本音を言えば、愛染には、自分の嫉妬や弱さ以外なら、何もかもを話しておきたかった。

 沙織は、クマオを見た。

「話しても……いい?」


 しばらくの沈黙の後、クマオは目をしばたたかせた。

 ただのぬいぐるみだったクマオの体に力が宿る。

「ま……、ええやろ」

ーーえっ?

 愛染は、この日初めて驚いた表情を見せた。

「愛ちゃん。クマオ」

 沙織は、心中に湧き出た自慢げな感情を隠し、歩いてきたクマオを、無表情で机の上に乗せた。
 クマオは立ち上がり、太めの右腕を自分の胸につけて自己紹介をする。

「初めまして。ワイはクマダクマオ。女王陛下の犬。女王陛下のお友達であり、ワイのいっちゃんの親友でもある沙織がピンチになったいうから、遠いとこからやって来たんや」

「あら、丁寧なクマさん? 犬さん? それともぬいぐるみさん? かしらね」

 愛染は、クマオの黒い鼻を軽く突ついた。

「や、やめい!」

 焦るクマオに、愛染は微笑んだ。

「それじゃあ、私も挨拶しなきゃね。私は、藤原愛染。雙葉高校三年生で、来年からは東大生。前生徒会長で、剣道日本一にもなった天才よ。将来は世界を統一する予定。それに」

 愛染はさらに身を乗り出した。クマオと顔の距離は二十センチもない。
 愛染は右手を出して、小悪魔のような笑みを浮かべた。

「クマオよりも一番の、沙織の大大大親友だよ」

 クマオは、愛染の顔と右手を交互に見つめた後、仕方ないという顔をした。

「ふん。ライバル、ちゅうやっちゃな。手ごわいやないか。でもま、お前なら認めたるわ」

 クマオは手を伸ばして愛染と握手を交わした。

「かわいいー」

 愛染はそのまま引き寄せて、クマオを抱きしめる。

「痛い痛い。潰れるやないかい」

 二人の美男子から取り合いになるというのは、女の夢の一つだと思う。だが、ぬいぐるみと美女から取り合いになっているというこの状況。これは、夢の一つだと言えるのだろうか。沙織はそれでも、なんだか幸せな気持ちになった。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く