Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第11話 Peach,Peach,Peach (どんぶらこ どんぶらこ)

 沙織の教室は、四階にある。

 ぱっと見は、同じ教室が並んでいるだけ。だが、沙織には、自分の教室がすぐわかる。そして、クマオにはわからない。
 なんせ、雙葉学園に来たのは初めてなのだから。

 よく、ディズニーランドなんかに行くと、『立入禁止』と書かれた扉がある。扉の先に何があるのか。自分にはわからないが、スタッフたちは、みんな知っている。
 あの、当然だが不思議な感覚を、沙織は、こんな場面で感じていた。

 ただ、クマオに多少の推理力があれば、沙織の教室はすぐにわかったはずだ。
 なぜなら、一枚の扉の近くにだけ、女子高生が三人、ウロウロとしていたのだから。

ーーあっ!

 間違いなくピーチーズだ。

 ピーチーズ。SNSに動画を上げ、マニアを多少ざわつかせている女子高生四人組。構成員は、沙織の他に、カメ、ウサ、諭吉。
 いつも喋って笑っている小娘達が、今は三人揃っているのに、無言で無表情だ。

「あれがカメたち? 沙織の親友なんか?」

「うん」

「あれやな。物静かなお嬢様方、やな」

 クマオも、雰囲気で異常を察したようだ。

「普段は、壊れた猿のおもちゃ、みたいなんだけど」

 狂ったピーチゾンビーズに声をかけるには、勇気がいる。

ーー願わくば、あちらから気づいて欲しい。

 そんな願いがこもっていたので、静かな廊下に、沙織の声は大きかった。


 そして、願いは簡単に届いた。すぐに、諭吉と目が合う。さすがは、いつも落ち着きがないだけのことはある。こんな状況でも落ち着きなく、あちこちをフラフラと見回していたようだ。

 諭吉は、沙織に気づくやいなや、まるで、五十メートル走の勢いで向かってきた。運動神経の悪そうな走り方だ。

「前言撤回。なかなか活発そうなお嬢さんや」

 クマオが、小声でツッコンだ。


 諭吉の足音はうるさい。
 その足音につられて、カメとウサも、沙織に気づく。

ーーあーっ。やっぱこれ、ドッキリじゃないや。

 薄々そうではないかとも思っていたので、沙織はすぐに、本格的な戦闘脳に切り替えた。

ーーもし、ピーチーズが、アタピを襲おうとしてるんなら、みんなで同時に向かってくる方が効率いい。

 普段の諭吉なら、その程度のこと、すぐに気がつく。

『最大戦力を集めて、一気に潰せ』

 仙術で学んだ、戦術の基本だ。

ーーけれども、諭吉は単独で走ってきた。それを見て、他の二人も走りだしている。

 沙織は、考えを展開する。

ーー誰が一番早くアタピにしがみつけるのか、という競争をしてんなら、他の二人には知らせず、こっそりとアタピを襲うはず。でもその場合、諭吉は、足音を忍ばせて走るはずだ。最初に襲ってきた時に、三人の息がピッタリだったのは、単に、偶然に過ぎなかったに違いない。

 沙織は、あらゆる可能性を、瞬時に頭の中で回す。

ーーサプライズでもなければ、共闘でも、競争でもない。大好きな桃に、知性や感情が感じられない。

 人は、わからないということが、一番恐ろしい。どうやら、現在、祝事やサプライズとは掛け離れた事態が起こっているようだ。
 だが、当事者達に事情を聞かなければ、本当のところは何もわからない。沙織の、直接会うという作戦は、今のところ間違っていない。

ーーでも、逃げ出したい。

 沙織は、走りこんでくるピーチーズを見ながら、乾いた喉を、ゴクリと鳴らした。
 手には、いつの間にか、力が込められている。

 握りしめられているクマオが、苦しいのか、沙織の手を外そうとしてポコポコと叩く。だが、今は、それに心を砕いている余裕はない。

 もはや、狩られる獲物のような気分。

 沙織は、先ほどまでの、楽観的な想像を、全て、脳内から、かき消した。


 クマオは、顔を潰されているが、ハッキリとした声で、沙織に言った。

「心配すな。ワイがついとる」

 沙織は、顔を上げて、正面を見た。

ーーそうだ。もう逃げないんだ。

ーー脱力。

ーー集中。

 沙織の目の前に、諭吉の手が伸びてきた。諭吉は、沙織の手首を掴みにくる。

ーー見えてる。

 沙織は、ギリギリで避けた。

 諭吉の手は宙を掴むが、勢いは止まらない。体ごと、沙織にぶつかってくる。

 沙織は、横に飛びのいた。

 諭吉は、自分の勢いで足がもつれ、前のめりに、カーリングストーンさながら、廊下を、五メートルばかり滑っていった。


ーー諭吉、大丈夫(ダイジョブ)かな。

 諭吉のことが心配になったが、沙織は振り返らない。
 もうすでに、ウサとカメが目の前にいるからだ。

 ウサギは、カメよりも足が速い。

 低く飛び込み、沙織の胴体にしがみつこうとする。
 直線的な動きなので、避けるのは簡単だ。
 沙織は、触られる直前、ウサの頭を押さえて、ウサの頭上に跳んだ。

 ウサは、そのまま突っ込む。

 沙織は、ウサの肩を、踏み台のように蹴った。

 ウサも、諭吉同様、ローションスライディングのように、廊下を、スーッと、滑っていった。


 ウサを蹴った推進力で、空中に浮かぶ沙織。

 目の前にはまだ、カメがいる。

 カメは、走りながら両手を伸ばす。

 沙織は、カメの二の腕をつかんで引っ張り、飛び込み前転をするように、空中で一回転。カメの後方に着地した。

 カメも、慣性の法則には逆えず、ボウリングの球のように転がっていく。

 一回転。

 二回転。

 カメ玉は、ちょうど立ち上がろうとしている諭吉とウサにぶつかった。

「ストラーイク!」
 普段の沙織なら、そう呟(つぶや)いて、親指を立てるくらいの、見事なぶつかり具合だ。
 だが、球とピンが親友である以上、もちろん、そんな気持ちにはなれない。

 ピーチーズは、痛いの一言もなく、また、お互いで話し合う事もなく、絡まりながら、再び立ち上がってくる。


「ほんまに親友なんか?」

「と、思うんだけど」

 沙織は、一つ身震いをした。
 ピーチーズの攻撃が怖いのではなくて、ピーチーズがこんな動きをしていることが怖い。

 再び、ピーチーズが迫ってくる。

「話、しよ?」

 ウサは、膝を擦りむいている。
 諭吉の、アイドルのような顳顬(こめかみ)からも、血が滲み出している。
 それでも、三人は、無言で立ち上がってくる。
 エディ・タウンゼントの、『スタンド アンド ファイト』の魂でも乗り移っているのだろうか。
 沙織が全く攻撃をしなくても、避けるだけで、ピーチーズは傷(いた)んでいく。

ーーアタピ、これ以上、みんなに怪我させたくない……。

 沙織は、三人を避けるのではなく、受け止める覚悟を決めた。
 

 とはいえ、沙織は、体重が軽い。
 受け止めることは得意でない。
 三人が勢いよく向かって来ると、重さに耐えられずに、倒されてしまう。

 沙織は、自分からピーチーズに近づいた。
 助走距離を潰すことにより、襲ってくる速度を弱める作戦だ。

 まずは、一番近くにいるカメからだ。
 一直線に沙織にぶつかってくる。
 カメは、沙織よりは8cmほど大きいが、痩せているほうだ。
 カメ一匹は、沙織の力量なら、右腕一本で抱え込める。

 次に諭吉。沙織より5cm大きいが、こちらも、左腕で抱え込む。

 最後にウサ。背は10cmほど高いが、一番痩せている。
 沙織は、体全体で押さえ込んだ。

ーーいける。

 と思えたのは、一瞬だった。

 ピーチーズは、三人とも軽い。
 とはいえ、一人40キロとしても、総計120キロオーバーだ。

 沙織は、少し踵(かかと)を浮かせて身長150cm。体重は、40キロも無い。
 ユキカメだけなら、技術があるので、横綱のぶつかり稽古のように、優しく受けて、転がすことができる。
 ただ、三人ともなると飽和状態だ。
 流石(さすが)の沙織も、なす術(すべ)がない。

 沙織は、ピーチーズを抱きしめながら、ゆっくりと、仰向けに、押し潰されていった。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く