Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第10話 Tails of Hip (尻尾(ケツオ)っぽ)

「俺は行かねーぞ」 

 一人と一匹の勢いに、水をかける声。
 茶色い子猫だ。

「俺は、頼まれたから来ただけだ。役目は終えた。外で散歩してくらー」

「チャタロー。外、めっちゃ寒いで。一緒にくればええのに」

 子猫のチャタローは振り向かず、立てた尻尾を二回振って、家庭科室を出ていった。

 チャタローが出ていったことにたいして、クマオは、特に気にしていない。

「それで? カメはどこにおんのや?」

「知ってるんじゃないの?」

「ワイが? カメを? ワイはカメの親友でもないし、爬虫類でもないで?」

ーーおかしいな。桃が仕掛けてるんなら、クマオが、桃の居場所を知ってるはずなんだけど……。
 あ!
 もしかしてこれ、ホントにテレビのモニタリング?
 そう考えないと、納得できない。だって、やけに大がかりだもん。
 実力と関係なく、テレビに出たくはなかったな。
 ま、仕方ないか。
 ピーチューブの視聴者数も上がるだろうし。

 沙織が考え込んで黙っていると、クマオは、沙織を訝(いぶか)しんで、沙織の周りを回り出した。

「ふーむ。親友の場所もわからんなんて。ワイのことも覚えとらんし。沙織。沙織は、ホンマに沙織なんか?」

「電話する」

 自分が疑われるなんて、たまったものではない。
 沙織は、カメから順番に、ピーチーズの三人に電話をしてみた。
 だが、やはりかからない。

「かからへんのか?」

ーー悔しい。

「いこっ」

 ここでこうしていても、何の進展もない。
 ただ、クマオに疑われるだけだ。

 沙織は、とりあえず教室に向かおう、と思った。
 教室に行けば、自分の誕生日会が準備されているし、いなくても、ピーチーズ全員の荷物がある。
 待っていれば、いずれ、誰かしら戻ってくるだろう。

 早足で歩こうとする沙織に、クマオは、後ろから声をかけた。

「おーい。ワイの足を見い。短いやろ? その速さだと、ついてかれへんねん」

ーーあ、そか。

 沙織は立ち止まった。

 クマオも立ち止まる。

「行かないの?」

 クマオは両手を伸ばした。

「連れてくの?」

「せや」

 沙織は、今日で十六歳。
 ぬいぐるみと手を繋ぐなんて、どうにも恥ずかしい。
 結果、手を伸ばして、クマオの顔を鷲掴みした。 
 
ーーやーわらけー。

「久しぶりの感触やな」

 クマオは、潰れた顔を、嬉しそうに綻(ほころ)ばせた。 

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く