Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第9話 Staring Contest (にらめっこ)

 クマオは、「助けに来てくれてありがと」と褒められるものだと思っていたが、沙織が、逆に、困惑しているので、おかしいなと感じた。

「ん? もしかして……、沙織、ピンチやなかったのか? ワイの勘違い? かくれんぼしとっただけ?」

ーーあれ? アタピ、ドッキリだって気づいたのに。まだ続くの?

 沙織は、少しがっかりとした。
 いいネタは、いいタイミングで終わらせることが肝要。これ以上は冗長だ。
 ただ、祝ってくれるピーチーズの気持ちを無下にするわけにもいかない。
 それに、あのカメたちのことだ。もうひとネタ、残っているのかもしれない。

ーーまっ、笑う会会長のカメの実力、見てみまひょ。

 沙織は、最後まで乗ることを心に決めた。

「クマオー。今、ピンチ」

 ピーチゾンビーズに追われているのだから、そういうことに違いない。
 一言繋いでみたら、さらに面白い方向になる予感がする。
 沙織は、ワクワクが止まらなかった。

ーーさすがはピーチーズ。

 クマオは、目を輝かせて答えた。

「せやろ! でも大丈夫。ワイと沙織がコンビを組んだら、無敵やからな。ハニーズ、再結成や。また一緒に、蜂蜜色の冒険をしに行くでー!」

「おー!」

 なんのこっちゃと思いながらも、沙織は、クマオのするがまま、コブシを同時に突きあげた。子猫は、「やれやれ」という、冷めた顔をしている。
 クマオは、また真面目な顔になった。

「ところで沙織。なんで沙織はピンチなんや?」

「カメ達に追われてるの」

 沙織はなるべく、子猫のレンズに目線を向けないようにしながら、芝居がかって話をした。

「カメ? 沙織、爬虫類嫌いか? ワイ好きやで。首なんかクー、伸ばしてな」

「そのカメじゃなくて。親友のカメ」

「親友? ワイよりも親友なんか?」

「親友は、どっちが親友かなんて測れないよ」 

「でもワイ、沙織を追いかけて、ピンチにしたりは、せーへんで」

 クマオは、不満顔になった。

ーーカメが操っているであろうクマぐるみに、カメよりクマオの方が親友です、なんて、言えるはずがないでしょ。

 沙織は、無表情で首を傾けた。
 無言で、お互い、目を合わせる。

 一秒。

 二秒。

 先に目を離したのは、クマオだった。

「わーった。わーった、わーった。ワイの負けや。ま、七勝八敗くらいの僅差やけどな。負けは負けや。せやけど、親友の親友やったら、絶対、ワイに紹介せえよ」

「おい」

 急に子猫が、ドスのきいた声を出して、クマオを睨んだ。

 その一言で、急に何かを思い出したようだ。
 クマオは、失敗した、という顔をし、慌てて、激しく両腕を振った。

「あかんあかん。やっぱ紹介せんでええ。むしろ、ワイらが喋れるいうんは、内緒にしといてくれへんか?」

ーーもう、話の流れを切るような野暮はしない。

 沙織は、ただ、真剣な顔をしてうなづいた。
 クマオは、焦った表情を緩めた。
 子猫もうなづいて、再びそっぽを向く。
 あの位置が、映像を録画しやすいのだろう。
 全く、その場から動かない。

「で。沙織は、親友に追いかけられて、何でピンチなんや? ワイやったら、こっちから近づいて、ぎょうさんギュー、抱いてやるけどな」

「アタピも、普段はそうするけど。でも、今日は変。カメも諭吉もウサも、なぜかアタピに、怖い顔で向かってくんの」

「それは変やな? 親友やったら、つい、ニコニコしてまうもんやからなー」

 クマオは、短い腕を組んで考えた。
 が、すぐに顔を上げた。
 表情は明るい。

「まっ♪」

 クマオは一回、地面を蹴るような動作をした。

「考えててもしゃーあらへん。会って話をせんと何もわからん。なんせ、他クリ、いや、他人やからな。そのカメとやらに、会いにいくで!」

ーーあ! これでピーチーズ集合して、「おめでとう」て感じ? いいじゃない。

「うん!」

 緊張と緩和。

 沙織は、今までにない、楽しい誕生日になる予感がした。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く