Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第8話 Counterbalance with Three (三匹が見る)

 沙織のスマートフォンの画面に映っていたのは……。

 茶色い子猫。

 そして、その上に跨がっている、ピンクのクマのぬいぐるみだった。

 二匹とも、キョロキョロと、辺りを見回しながらも、着実に、沙織に向かって近づいてくる。

ーーえっ? あれが喋ってるの? 信じられない! キュ、キュ、キュ、QTQP(キューテーキューピー)!

 沙織は、全てを忘れた。
 ただただ、思春期の少女が陥りやすいといわれている、可愛い可愛い病にかかってしまった。
 可愛いものの重力に惹かれるように、ついつい、スマートフォンを、陰から多めに出してしまう。

 子猫は、スマートフォンに気がついた。

「おい。机のかげを見ろ」

 クマのぬいぐるみも、言われて気がつく。

「スマホやないか。てことは、あそこに、沙織おるんか?」

 ぬいぐるみを乗せた子猫は、軽快な早足で、沙織の前までやってきた。

 沙織は、一瞬警戒した。

 が、全く殺気を感じなかったので、ただただしゃがんだまま、子猫たちが、目の前に来るのを待った。

 三匹の動物は、目を合わせた。

 そして。

 一斉に。

 笑顔になった。


 「やっといたぜ」と、ニヒルな笑いをする、子猫。
 「会いたかったでー」と、真っ黒な目を見開く、クマのぬいぐるみ。
 「なんてロマンチなの」と、口を開ける、美少女。

 雑種であろう茶色い子猫は、「もう俺は役目を終えたからね、あとは知らねーよ」とばかりに、笑顔をやめて、そっぽを向いた。
 クマのぬいぐるみの反応は真逆だ。猫から降り、ウルウルとした瞳で、沙織を見つめてくる。

 沙織も、じっとぬいぐるみを見つめてみた。

 中身は綿であろう。
 うすいピンクのタオル地に包まれている。触ると気持ちがよさそうだ。
 外見上の特徴としては、お腹に香袋を入れられそうな小さなポケットがついている。
 顔は、よくあるクマのぬいぐるみだ。
 真ん中に、歪んだハート型の黒い鼻。
 鼻から一本、短い線が垂れ、口は太めの黒い線。
 特徴的な部分は、大きな黒目に、太くて、長い睫毛(まつげ)が生えているというところだ。

 クマぐるみは、沙織の目をじっと見つめている。
 沙織に何かを言って欲しそうだ。丸い尻尾が軽く左右に揺れ動いている。

 沙織は、好きなものに名前をつけるのが好きなので、頭の中で思いついたクマぐるみの名前を口にした。

「クマダ、クマオ」

 ぬいぐるみは、ぬいぐるみであるにもかかわらず、あらん限りの豊かな表情で、嬉しさを爆発させた。

「せや! 沙織! ワイのこと、やっぱ覚えてたんか? そうやと思たわー。心配してたけど、ワイらの友情は女王陛下の鉄の掟をも壊すと、ワイは確信しとったでー!」

 尻尾の動きははち切れんばかり。今日がクリスマスだったら、千切れてそのままモミの木のてっぺんに飾られてしまいそうなほどだ。

 「覚えてない」

 沙織は、そんな尻尾の動きに釘を打ち込むかのように、反射的に、クマオの全てを否定した。

 だが、読者諸君。それだけで、沙織を残酷な少女だとは思わないでほしい。
 誰だって、動いて話すぬいぐるみなんて、知り合いのはずがないではないか。

 それよりも、沙織はもっと、現実的なことを考えていた。

ーー確かに、OVQT(オーバーキューテー)だけど、クマオやニャーちゃんが、喋るはずないでしょー。

 沙織は、テレビの『人間観察ショー』で、子供を騙す、心温まるドッキリを思い出していた。

ーーアタピ、大人だから。さすがに騙せないよ。だって、クマオや猫ちゃんには、喋れる声帯がないんだもん。

 沙織は、二匹が、喋って動いているように見せるカラクリを考えた。
 これこそが、ピーチーズのサプライズに違いない。
 しかし、どんな方法で操っているのだろう。
 沙織は、仕掛けのタネを探すために、辺りを見回した。

 沙織の気持ちなど露知らず、クマオはふたたび、口を動かす。

「なんやねん。小さな嘘ついてからに。覚えてないのに、ワイの名前をフルネームで言える訳ないやろっ。ん? それとも、ワイの胸には名札でも貼ってあるっちゅうてんのか? な? なーにキョロキョロしてんねん。なんや? なにかおもろいことでもあるんか? それとも、鳩の真似でもしとんのか? クルックーって。こうか? こうなんか?」
 一番おもろい存在であるクマオが、沙織の真似をして、首を動かす。
 沙織は、微笑ましくなった。

ーーこんなに面白いサプライズを、桃はどうやって考えたんだろ? 口もちゃんと動いてる。誕生日のサプライズとしては、最高だ。

 沙織は、ネタを探すか、このままサプライズに乗るか迷った。が、このまま乗る方にかけた。
 おそらく、カメ達は、どこかで動画を撮っているのだろう。
 二匹の動かし方はわからない。だが、撮影の方は、子猫の首輪が怪しい。
 三日月のような模様とともに、レンズらしきものがついている。

ーーあれだな。

 沙織は、心の中でニヤリとした。

ーーでも、気にしない。こんなロマンチなこと、してくれてんだもん。

 サプライズに乗ると決めてから、沙織は、緊張が一気に解けた。むしろ、サプライズがより気持ちよく回るように、屈託無く、クマオに話しかけた。

「ねーねー。クマオは、何で来てくれたの?」

 沙織は、「誕生日を祝いに来たに決まっとるやないか!」と言われることを期待していた。そして、ピーチーズが出て来て、「誕生日おめでとー!」と祝ってくれることを。

ーーそしたらアタピは、「もー。さっきのゾンビみたいなの、ビックリしちゃったよ。クマオとニャーちゃんは、どうやって喋らせたの?」なんて言って、楽しく笑うんだ。

 ところがクマオは、大きな目を何度もパチパチさせて、不思議そうな顔をした。

「何でて……? ワイ、沙織がピンチの時に来る、て約束しとったからやないか。クルリンで、居場所、知らせた、いうことは、つまり、そういうことやろ?」

ーークルリン!

 クルリンというのは、沙織が左腕につけている腕輪、『クルクルクラウン』のことだ。

 略してクルリン。

 沙織が命名した、この腕輪の名前を知っているのは、愛染と、ミハエルと、ピーチーズしかいない。

 愛染は、高校三年生なので、今は受験期間。学校にはいない。
 ミハエルは、もちろん仕事をしている。
 ということは、クルリンという名前は、ピーチーズ以外、誰も知らない。

 沙織は、この仕掛けが、ピーチーズ監修のもとでおこなわれていることだ、と確信した。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く