Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第5話 Hey! Tagger (桃さんこちら)

 沙織は、左右を見た。
 いつも通りの長い廊下。
 等間隔に教室の扉がある。
 端から端までは、百メートルほどだ。

ーーさて、どっち行こ。

 沙織は、左手に、二人の人影を見つけた。
 仙術で視力も鍛えている沙織には、二人の顔がはっきりとわかる。
 ピーチーズの残りのメンバー、諭吉(石出幸代)とウサ(稲葉亜美)だ。

ーー何してんだろ?

 二人は、階段をじっと見ていた。サプライズのために違いない。

ーーアタピが上から来ると思って待ってんのかな?
 わかった。さっきの階段から降りてきたらカメが、あっちの階段から降りてきたら、うさと諭吉がゾンビの真似して驚かそうって魂胆だったんだ。

 沙織は、二人の姿を見て安心し、諭吉とウサの元に向かっていった。
 追ってくるカメの足音はうるさい。まるで、上履きを両手に持って床を叩いているようだ。
 諭吉とウサは、その音に気づき、沙織に駆け寄ってきた。
 沙織は、二人の顔を見た。

ーーあれ?

 いつもバカみたいに笑顔の諭吉も、お姉さんぶった顔つきをするウサも、見たことがないくらい無表情な目つき。
 口だけ大きく開けて、突進してくる。
 その表情は、カメと一緒だ。

ーー『前門の虎、後門の狼』という言葉は聞いたことがあるけど、『前門のウサ諭吉、後門のカメ』なんて言葉は聞いたことがないよ。

 けれども実際、目の前で起こっていることはそういうことだ。
 一体、何が起こっているのか、沙織は見当がつかなかった。

ーーサプライズ、だよね?

 ただ、このまま普段通りに、友との抱擁に身を委ねれば、間違いなく怪我をする。走り方ひとつとってみても、三人ともが、力を制御できていない。熟れた桃よろしく、潰れてぺちゃんこだ。

 ウサと諭吉は、沙織の近くまで走ってくると、一切の躊躇もなく、沙織に掴みかかってきた。

ーーやっぱね。

 カメの動きから見て、他の二人の動きも予想していた。
 沙織は、ウサと諭吉に向かって走りながら、勢いを殺さずに、二人の抱擁を素早くしゃがんで避け、そのまま奥の階段に向かった。
 女子高生のタックルを避けるなんてことは、仙体術の中でも、軽身行が得意な沙織にとっては、朝飯前の……、今の時間は……、夕飯前のトゥンカロン(お茶漬け) だ。

ーー立ち止まって桃と話すか。逃げて、ほとぼりが冷めるのを待つか。

 沙織とピーチーズには、考える時間を作れるほどの運動能力差がある。
 沙織は、後ろを振り返り、真実を求めて、三人を観察した。

ーー三人とも運動神経が悪いわけではない。ただ、動きが雑。

 まるで、首の座らない子供が女子高生の体を手に入れました、とでもいうかのように、頭をブリンブリン振りながら走ってくる。そのうち首が取れてしまうのではないだろうか。

ーー表情も、正常じゃない。

 この世にいるのかいないのか、現実味のない恐怖を醸し出している。
 ただ、視線だけは、女子高生の最大の力をその眼筋に込め、しっかりと沙織を捉えている。

ーー目が細いカメなのに、あんなに目を見開いてるよ。こんな表情、映画でしか見たことない。

 沙織は、心で軽口を叩いた。

ーーそのくらい真剣に、かなり切羽詰まっている時でなくちゃ、あんな表情はできないよ。もしふざけているのだとしても……。

 沙織は考えた後で首を振った。

ーーいやいや。カメウサはともかく、諭吉だけは、自分で自分の真剣な表情に耐えきれないよ。絶対に笑っちゃう。 

ーーカメも、アタピにたいして優しすぎるくらいに優しいから、あんなに強くしがみついてくるはずがないし。

 沙織は、左手の甲にくっきりついた、赤く滲んだカメの爪の跡に痛みを感じた。

ーーてことは、やっぱり真剣?

 しかしそうなると、沙織にとって、あまりにも現実的でない結論が思い浮かぶ。

ーーバイオハザード?

ーーリアルゾンビ?

 沙織は自分の考えを否定した。

ーーだって、どう考えても、そんなはずはないでしょー。

 放課後からかなり経っているので、校内は、ただ四人の足音と、たまに、ピーチーズの誰かが転倒する派手な音しかしない。

ーーそういえば……。

 沙織は、音楽教師のネーフェが校内にいたことを思い出した。

ーーあ! しぇんしぇーに頼ってみようかな? 

ーーでも、しぇんしぇーもゾンビみたいになってたらどうしよう。あの体格差で勝てるかな?

 沙織は、我ながら馬鹿げたことを考えている、と思った。
 と同時に、いいことを思いついた。

ーーあ! あの真面目なしぇんしぇーは、絶対悪ふざけなんてするはずない!
 もし、しぇんしぇーがゾンビみたいにしてきたら、ホントにバイオハザードが起きてるって思う。そうしよう!

ーーそしたら、なんで、アタピだけがゾンビ化していないのかを考えないといけなくて……。

ーーいや。それは検証してみてから考えればいいか?

 走りながらの思考は、考えがまとまらない。
 沙織は一度、自分の頭をゆっくりと整理したくなった。

 この間、わずか十五秒。

 とりあえず、四階の角まで来てしまったので、雪山を滑るが如く、一気に階段の手すりを滑り降りる。どの階にも人はいなさそうだ。

 沙織は、一階まで降りてきた。

 職員室にも人気(ひとけ)がないが、電気はついている。
 奥には、先生がいるかもしれない。

ーーこのまま職員室に駆け込もうかな?
 それとも、玄関から外に飛び出して、守衛さんかミハエルに助けを求めようかな?

 沙織は迷った。
 外に出てみたら、全ての人間がゾンビみたいになっている、なんて荒唐無稽な考えも、脳を掠めた。

ーーいやいや。じょーしき(常識)で考えてみて!
 世の中がゾンビ化?
 そんなはず、あるわけない!
 漫画の見過ぎ!
 ゾンビなんて、ジョージ・ロメロの創作話 !
 職員室に飛び込んでも恥かくだけ! 
 外に逃げたら笑いもん !
 これは、サプライズ。
 アタピは優等生の加藤沙織。
 ここはピシッと。怖がらずに。
 一人で解決できるってところを、見せてやるんだから。

「ロマンチなことって、」

 沙織は、玄関を出ず、そのまま素通りして、反対の階段に向かった。

「こういうことじゃなかったんだけどな……」


「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く