Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第4話 P-tube (ピーチューブ)

 廊下は静まり返り、冬の寒さを倍増させている。
 生徒はほとんど帰ったようだ。
 廊下の蛍光灯だけが、やけに、ニジニジと光を放っている。

 ほとんどの教室の電気は消えているが、高校1年生の教室がある4階まで降りると、1部屋だけ明るい教室がある。沙織たちの教室、1年G組だ。

ーーカメ達、面白い演出を考えてくれたかな?

 沙織は、教室の扉に手をかけた。
 隙間から流れてくる、教室の空気があたたかい。
 沙織は、自分の体がすっかり冷えきっていることを知った。

ーーん? 後ろから誰か来る。

 沙織は、仙術を習っているので、五感が発達している。
 親しい間柄なら、目で見なくても誰だかわかる。
 歩幅。
 呼吸の位置。
 足の大きさ。
 この感覚は間違いない。
 カメだ。

 けれども沙織は、気がつかないふりをして、教室を、ヒョイと覗いた。

 ほとんどの机が端にどかされ、真ん中に、四卓だけが固められている。
 固められた机には、青いテーブルかけが敷かれている。
 上には、リボンで包まれた、大きな箱が置いてある。
 カーテンには、折り紙で作られた輪っかのロープが、いくつもの半円を描きながら垂れ下がっている。
 黒板には、『沙織!  お誕生日おめでとう!』という文字とともに、ピーチーズそれぞれからのメッセージが書かれている。
 端には、SNSに投稿するためのカメラ機材も準備されている。

 だが、教室には誰もいない。

ーーさて、どんなサプライズが待っているのかな? 

 沙織は、楽しい気分で教室に足を踏み入れた。


 そっと、沙織に近づいてきていたカメは、真後ろに立つと、沙織の小さな体に、勢いよく覆いかぶさってきた。
 人の温もりというのは、恥ずかしいが、同時に、優しくもある。
 親友ともなればなおさらだ。
 けれども、すぐに沙織は違和感を覚えた。

ーー普通は、抱きついた瞬間に、「おめでとう!」て声をかけてくれるはずじゃないかしらん?

 ところがカメは、無言で沙織にしがみついてくる。
 息苦しくなるほど力強い。

ーーははぁん。いきなり襲いかかって無言モードとは。

 沙織は、少し斬新な演出だな、と感心した。

 だが、祝い事はベタでいい。
 「だーれー?」なんて驚いて、「あ、カメだ!」なんてホッとして、みんなが出てきて、笑い合うのがいい。動画としてはあまり面白くないかもしれないが、古典的もたまには重要だ。

 沙織は、嬉しい態度を見せないようにして、表情を変えずに振り向いた。
 そこには、いつも通りのカメの笑顔があった。

 と思っていた。

 が、沙織の予想は外れた。
 そこには、見たことがない、鬼気迫った表情のカメがいた。
 目は血走り、口からは泡を吹いている。

 カメは、ただひたすらに、沙織にしがみついてきた。

ーーちょっと! 抱擁がすぎるのじゃ。

 沙織は、ねこじゃらしのように体をくねらせた。
 だが、逃げられない。

 仙術をたしなんでいる沙織が、少し体をくねらせても逃げられないほどの抱擁。
 これは、遊びレベルの抱擁ではない。狩人がイノシシを捕まえるレベルの抱擁だ。

 沙織は、遊びの延長線を少し超えた仙体術を使用することにした。
 カメの動きに合わせて、合気道のように、体を動かす。
 ここまでやれば、さすがに解ける。

 沙織は、転がったカメと相対した。

 カメは、沙織を見ながら、ゆっくりと立ち上がる。
 カメは、いつも通り、制服を崩すことなく、きちんと着こなしている。
 短めの黒髪も、いつも通りのサラサラだ。
 ただ、表情だけは、いつも通りではない。
 まるで、麻薬を大量に吸い込んだかのような顔をしている。

 とはいっても、沙織は麻薬中毒者を見たことがないのだが。

「どしたの?」

 聞いても、カメは答えない。
 瞳孔を開き、口からヨダレを垂らしながら、ただじっと、沙織を見つめている。
 沙織にとって、こんな状況は初めてだ。

ーーゾンビの真似事でサプライズしようというのなら、今日はハロウィンじゃなくてアタピの誕生日だよ、って教えてあげなくちゃ。
 しかし、演技うまいな。ハリウッドスター目指すことをオススメしちゃう。

 沙織は、カメの動きを注視しながら、そんな軽口を、心の中でつぶやいた。

ーーしかし……。

 沙織は、あり得ない考えが、脳裡(のうり)に浮かんだ。

ーーいや。そんなはずが、ある訳がない。

 しかし、非常識な考えだ、ということがわかっていたので、すぐに打ち消した。

ーーどんなにカメの様子が変だからといって、ゾンビになんか、なるはずはない。
 あれは、空想上の生き物。
 これは、絶対に演技で、ピーチーズの演出以外のなにものでもない。
 それ以外考えられない。

ーーけど……、この目の前のカメは、どうしても演技だと思えない。どういうこと? もはや思考の八方塞がり……。海亀の(涙がつまった)宝石箱や……。

 もう少し考えたかったが、カメは、それ以上、考える時間をくれなかった。
 ショートカットの髪が、風もないのになびく。カメは、激しく、沙織に向かって、突進してくる。

 沙織は、当たるギリギリを狙って避け、そのまま廊下に飛び出した。
 カメは、バランスを崩して壁に激突した。
 が、すぐに向き直り、まるで、糸でもついているかのように、逃げる沙織の後を追ってきた。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く