Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第3話 Mement Pater (パパ思う)

 去っていく大きな背中を眺めながら、沙織は、ネーフェが、屋上まで上がってきた理由を考えた。

ーー誰かから、「屋上に人の気配がするから見に行って」とでも言われたのかな?

 まぁ、おそらく大した理由でもないだろう。女子校なので、立ってる男はグーグルよりもよく使われる。
 沙織のスマートフォンには、まだ何の連絡もこない。
 沙織は、再び寝転がり、体ではなく、脳みそに神経を集中させた。

ーーうーん。アタピ、何のために生きてんだろ。

『唯、ぼんやりした不安』

 作家である芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)が、自殺前に書いた手紙の一文だ。
 沙織は、知らないうちに、左手首に巻きついている金の腕輪を触っていた。

 腕輪は、クルクルに手首に巻きつくところから、クルクルクラウン、と沙織から命名されている。沙織の父である、加藤雅弘(かとうまさひろ)の形見だ。

 冒険家だった雅弘は、10年前、沙織が6歳の時に、行方不明になってしまった。
 行方不明といわれてはいるが、死体が見つからなかっただけで、周囲の人の様子からすると、もう生きてはいなさそうだ。
 沙織は、死んだんだろうなと思っている。
 ただ、雅弘との楽しかった思い出は残っているので、触っていると、心が安らいだ。

 ーーパパ。こういう時に、パパだったらなんて言ってくれたの?

 今日は、クルクルクラウンから、やけに雅弘の気配を色濃く感じる。

ーーパパがいたら、きっとこんな感じで甘えられるんだろな。

 沙織は、なんだか甘酸っぱい気持ちになった。


 その時、沙織のコートのポケットが震えた。
 スマートフォンを取り出すと、カメからのメールが届いていた。
 「カモン」と言っている亀のスタンプが貼られている。

ーー来た。

 沙織は、「オケ!」と言っている自作の白い小人スタンプを返信し、立ち上がって、大きく伸びをした。

 祝われることが嬉しくないわけではない。ただ、変わりばえもなく繰り返される、狭い狭い世界にたいして、なんだか満足がいっていないだけだ。
 満たされているのに満たされていない、なんて贅沢病の一種だ、ということは、自分自身でも重々承知している。

ーーさて、祝われにいきますか。

 沙織は、寝起きにしては軽い足取りで階段を降り、ピーチーズの待つ教室へと向かっていった。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く