Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)

オミィ・ランバード

第2話 True Colors (正体)

ーーこの足音は……。

 重い靴音。重いだけではなく、筋肉量も多い。
 男だ。沙織の通っている雙葉学園は女子校なので、男なら、清掃員か、警備員か、先生しかいない。

 もし清掃員なら、歩く時に、器具同士が当たる音が聞こえるはずだ。
 警備員なら巡回なので、辺りを見ながらゆっくりと上がってくる。

 ところが、足音は、まっすぐこちらに向かってくる。しかも革靴だ。

 ということは、先生に違いない。

ーー放課後の閉められた屋上には誰も来ない、と思ったが、まさか先生がやって来るとは。

 沙織にとっては予想外だった。


『徳においては純真に 義務においては堅実に』

 こんな校訓があるくらい、雙葉学園は礼儀に厳しい。
 沙織は、バネ仕掛けのように瞬時に立ち上がり、ダッフルコートについたホコリをはたいた。
 コートの襟には、自作の小人ワッペンが貼られているが、個性を尊重している学校でもあるので怒られないだろう。

ーーしかし、こういう時は、どういう態勢で、どういう顔をすればいいのだろう。

 沙織は迷った。

 「先生が来るぞ」と身構えるのも違う。逃げ出すような悪いこともしていない。かといって「何をしていたのか?」と聞かれても答えようがない。隠れようかな、とも思ったが、見つかった時には、逆に面倒だ。

 結果、沙織は、不自然なくらい堂々と、ただ、そこに立っていた。


 足音は、階段を登りきった。

 大柄の男性。
 マルチーズのようにフワッフワに垂れ下がった白いパーマ。
 優しさの中に憂を備えた、彫りの深いドイツ人特有の顔つき。
 フリルのついた白いシャツ。
 暗めのスーツに身を包んでいる。
 足音の正体は雙葉学園唯一の音楽教師。
 クリスティアン・ゴッドロープ・ネーフェだった。

ーーネーフェしぇんしぇー(先生)!

 沙織が所属している音楽部の顧問だ。沙織とは仲が良い。

 ネーフェは、踊り場まで上がってくると、番長のように堂々と立っている沙織と目が合った。ネーフェの、白くて太い眉毛が、大きく垂れ下がる。

「フロイライン沙織。あなたでしたか」

 ネーフェは誰に対しても敬語だが、日本語はかなりうまい。沙織はうなづいた。

「こんなところでどうしたのですか?」

「教室でサプライズの準備してるから、呼ばれるまで待っててて言われた」

「サプライズ?」

「アタピ、今日誕生日」

 ネーフェは、目と口を同時に見開いた。

「なるほど。それはおめでとうございます」

「ありがと」

 沙織は上品ぶって、というか半分ふざけて、両手でダッフルコートの裾をつまみ、軽く腰を落として、ネーフェに会釈をした。

「そういえぱフロイライン沙織。あなたはアルカディアという言葉を知てますか?」

ーー唐突(とーとつ)。

 ネーフェは、話の流れとは関係のなさそうな話を良くする。けれども、話を聞くと、最後には意味がわかる。ドイツとの文法の差なのだろうか? 日本語とは話す順番が違うことが多い。今回もそうなのだろう。
 沙織は、気にせず答えた。

「アルカディア。理想郷て意味」

「どこで知たのですか?」

「英単語帳2000」

 ネーフェは、一度うなづいて、次の質問をした。

「では、ファンタジーという言葉を知てますか?」

「ファンタジー。空想、幻想です」

「それは?」

「英単語帳のファースト300に載ってました」

「そうですか。わかりました。よく知てましたね」

 アルカディアという単語は、日本人にはあまり馴染みがない。けれども、ファンタジーは、さすがに誰でも知っている。

ーーん? 

 ここまで聞けば、普通はネーフェが何を言いたいのかが分かる。だが、今回に限っては、質問の意図がまったくわからない。
 沙織は、眉をしかめて、素っ頓狂な顔になった。
 ネーフェは、日本育ちではない。空気を読まない文化に生まれ育っている。そんなネーフェでも、沙織の表情の変化にはさすがに気づく。慌てて、優雅に、言葉を付け加えた。

「あ。みんなにはまだ言てないですが、次回の課題曲は、アルカディア四重奏団の演奏をオーケストラ風にアレンジした、壮大なファンタジー曲にする予定です。意味を知てたらイメージもつけやすい。今回の曲は、パーカッションが肝となております。フロイライン沙織。次もレギュラー、がんばてくださいね」

ーーそういうことか! アタピ、パーカッション担当だから、がんばてね、という激励をしてくれたって訳ね!!

 沙織は、無表情なまま、小さな歯を見せ、精一杯口の端を拡げた。いつもする笑顔のポーズ、サオちゃんスマイルだ。「あまり笑わないね」と友達に言われて、「こうしたらいいの?」とムキになっておこなった時に、たまたま開発したこの表情。沙織は、非常に気に入っていた。

 もちろん、ネーフェはそれが、了承した、という意味だとわかっている。ネーフェも、こちらは普通に、優しく微笑んだ。

「誕生日パーティ、早めに済ませるんですよ、フロイライン沙織。アレス・リーベ・ツム・ゲブルツターク(おめでとう)」

 ネーフェは、安心した顔を見せて、階段をゆっくりと降りていった。

「Saori's Umwelt (加藤沙織の環世界)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く