婚約者が浮気したので、私も浮気しますね♪

茄子

02

「巫女長様、今朝はどうしちゃったんですか?シャルル枢機卿様と喧嘩でもなさったんですか?」
「そんな感じですわね」

 シーラの言葉に私は苦笑して頷くと、寝不足の顔をごまかす化粧をしてもらうように頼む。
 結局あの後眠ることが出来ませんでしたわね。
 シャルル様が南の魔王であるということは確定してしまったようなものですわよね。どうしてこんなことになってしまったのでしょうか、全ては私が悪いのでしょうか?
 還俗したことがきっかけだとしたら、私にも責任がありますわよね。
 けれども、シャルル様がお母様のお腹を食い破って産まれてきただなんて信じられませんわ。それではまるで忌み児のようではありませんか。
 ……だから東の森に捨てられてしまったのでしょうか?
 これはボルドロウ家のことも少し調べてみなければなりませんわね。約32年前に何があったのかを知ることから始めなければなりませんわ。

 私はその日から巫女長の部屋で寝起きをするようになり、日々の務めを果たしながら過去のことを調べる日々が続きました。
 わかったことは記録が何度か書き換えられているということですわね。
 ボルドロウ家は32年前に確かに奥方様に対して蘇生リザレクションの依頼を神殿にして成功していらっしゃいました。ただし怪我の内容は出産による死亡でお子様に関しては死亡したが蘇生はしないという内容になっておりましたが、22年前にその記録が修正され、ご子息も同時に蘇生リザレクションしたことになっておりました。
 つまり一時的とはいえ、大公家ではシャルル様は死亡扱いになっていたということですわね。
 東の魔女様のもとに捨てたのも、戻ってくることはないと考えてのことだったのでしょうけれども、神殿に来ることになってあの髪の色から出生が明らかになったということでございましょうね。
 それで記録を書き換えたということでしょうか。
 なんとも言えない話ですわね。

 そうして私は今、ボルドロウ家にお邪魔をさせていただいております。
 シャルル様と結婚して初めてお邪魔するのですが、流石は大公家というべきか立派なお屋敷でございますわね。
 応接室に通されて、待っていますと品の良さ気なご婦人がいらっしゃいました。この方がシャルル様のお母様でいらっしゃいますでしょうか。
 こうしてこんなにも早く面会が出来ましたのは、私がシャルル様の妻であることと巫女長という立場があるからでございますわね。

「ご機嫌よう、巫女長様」
「はじめてお目にかかります、ミストと申します。シャルル様…アドルフ様には日ごろからお世話になっております」
「……そうですか」

 反応は微妙ですわね。自分の腹を食い破った子供のことなどあまり話したくないという感じでしょうか。

「今日はシャルル様の、アドルフさまのことで参りましたの、よろしいでしょうか?」
「ええ、あの子が結婚したと聞いていつかはこんな日が来るのではないかと思っておりました」
「そうですか。遅くなってしまい申し訳ありません」
「いいのですよ。その分私も心の整理が出来たというものです」
「お義母様は、32年前一度命を落とされた、これに間違いはありませんのね?」
「ええ、私は確かに一度死亡いたしました。神殿にいらっしゃる巫女様方のおかげで蘇生することが出来ましたけれども」
「そうですか…。原因はアドルフ様で間違いないのですね」
「そうですわ。あの子は私の腹を食い破って産まれてきました。そのせいで私は死んだのです」
「…そうですか。そしてアドルフ様は東の森に捨てられてしまったというわけなのですね」
「そう聞いております。私の意識が戻った時にはもうあの子は死んだと聞かされましたから、生きていると知った時は信じられない思いでしたわ」
「その時はどんな気分でいらっしゃいましたか?」
「正直、どうして生きていたんだと思いました。東の魔女に拾われていたなどとは思いませんでしたもの」
「そうですか」
「けれども、心のどこかでほっとしたことは確かです。ずっと罪の意識に囚われておりましたので。神殿にいるとはいえ、家族の情が一切ないとはいえ、生きていてくれるのならばそれでいいと思ってしまっているのです」
「生きていてくれればいい、ですか?」
「ええ、それが母親というものなのですわ巫女長様」
「そういうものなのですか」

 母親とは業の深いものなのかもしれませんわね。

「今は会うことはないのですか?」
「ありませんね」
「そうなのですか、お寂しくはないのですか?」
「寂しい、と思わなくもありませんが。生まれたその瞬間から家族で無くなってしまいましたので…」

 お義母様はそう言って寂し気に微笑まれました。

 ボルドロウ家を後にした私は神殿に戻り、風の魔法を使い東の魔女様に連絡を取ろうと試みました。
 前回書状を頂いた時の魔力残滓が記憶にございますのでそれを使っての物ですので上手くいくかはわかりませんけれども。

「da sirettil siH oyekodoT otnev tnus muutirips rep」

 ふわりと風が巻き起こり、書いた書状が東に向かって飛んでいきます。上手くいくといいのですが、不安ですわね。

 手紙は無事に届いたようで、東の魔女様からお返事が届きました。その中には東の魔女様が開発したという通信機が入っておりました。風の魔法で二ヶ所を繋ぐのだそうです。
 水鏡の風魔法版のような物なのでしょうか?
 試しに耳に付けて使用してみますと、ノイズのような物が走った後に東の魔女様とお話が通じました。

「ご機嫌よう、東の魔女様」
「こんにちは、巫女長。話しがあるみたい、ね」
「シャルル様に魔王の種をお渡しになったというお話ですが、本当なのでしょうか?」
「本当、よ」
「どうしてそんなことをなさったのですか。貴女がそんな真似をなさらなければ悲劇は起きなかったのではありませんか?」
「悲劇?悲劇って何かしら?長く生きてるとねそんなことはどうでもよくなってしまうものなの、よ。面白いことが起きればいいの、よ。魔王を生み出すのも面白いことの一つ、ね」
「そんな理由でシャルル様を魔王にしたというのですか!」
「そう、よ。アドルフには才能があったから、ね。面白そうだったし育ててみたの、よ」
「あんまりですわ」
「でも、魔王になってもあまり活躍しないみたい、ね。確かに魔物は活性化したけど、それだけみたい、よ」
「ヨハン様が魔人にされてしまったんですよ」
「そうなの?でも、魔人の一人ぐらいいいじゃない、の。私なんてなんにん魔人を作ったか覚えてない、わ」
「はい?」
「なぁに?」
「貴女が魔人を作った、ですって?本当ですの?」
「ああ、言っていなかったわ、ね。私は最古の魔王と言われる魔王の1人なの、よ。もっとも他の魔王がまだ生きているかは知らないけど、ね」
「な…」

 新事実が出てきてまたもや頭が混乱してしまいました。
 つまりはこういうことなのでしょうか?
 東の魔女様は最古の魔王として退屈を持て余していらっしゃって、その退屈しのぎに新しい魔王や魔人を生み出して世界を混乱に陥れているということなのでしょうか?
 そんな理不尽なことがあっていいのでしょうか?

「そんな理不尽なことは認められませんわ」
「理不尽でも、この世界は力があるものが正義なの、よ」
「そんなっ…シャルル様は貴女に利用されたということなのですか?」
「そう、ね。そいうことになるかもしれないわ。でも選んだのはあの子、よ」

 東の魔女様の言葉に何とも言えない気分になってしまいます。選んだ理由が私が原因だからです。

「話はお終い?ならまたいつでもかけてきていいわ、よ。私は退屈しているから、ね」

 そう言って通話は切れてしまいました。
 なんということなのでしょうか、世界はこうも力ある方々によって弄ばれているのですわね。
 これはもう一度シャルル様とお話をしたほうがいいのかもしれません。
 私が避けなければシャルル様と会話することぐらいは可能ですものね。夜遅くにですけれども。

 そうして私は早速という感じにその夜にシャルル様のお部屋でお帰りをお待ちしておりました。
 やはり日付が変わったころにお戻りになったシャルル様は、この間見た時よりも幾分憔悴しているように感じられて不安になってしまいました。

「シャルル様、お話がございますの」
「なにかな、少し怖いですね」
「32年前と22年前の記録を確認したり、ボルドロウ家に行ってお義母様とお話をいたしましたり、もう一度東の魔女様とお話したり致しました。そうして私なりに色々考えましたけれど、混乱してしまいまして、やはりシャルル様にもう一度お話をお聞きしようと思って今日は待っておりましたのよ」
「そうですか」

 シャルル様は少し考えて口を開きました。

「私は魔王になったことを後悔はしていません。レイン、貴女を手に入れることがこうしてできたのですからね」
「シャルル様」

 シャルル様はそっと私の頬に触れてらっしゃいます。

「魔王になるということは人とは違う時間を生きるということになります。それを覚悟しても貴方を手に入れたかったんです。ヨハンのことは、……そうですね、羨ましかったとでもいうべきでしょうか?」
「羨ましかった、ですか?」
「ええ、貴女の夫の地位につけるのですから羨ましかったのですよ」
「シャルル様は、どうしてそこまで私を愛してくださるのですか?私など婚約者2人に浮気をされるような魅力のない女でございますのよ」
「いいえ、貴女は十分に魅力的です。あの2人が分かっていなかっただけで貴女を手に入れたいと思う男は大勢います」
「そうでしょうか?」
「そうですよ。私は貴女を手に入れるためなら何でもしたいと思ってしまったのです」
「……病的でいらっしゃいますわね」
「自覚はありますよ。けれどもどうか私のことを見捨てないでくださいレイン」
「見捨てるなど…」

 言って、この間思わず手を振りほどいてしまったときのことを思い出してしまいました。もしかしなくとも、今憔悴なさっているのはあのことが原因なのでしょうか?

「シャルル様、眠っていらっしゃいますか?」

 私は頬に触れられた手にそっと自分の手を添えてシャルル様の顔をじっと見つめます。

「早く休戦協定を結んでしまわなくてはいけませんからね。全く一人芝居も楽ではありませんよ」
「一人芝居ですか」
「ええ、南の魔王役とその魔王との間に入ってやり取りをする枢機卿の役の一人芝居です」
「でしたら早く終わらせてしまえばよろしいではありませんか」
「そうしたいのですが、王宮が絡んできますので中々進まないのですよ」
「王宮は難しいことを要求してきているのですか?」
「活性化した魔物の討伐を積極的に行なって欲しいという要請ですね。けれどもそれを受けてしまいますと私はここからいなくならなければならなくてはいけませんから、せっかくレインを手に入れたのに意味がなくなってしまいます」
「シャルル様がいなくなってしまうのは嫌ですわ」
「そう言ってもらえてうれしいですよ。いなくなって欲しいなんて言われてしまったら、それこそ絶望で死んでしまうかもしれません」
「シャルル様、申し訳ありません」
「レイン何を謝ることがあるのですか?」
「色々ですわ。私、何も知らずにシャルル様を苦しめておりましたのね」

 ポロリ、と涙がこぼれてしまいました。
 シャルル様は顔を近づけてその涙を吸うと、目尻に、ちゅっ、と音を立ててキスをしてくださいました。

「泣かないでください。…もっといろいろ用意が整ったらお話しようと思っていたのですが、レイン」
「なんでしょうかシャルル様」
「私と一緒に神殿の外に出てはみませんか?」
「え?」

 そんなことが出来るはずもありません。私は巫女長ですし、シャルル様は枢機卿様でいらっしゃいますもの。

「魔物退治という名目で大規模な討伐隊を組みます。その際に行方をくらませれば、私たちはこの神殿から逃れることが出来るのですよ」
「そんなことが可能なのでしょうか?もし失敗してしまえば一生神殿から、今の地位から逃れることは出来ませんわ」
「私は、いずれ近いうちに枢機卿の地位から去るつもりですよ。魔王になってから私には老いというものが発生しておりませんからね」
「そうなのですか?」
「ええ」
「……では、いつか私が先に死んでしまうのですね」

 それは、なんだかとても悲しいことですわ。

「それなのですが、2人で無事に神殿から逃れられた暁には、レイン、貴女は私の魔人になってくれませんか?そうすれば長い時間を一緒に過ごすことが出来ます」
「私が魔人になるのですか?」
「ええ」
「……考えさせてくださいませ」
「考える時間は沢山ありますよ。これからそれこそずっと」
「それは、選択肢が有るようで無いのではないのではないでしょうか?」
「だって私はもう貴女を手放したくないのです」

 シャルル様はそう言ってそっと私を抱きしめてくださいます。相変わらず優しい香りがして心がほっとするように感じられます。
 思えばずっとこの香りに守られてきているような感じさえしますね。

「シャルル様、本当にどうして魔王になんてなってしまわれたのですか」
「私のわがままですよ」
「嘘ですよね、私のせいですよね?」
「いいえ違います。あえて言うのなら国のせいです。あのままこの神殿に居たのなら、貴女は何事もなく暮らせていたのに、この国が貴女の生活を乱したのが悪いのですよ」
「…そう、かもしれませんわね」
「ええ、ですからこんな国も、それを受け入れた神殿も捨ててしまいましょう」
「けれど…」
「大丈夫です。レインには私がいますよ」
「シャルル様」

 本当にいいのでしょうか?私がいなくなってしまっては、残った巫女や御子に負担がかかってしまいますし、せっかく親友になったドロテア様が心配なさってしまうのではないでしょうか?
 残された方々のことを想うと中々決心がつきませんわね。

「レイン、どうか私と生きてください」
「……シャルル様は、私がいなくなってしまったらきっと」
「ええきっと邪悪な魔王になってしまうでしょうね」
「それは困ってしまいますわね」
「そうですよ、大変な事ですよ」

 それはきっと数十年先の話しになるのでしょうけれども、世界を危険にさらすのはためらわれてしまいますね。

「勇者様に、もう大怪我をしないようにお説教をしなくてはいけませんわ」
「え?」
「だって、もし私がいなくなってしまったら、誰が勇者様のあの大怪我を治すというのですか」
「レイン」
「…私、ショックでしたのよ」

 そう、夫が魔王をしていることを他の女性から聞かされるだなんて、まるで浮気相手から浮気をしていることを聞かされることよりもずっとショックな事でしたもの。

「だから責任を取ってくださいませ」
「責任ですか?」
「ええ、私を一生手放さないでくださいませね」
「っ!ええ!もちろんです」

 ……本当に仕方のない方ですわね。きっとこの方は私がいないとだめになってしまいますのね。
 もしかして東の魔女様はだから私に教えに来られたのでしょうか?このままいけば老いないシャルル様を不審に思う方が出てまいりますし、いずれ近いうちに枢機卿の座を降りることになったでしょう。
 そうなれば私はそれについていくことは出来ませんものね。
 世界をかき回しているように見えて、実はただ、母親が子を心配しているだけなのかもしれませんわね。

「婚約者が浮気したので、私も浮気しますね♪」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く