婚約者が浮気したので、私も浮気しますね♪

茄子

03

 それは必然であり突然の出来事だった。
 魔人として作り上げたルイが暴走してしまったのです。
 第一王女殿下と勇者が相思相愛だとわかり想いを確認した瞬間、爆発的に魔力が膨れ上がって、耳飾りが壊れてしまったのです。

「これでは中継ができませんね」

 困ってしまいました。と、さほど困っていないような声で言う。実際に対して困ってはいないのだから仕方がない。
 勇者がどうなろうが、第一王女がどうなろうが、ルイがどうなろうがどうでもいいことなのです。
 ですが、少ししたら問題が発生しました。ルイが神殿に向かってきたのです。目的は私ではなくレインでしょうね。
 レインのもとに向かったのですが人払いと幻覚の結界がかけられているようで神官兵が惑わされているようです。

「Sirorre ba soe menoicenretni da euqsu mun」

 呪文を唱えて結界を解除してレインの部屋に行けば、魔力同士がぶつかっている。レインはルイと戦っていた。

「レイン!」
「シャルル様っ」
「ああ、無事ですねレイン」
「はい大丈夫ですわ。部屋は…大丈夫ではありませんけれども」
「そのようですね。それにしても…」

 つ…と冷たい目でルイを見る。よりにもよってレインに敵意を向けるなんていったい何を考えているのでしょうか。
 このまま消滅させてもいいのですが、

「ルイ、いいやヨハン=ルイ=ヒュノー。魔王と契約して魔人になり果てたか」
「黙れ、黙れ黙れ!」
「去れルイ。今宵は見逃してやろう。今後この国に手を出さなければ我々はお前や魔王に関与はしない」
「ふざけるなっ」
「この私とこの場でやり合うつもりか」

 ぶわりと魔力を拡散させます。魔王としての魔力を使わなくてもルイ程度を追い払うことは出来ますからね。

「くっ…必ずまた来るからな」

 負け犬のようなセリフを吐いて立ち去って行ったルイの背中を見てから、レインの状態を確認する。

「大丈夫ですか?」
「ええ、問題はありませんわ。お部屋以外ですけれども…」
「部屋などどうでもいいんですよ。レインが無事でよかった。もし何かあったら私は、私の心が壊れてしまうところでしたよ」
「……どうしてですか?」
「え?」
「私のことは義務で恋人にしてくださったのでしょう?私がいなくなった方がよいのではないのでしょうか?」
「そんな風に思っていたのですか?」
「……はい」

 頷くレインに伝わっていなかったのかと、がっくりとしてしまう。

「だって、私はシャルル様から何も言われていませんもの」
「何もとは?」
「好きとか、嫌いとか、恋をしているとか愛をしているとか、聞いたことがありませんもの。だから、ずっと私の片思いなのだと思って…思って…」

 言っていませんでしたでしょうか?言った気でいたのですが、それは私の落ち度ですね。
 涙を流して始めたレインの涙を掬い取って、その涙をスッと吸ってもう一度レインを見ます。

「言っていませんでしたか?」
「え?」
「すみません。それは私の落ち度ですね。…愛してますよ、レイン」

 耳元で囁くように呟けば一瞬で沸騰したようにレインの顔が赤くなってしまいました。

「……ふにゃ」
「ふにゃ?」
「い、言うにことかいて、あ、愛してるなんて…普通は好きとか、そういうことから始めるものではないのですかっ。そ、そんないきなり愛してるなんて、きゅ、急すぎるんじゃありませんか?」
「いいえ、10年以上前から私はレインを好きになっていて、今では愛していますよ」
「そんなに前から!?」
「ええ、貴女がこの神殿に来た日からずっと」
「ど、どうしてもっと早く言ってくださらなかったのですか?」
「言った気でいました。貴女があまりにも素直に私を受け入れてくださってましたから、想いが通じていたのかと」
「こ、恋人は皆様ああいうことをするのではないのですか?」
「まさか、違いますよ」

 全世界の恋人同士がこんな風に仲が良ければ争いは起きないでしょうね。

「ところでレインは私のことを愛してくれていますか?」
「あ…愛、かはわかりませんが、好きだとは思っております。他の方々とは違う好きですわ」
「…私が他の女性の物になると思ったら胸がむかつきませんか?」
「…チクっとしますわね」

 ああ、なんて甘美な言葉なんでしょうか。
 私は今間違いなくうれしさで胸がいっぱいになっています。

「それは独占欲ですよ」
「そうですわね、あまりよくない感情ですわ」
「私はうれしいですよ」
「はい?」
「レインが私に執着してくれている証拠じゃないですか。レインは最初私のことなどすぐいなくなってもいいかりそめの恋人だと思っていたでしょう?だから時間をかけてゆっくりと、ゆっくりと私という存在を馴染ませておいたんですよ」

 そう、ゆっくりとですがそれこそ私無しではいられない体にしてあげたんですよ。
 さて、それよりも、

「とりあえず、レインは今夜は私の部屋に移りなさい」
「はい…、…はい?」

 一度承諾したのに考え直そうとしていますね、駄目ですよ。

「駄目ですよ。またやってくるかもしれません。その点私の部屋は魔法防御が施されていますから簡単には破られることはありません。それにその方が私も一緒にいることが出来て安心です」
「私は」
「私の部屋に移動しましょう、ね」
「……は、い」

 有無を言わさずに私の部屋まで移動させると、ソファに座らせます。

「あの、シャルル様」
「なにかな?」
「どうして私の衣装がどんどん運び込まれているのでしょうか?」
「部屋を此処に移すからですよ」
「今夜だけじゃないのですか?てっきりそうだとばかり思っていたのですが…」

 侍女にハーブティーを入れさせて退室させれば二人っきりの空間になりました。
 そこで、レインが「そういえば」と口を開きました。

「私の婚約は」
「また白紙撤回になるでしょうね」
「またですか…記録上には残らなくても記憶には残るものですし、2回も婚約破棄になった巫女長など威厳も何もありませんわね」
「そんなレインにいいことを教えてあげよう」
「なんでしょうか?」
「私と正式に婚約をしないか?」
「はい?」
「承諾してくれて嬉しいよ」
「え、いえお待ちください。今のはっ」
「承諾してくれて嬉しいよ。王宮の方でも問題になっていたんだ、第一王女が愛人では体裁がってね。だから一度婚約を解消して別の誰かと結ばせようという話しになっていたんだよ」

 だから私が次のレインの婚約者候補だったんですよね。
 まあ、少し魔王の魔眼を使って暗示をかけるようにして追い詰めていきます。

「いつそのようなお話になったんですか!」
「半年前かな」
「そんなに前から…」

 第一王女殿下のことですからね。仕方がありません。

「もちろんレインの次の婚約者候補は私だよ。別にレインをのけ者にしていたわけじゃないよ。決まってから教えてでも遅くはないと思ってね」
「ちゃんと言ってもらわないと困ります」
「でも、私と恋人同士なんだし構わないだろう?」
「構います。だって、両想いだってわかったのはさっきなんですよ」
「私はずっと前から気が付いていたよ」
「ふえ!?」
「キスをしていると、だんだん反応を返してくれるようになっただろう?それに目がとろけるようになってきた。他の誰でもないレインのことだからわかるよ」
「……っ」

 ここで魔眼をといてレインを抱きしめて軽くキスをする。

「私以外にはわからなかったと思いますよ」
「うきゅぅ」
「かわいいですね、レイン」
「は、恥ずかしいので離れてください」
「駄目。ほら、いつものように膝の上に乗って」

 翌朝、腕の中で目を覚ましたレインは顔を真っ赤にしてぶつぶつと何かを言ってごそごそと動いていますが、あと30分は離す気はないのですよね。
 そもそも、巫女見習いが呼びに来るまではこのままでもいいですよね。

「おはようございます」

 そう言ってキスをすれば真っ赤になってもじもじとし始めましたのでそのまま、覆いかぶさるように体勢を変えると、何度も顔にキスをします。
 その後、レインが水行に向かっている間に今日着るシュミーズドレスを選んでおきます。
 こうして愛する人の服を選ぶというのも悪くはないですね。

 水行から帰って来たレインの服を乾かして、手ずから着替えさせてしまえば、体のあちらこちらに残したキス痕が目に入り満足してしまう。
 昨夜レインが寝ている間に足に付けたキス痕も綺麗に色づいていますね。

「ほら、朝食を頂きましょう」
「はい……あの、普通に頂くという選択肢はないのですか?」
「私の膝の上ではいけないでしょうか?」
「食べにくいのではないでしょうか?」
「大丈夫ですよ」
「そ、そうですか?でもやはり普通に一人で食べることは出来ますし」
「私に食べさせてはくれないのですか?」
「へっ」

 少ししょんぼりとして言ってみれば、レインは慌てて私の傍に来て恐る恐るといった感じに膝の上に乗ってきます。
 本当に素直ないい子ですね。

「ありがとうございます、レイン」
「えっと、食べさせて差し上げればよろしいのですよね?」
「その前に私が食べさせて差し上げますよ、はいあーん」
「あ、あーん」

 レインに食べさせてもらうのもいいですが、私が食べさせたものを一生懸命咀嚼するレインの姿もまた可愛らしくてたまりませんからね。

「ほら、ついてしまっていますよ」
「ありがとうございます」
「ちゅっ」

 わざと音を立てて口の端についたソース舐めれば、また真っ赤になってしまいましたね。本当に可愛らしい。

「じゃあ次は私に食べさせてくださいますか?」
「は、はい。どうぞ」
「いただきます。あーん」

 サンドイッチを食べさせてもらって咀嚼すれば、レインは満足そうに私の口元を見てきます。
 食べ終わってからもまだ時間がありますので、お茶を頂きますが、レインには口移しで飲ませることにしました。
 零して火傷をしてしまったら大変ですからね。

 その後、馬車で移動する中レインの体を堪能します。レインの足はシンデレラの足のように華奢で白く滑らかなものでいつまでも触っていたくなるのですよね。
 レインは背中を撫でると弱点なのかビクビクと体が跳ねるように動くので見ていると楽しくて仕方がないですね。
 けれど、馬車の中で遊びすぎたのか、王宮につく頃にはレインはだいぶぐったりしてしまいました。申し訳ないことをしてしまったかもしれませんね。

 さて、レインはいつルイが魔王と契約したのか気になったようですが、詳しくは後ほど話せば構わないでしょう。

「レインにも不思議に思うところはあるだろうけど、今日はそのことについて話し合うために集まったんだ。さあ行こう」
「はい」

 会議室に案内されて、国王陛下も参加している会議が始まりました。

「ではヨハンが契約したのはここ最近ということでいいのか?」
「はい、それまでに変わった行動は見受けられませんでしたが、以前1人で移動した後から少し様子が変な感じがしていましたわ」
「変な感じとは?」
「なんと言いますか、こういっては何ですが、ねちっこい視線というか、以前はなかった性的な目で私を見てくるようになったというか…」
「そうか。勇者は何か気が付くことはなかったか?」
「そうですね、同じように同じころから些細なことで良く衝突するようになりましたね」
「そうですか…」
「魔王は邪悪な存在と認識していいのだろうか」
「魔人が独断専行するということはよくあることだからわからないな」

 そうですね。今回はルイの独断専行ですから、私の責任ではありませんね。
 とはいっても、ルイの昨晩の様子にレインが怯えているようですね。

「レイン、大丈夫ですよ」
「はい」

 机の下でそっと手を握ってあげれば、レインの震えは止まったように感じられます。こんな私でもレインの役に立ててよかったです。

「魔人ヨハンが再度この王都に来るとして、防衛を固める必要がある。王女と勇者は神殿に身を寄せておくように」

 つまり神殿でかたを付けろと言うことですか。まあ王宮で暴れられるよりもましだと思っているのでしょうね。

「神殿に身を寄せていただくのは構わないのですが、神殿のどの部分にかくまいましょうか?客室では昨夜の私の部屋と同じ結果になってしまいますわ」
「では枢機卿様の部屋と同じエリアではいかがでしょうか?」
「それがいいでしょうね。私の住まうエリアに昨夜からレインも移動してもらっていますし」
「念のためドロテア王女様と勇者様は同じ部屋でお過ごしになったほうがよろしいかと進言いたしますわ」
「「なっ」」

 レイン、効率的な意見ですね。隣室にすれば駆けつけるのにも楽ですしちょうどいいでしょうね。

「婚約者が浮気したので、私も浮気しますね♪」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く