婚約者が浮気したので、私も浮気しますね♪

茄子

02

「シャルル様、あちらのお店なんていかがでしょうか?」
「いいですね」

 今日は約束をしていたお忍びデートの日です。
 髪を茶色に染めて後ろでくくってしまえば、私なんて大衆に埋没してしまう程度の物なんですよね。
 レインはそんなことないと言ってフードを目深にかぶらせてきますが、レインこそフードが取れないようにしないとあっという間に人に囲まれてしまいますよね。
 巫女長となる前からレインは人気がありましたからね。元侯爵令嬢であるというのに、平民にも分け隔てなく接するということで人気があるのですよね。
 まったく、私の想い人は人気者で困ってしまいます。
 適当な店、といってもレインのチョイスですからねいい店に違いありません。レインはこう見えて神殿に引きこもってはいますが、街の情報量は多いですからね。
 平民がレインに色々と教えていますからね。

「シャルル様、何になさいますか?」
「レインのお勧めで構いませんよ。ああ、でもレインは甘いものが好きでしたね。甘いものがいいかもしれませんね」
「シャルル様も甘いものがお好きですか?」
「レインが好きなものは何でも好きですよ」
「え」
「ふふ」
「そ、そうですか」

 頬を染めるレインの姿はかわいらしいですね。
 注文をしてきたケーキを半分こして分け合ってみれば、すっかり恋人として様になって来たのではないでしょうか。

「ほらレイン、あーん」
「あ、あーん」

 頬を染めてもぐもぐとしているレインは小動物のようでなんてかわいいのでしょうか。それにしても南の魔王と言われている私が、国一番の蘇生リザレクション使いのレインと付き合っているというのは何とも不思議なものですね。
 それにしても、レインの蘇生リザレクションは本当に恐ろしい力を秘めています。
 それこそ死者すら蘇生リザレクションしてしまいますからね。まあ、脳みそが吹き飛んでいないとか、時間が24時間以内とか制限はありますが、それでも恐ろしい威力だと思います。
 勇者の蘇生リザレクションも何度もしていますよね。勇者もいい加減諦めてくれればいいのですが、勝手に魔王城と決めている場所を目指しては大怪我をして帰ってきますからね。
 今ではすっかりレインのお得意様になってしまいました。
 まあ、レインの功績になりますし神殿としてもよい収入源になりますので良いのですが、その度にレインに口づけをされるというのは気に入りませんね。
 まあ強力な治癒魔法を使う際には必要な事とわかってはいるのですが、気になるものは気になってしまうのですよね。
 お忍びデートを終えて神殿に戻ると、研究の成果を確認します。
 抗魔の力の宿った装飾品ですが、耳飾りの形にするのが一番楽ですね。まあ、これで成功かはわかりませんので実験したほうがいいかもしれません。
 どこかに適当に魔人でも作って効果があるか確かめましょうか。
 ああそうだ、ルイがいい感じに闇に囚われてましたし利用しましょうか。
 火の番をしているルイに念話を送ります。

『おいで』

 すぐさま立ち上がり周囲を確認しているが、あの場所からは私のいる場所は見えないでしょうね。

『おいで』

 もう一度呼べば何かを一瞬考えてこちらによって来ます。

『おいで』
「お前は何者だ」
『魔王、とでもいえばいいだろうか』
「魔王!」

 言うが早いか、魔法を使おうとしたので手で払えば、横に吹き飛び樹にぶつかって崩れ落ちていく。

「何をしに、きた」
『お前、魔人にならないか?才能がありそうだ』
「ふざけるなっ誰が魔人などになるものか!」
『そうか?今のままでは恋する女を手に入れることが出来ずに指をくわえてみていることしか出来ぬであろう』
「っく」
『魔人になれば、私の手下となるのだ、手下の恋路ぐらいは応援してやろう。他の魔人を退治させる功績でも立てれば王女と結婚できるのではないか?』
「それは…」

 ルイに幻術を見せて闇を深くしていく。

「やめろっこんな幻術は通じない!」
『これは幻術などではない。このまま行けば辿る未来だ』

 そう、ルイが魔人になってもならなくても訪れるであろう未来。

「嘘だ!いくら勇者とは言えドロテア様を簡単に手に入れられるはずがないだろう!」
『ではこうしよう、私が勇者に休戦協定を持ちかける。もちろん魔物の討伐にも協力するという条文をつけてな。十分な功績になるだろうなあ』
「なにを」

 甘い言葉で誘うが、なかなか落ちてくる様子はない。だが、闇は確実に深くなっていっている。

『魔人になって私に手を貸すか、それともただこのまま指をくわえて愛する女が他の男のものになるのを見ているだけか、選ぶがいい』
「魔人になったことなどすぐに判明する」

 そのためにお前を魔人にするのですよ。

『この耳飾りをやろう』
「これは…」
『これを付けていればわかるまい』
「……なぜこんなことを」
『お前が俺の役に立ちそうだからだ』

 私とレインの未来のために。

「やめてくれ」
『決めるのはお前だ。その耳飾りを付けた時が魔人の契約の時だ』
「やめてくれ!」
『決めるのはお前だ。だが、このままではお前の望みは叶わない、永遠にな』

 どのような幻覚を見ているのかはわからないが、よほど屈辱なものを見ているのだろう、目が真っ赤になって血涙でも流れそうな勢いです。

「っ!こんな未来、認めない」
『これで契約は相なった。魔人ヨハンよ、せいぜいあがいて踊るがいい』

 そういって、私はその場を離れていく。
 まったくもって面白いぐらいに引っかかってくれたな、この後どうなるのかがとても楽しみですね。

 レインが神殿に戻ってから約半年が過ぎました。

「ぁ、シャルル様…こんなところでは、だめですわ」
「構いませんよ。誰もいません」

 図書塔の片隅でレインを腕の中に閉じこめて唇にキスをする。最初のころはなかなか抑制できるか不安だったのでキスは出来ませんでしたが、今では慣れてきたと言いますか、他のことで抑制できるようになってきましたので遠慮なくキスをすることが出来ます。

「んっ…ぁ、は…ぁ。シャル、ルさま、だめ」
「大丈夫ですよ、ほら、こっちを向いて」
「んんっ…」

 抵抗しようとする体をしっかりと押さえつけて、その体を堪能していきます。今では鎖骨や首筋など見えるところのあちらこちらにキス痕を残して私の物だと主張しておきます。
 ショールを襟元に巻いて隠しているようですが、耳の後ろの痕は隠せませんよ。床に落としたショールは今頃しわになっているかもしれませんね。

「はぁ、…シャルルさまっもうお時間が、執務があるので、んんっ」

 シュミーズドレスを寛げて見えた鎖骨部分をべろりと舐めあげれば、ぶるりとレインの体が震えてなんと可愛らしいのでしょうか。

「そういう意地悪を言ってはいけませんよレイン」
「で、も…はふ、ん…あっあぁ」
「ふふ、本当に腰をこうして撫でられるのに弱いですねレインは」
「こ、こんなことをなさるのはシャルル様だけです」
「そうでなくては困ります」
「……ん、はぁはぁ」
「ああすみません、やりすぎてしまいましたね」
「いえ…でも少し休みたいですわ」
「ええもちろん」

 休みたいというのならば私の膝の上にのせて休ませることにしましょうか。

「あの、下ろしていただけますでしょうか」
「駄目ですよ、腰が立たないのでしょう?」
「そ、うですけれど、座る分には何も問題はないのではないでしょうか?」
「問題があります」
「そうなのですか?」
「私が寂しいではないですか」
「まっまたそういうことを言う…。もう半年もたっているんですから騙されませんわ。そうやって私をからかっていらっしゃるのでしょう?」
「からかうなど酷いな。心からそう思っているんですよ」
「もうっ」

 むくれたレインもかわいいですね。

「そう言えばもうすぐ18歳の誕生日でしたね、誕生日プレゼントは何がいいですか?」
「誕生日プレゼントですか?ではいつものお香を頂けますでしょうか?」
「それ以外にはありませんか?」
「……えっと……その」

 思いつかないようですね。

「…そ、装飾品とかでしょうか?」
「どんなものがいいですか?」
「か、髪飾り…とか?」
「髪飾りですか、この藍色の髪に似合う髪飾りはどんなものがいいでしょうね。真珠の髪飾りなども似合いそうです」
「は、はあ…。」
「レインの髪はさらさらとしていて触り心地がいいですね」
「シャルル様の髪こそ指どおりが滑らかで、覆いかぶさられるときなど、まるで髪の檻に閉じこめられてしまったかのような錯覚に陥ってしまいますわ」
「っ……貴女は」
「どうかなさいました?」

 レインは時折こうして爆弾発言を落としてくれる時がありますね。
 私は貴方をこのまま閉じこめてしまいたいのですが、その想いが伝わっているのでしょうか?

「時々不意打ちにそういうことを言う」
「どういうことでしょうか?よくないことでしたら改めますわ」
「いえ、大丈夫ですよ。ちょっと私の自制心を揺さぶって来るだけですから」

 本当にこのまま私の腕の中に閉じこめてしまいましょうか。
 ああでも今はその時ではないですよね。仕方がありません、今は解放してあげたほうがよさそうですね。お迎えの巫女見習いも来てしまっているようですし。

 さて、レインの18歳の誕生日当日、本当なら私がエスコートしたいのですが、婚約者がエスコートするのがルールですから仕方がないですね。
 私は会場に入ってからのエスコート役に徹することにいたしましょう。
 それにしても、様子を見ているだけですが随分と面白いことになっているようですね。
 以前まいた種が花を開いたようで何よりです。随分歪な花ですけれども。
 ルイと第一王女殿下が正式にお付き合いですか、これは面白いですね。これで第一王女殿下に手を出して妊娠でもさせれば魔人と人間との子供が出来ることになりますので、ディアナあたりが喜びそうです。
 っと、なんですかねあの集団は。私のレインに何をしてくれるのでしょうか。

「馬に蹴られて死んでしまいますわ」
「死なれては困るかな」
「え?」
「ディアナは私の恋人ではないし、今までそんな仲になったこともないよ」

 間違った情報は早めに修正したほうがいいですからね。

「あんなことを言われて、なぜもっと反論しないのですか?」
「いえ、する必要もないと思いまして…」
「ほら、後ろを向いて」
「はい?」
「髪を結って差し上げますよ」
「髪結いまで出来るのですか?多才でいらっしゃいますのね」
「仕込まれましたからね、ディアナに」
「ディアナ様にですか」
「私は昔ディアナに拾われた子供なんですよ」
「拾われた?」

 大公家の人間が拾われたなどという表現はおかしいので疑問に思っているのかもしれませんね。
 けれども事実なのですから仕方がありません。

「そうです。東の森に捨てられていた所を拾われて色々仕込まれたんですよ。それで、治癒の魔法の才能があったために神殿に預けられたんです。まあその後に魔人討伐の任務で再会した時は驚きましたけどね」
「ディアナ様はおいくつなのでしょうか?」

 数百歳だとは思いますが、この会話も聞かれていますし、サバを読んでおきましょうか。

「さぁ?少なくとも50は超えていると思いますがもっと上でしょうね。年齢のことを聞くと怒るので知りませんが、昔から容姿が変わったところを見たことがありません」
「そうなのですか」
「ですから、恋仲ということは絶対にありませんよ」
「そう、ですか……でも、私の恋人に無理をしてなっていらっしゃるのではありませんか?」
「そんなことはありませんよ」
「けれど…」
「けれどもだけども聞きませんよ。レインの恋人は私です」
「…はい」

 誰にも渡すつもりはありません。

「出来ましたよ」
「ありがとうございます」
「さぁ、そろそろ会場に戻りましょうか」
「はい」

 宴が終わった後、本来ならば帰りのエスコートもルイがすべきなのですが、今は第一王女殿下との話題で盛り上がっていますからね、代わりに私が送ることになりました。元々帰る場所は一緒ですからね。

「…シャルル様、馬車にぐらい1人で座れます」
「こうしたほうが可愛らしいお尻に負担がかからないでしょう?」

 馬車のクッションが悪いわけではありませんが、私の足の上に乗っていた方がレインのお尻にかかる負担も少なくて済むでしょうし、私も楽しいですからね。
 回した腕がちょうどレインの胸に当たって気持ちがいいですしね。

「シャルル様、私の胸に触れて、その、楽しいのでしょうか?」
「柔らかくて気持ちがいいですよ」
「そういうものなのですか」

 フニフニと揉めば柔らかく弾むような弾力が返ってきます。

「あの、そろそろ手を放していただけませんでしょうか?」
「どうして?」
「その…変な気分になってしまいますっん」

 何かを言いたそうだったので舌を入れて口をふさげば、すっかり慣れた体がキスを受け入れてくれます。
 その間に腕を下に動かしていって、子宮の上のあたりでマッサージをするように動かしていきます。
 いつか巫女長のお役目が終わったらここに子種を仕込みたいものですね。

「んん、…ぁ」
「変な気分になって構いませんよ。ちゃんと私がしてあげますから」
「なに、んっを?」
「何をでしょうね。でもきっといいことですよ」
「くふっん、足…撫でちゃ、だめっ」

 空いている手で足を撫でていけば、びくびくと体が震える姿がとても可愛らしい。

「どうして?こんなに可愛らしいのに」
「恥ずかしい、です」
「ふふ、本当に可愛らしいですね、レイン」
「シャルル様、どうしてこんなことをなさるんですか?」
「どうしてとは?」
「恋人だからってこんなことしなくってもいいと思うんです」
「恋人以外とこんなことをするつもりなのかな?」
「しません、けれど…」
「じゃあ構わないでしょう?」
「……はい」

 神殿についてもそのまま横抱きに抱えて、ベッドの上に寝かせてドレスを寛げていく。

「シャルル様?」
「私以外を恋人になんてさせませんよ」
「あの…」
「いいですね」
「…はい」

 これ以上は私の理性が持たないかもしれませんし、この辺にしておいた方がいいかもしれませんね。
 せめても、と額にキスをして離れていきます。

「おやすみなさい、ゆっくり眠ってくださいね」

「婚約者が浮気したので、私も浮気しますね♪」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く