勇者召喚に巻き込まれた俺はのんびりと生活したいがいろいろと巻き込まれていった

ノベルバユーザー463383

第14話 それは突然にやってくる、、、

次の日
俺たちは昨日と同じ依頼を受け、森に行き、依頼をこなして帰って来た。
そして、依頼の報告をして解体所へとやって来た。

「こんにちはー」
「おう、お前らか解体終わってるぞ。ちょっと着いた来な。」

俺たちは解体所のおっちゃんについていった。

「よし、これが買い取り金だな。内訳は聞くか?」
「いえ、大丈夫です。」
「よし、わかった。買い取り金額が全部で金額3枚な。それから解体費を抜いて合計金額が金貨2枚と銀貨8枚だ。分けると思って。銀貨28枚用意しといたから確認してくれ。」

「はい、確認しました。」
「おう!また来いよ!!」

「はい!」


そうして、俺たちはお金を貰い、宿へと戻っていった。

こんな日を毎日繰り返していき、1ヶ月たった。
俺たちは確実にレベルアップをし強くなっていった。
そしてギルドのランクアップもGからFに上がった。そしてもうすぐEになると頃まできていた。

今日も頑張るかと意気込んでギルドへと向かっていき、いつものように依頼書が貼られている掲示板の前にいた。
そしていつもどおりの依頼をとり、受注をして森へと向かった。

門を出て森へと行き、ある程度奥へと行き依頼をこなした帰り道それは突然にやって来た。

俺たちはいつも通りに街まで帰っているとき、リョウとシンが異変を感じた。
「今日の森は少し変ですね。」
「そうか?いつもと変わらんけど?」
「いや、おかしい。静かすぎる。気配察知に何も引っ掛からんのだ。いつもは何かしら反応はしている。」
「それは変ですねぇ、これは気を引き締めて帰りましょう。」

俺たちはいつもより慎重に帰っていった。
その時、後ろから誰かが走ってきた。
「誰だ!!」
「ハァハァ、俺たちはDランクパーティーの「疾風の牙だ。お前たち早く街まで逃げろ。
ワイバーンの群れがこの近くまで来ている。だから早く逃げろ。じゃあ、俺たちは行くからな!」
「分かった、情報ありがとう」

俺たちはワイバーンに気付かれないよう更なる慎重さで帰っていった。
「なぁ、これってもしかするとフラグなんじゃねぇの?」
「アキト、それを言ってはもう回収することになりますよ。」
「そうだぞ、アキト。そういうことは言うもんでもないぞ。」
「はいはい。」
「そうですよ。勇者であるアキトくんが言ったらそれは回収されますよ。」
「へいへい、わかりましたよ!!」

すると、シンが何かに反応した。
「後ろから何体かの反応がした。気を付けろ!!」

シンが言って直ぐにそれはやって来た。

「「「ギャアギャア!!」」」

上から声がして、見上げて見ると数体のワイバーンの群れがいた。

「はぁ、やっぱり回収されたか」

アキトは飽きれ気味でその言葉を言うと直ぐに俺たちは戦闘態勢に入った。



          

「勇者召喚に巻き込まれた俺はのんびりと生活したいがいろいろと巻き込まれていった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く