勇者召喚に巻き込まれた俺はのんびりと生活したいがいろいろと巻き込まれていった

ノベルバユーザー463383

第15話 戦闘開始!!

「「「「「ギャアギャア」」」」」
5匹のワイバーンが森に襲来した。

まだ俺たちには気づいてない様子だがそれは時間の問題であるだろう。

「どうする?リョウ。やるか?」
「そこはリーダーであるアキトに任せますよ。まぁ、私たちなら勝てるとは思いますけどね。」
「よし!じゃあ、やるか!リョウ、作戦を頼む。」
「はいはい。まず、私とシュウイチさんでワイバーンに奇襲をして、ワイバーンをこちらに誘き寄せます。そのあとはアキトとシンで首を狩ってください。それで残るは3匹となります。そこからはいつも通りに戦闘と一緒です。ですが、ワイバーンは空に居るのでそこは気を付けて下さい。」

「オッケーだぜ!!」
「了解だ。」
「分かりました。」
「では、始めます!!」


そうして、俺とリョウはワイバーンを撃ち落とす準備を始めた。
俺は自分が放てる最大のスキル、ツイントルネードアロー。リョウはトリプルサンダーの準備し、完了した。

「いきます!」
「了解!!3、2、1撃て!!」

そしてワイバーン5匹に二人の攻撃がヒットした。5匹のうち2匹は俺の矢で頭を撃ち落とし、残りの3匹は地面へと落ちた。

「エターナルスラッシュ!!」
「龍撃斬!」


落ちたワイバーンはアキトとシンに首を斬られて倒し、残るは1匹となった。

「よし、あとは楽勝だな。」
「そうですね、アキト一人で十分だと思うので任してもいいですか?」
「いいぜ!それじゃあ、行くわ!」

そうして、アキト一人でワイバーンを狩りにいった。
その他の3人はワイバーンを解体していた。

そして、アキトはワイバーンを倒してこちらに向かってきた。それもワイバーンを解体してだ。
こちらも丁度解体が終わって合流した。

「それじゃあ、帰ろうぜ」

そうして、俺たちは街へと帰って行った。

門に到着するとなにやら騒いでいた。

「どうしたんでしょ?」
「さぁな、聞いてみようぜ」

近くにいた衛兵の人に俺はきいてみた。

「なにかあったんですか?」
「それがなワイバーンの群れが出たらしくてな、それで討伐隊を編成してたのだ。お前らは森から来たのだな。なにか見てないか?」

「ああ、なるほどですね。そのワイバーンの群れなら倒しましたよ。では」
「おい!!まて!!倒しただ?隊長に話を通すから待ってくれ!!隊長っ!!」
「どうした?なにかあったか?」
「隊長。この人たちがワイバーンを倒したらしいのですがどうしましょう?」

そうきたのはなんとヴォルフだった。

「なんだ、お前たちか。お前らなら倒すかよな。それでそのワイバーンは?確認したいのだが?」
「それなら、ありますよ。待ってください、すぐに出します。もう解体も済ましてるので」

そうして俺はワイバーンを出した。
「これで大丈夫ですか?」
「ああ、これで大丈夫だ。ありがとうな。これで無駄なことをしなくて済むからな。これで終わりだからギルドに向かってくれや。おい、こいつらを門まで案内してくれ!それも優先していれてくれ!」
「はい!わかりました。こちらへどうぞ。」

そうして、俺たちは素早く街の中に入られた。
そのまま、ギルドへと向かっていった。








          

「勇者召喚に巻き込まれた俺はのんびりと生活したいがいろいろと巻き込まれていった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く