勇者召喚に巻き込まれた俺はのんびりと生活したいがいろいろと巻き込まれていった

ノベルバユーザー463383

第1話 巻き込まれて召喚されました

俺は冠城俊一カブラギシュンイチ、ごく普通の会社員28歳。

そんな俺は会社帰りのとき高校生とすれ違ったことで勇者召喚に巻き込まれた

召喚された場所ほオルスレッド王国。そして、召喚された俺たちの前には王と王妃。王子、姫に騎士団たちがいた。とてもきらびやかな雰囲気に圧倒された俺。この感じは俺は苦手なのである。

「よくぞ、来て下さいました勇者たちよ。ワシはオルスレッド王15世である。お主たちを呼んだの理由があっての、実は・・・」

王の話が長いので要約するとだな、最近魔物たちが活発化し世界各地で災害が起こっているらしくその原因を探ってほしいらしい。
これは大陸全土の問題で各国が話し合い勇者を召喚したのことだ。

なぜ、この国が召喚したかというとこの国にしか異世界転移の召喚陣がないらしいとのことだ。勇者たちのサポートとかは各国と連携はするとのことだ。

ちなみに魔王もいるが魔王は事件に絡んではいなく、むしろ今回のサポートをしてるらしい。 まぁ、そうそうフラグはないかそう思いたい

召喚されたのは大学生三人と俺の計四名で大学生たちは勇者・賢者・剣聖で俺は巻き込まれた商人となっている。
なんだよ、巻き込まれた商人って。そこは商人だろ、巻き込まれたは余計だっつうの!!
俺以外の人には商人としか知られていないらしい。

まぁ、俺はのんびりと商人でもやるさ。あとは勇者たちに任せよう。
だから、俺は王様たちに
「今回、俺は巻き込まれたし商人だから戦闘には向かないわけでその調査には足手まといにしかならないから断ってもいいですか?」

俺はそう言って、王様たちは皆が納得してくれた。
王様たちは無一文だと申し訳ないから1年分のお金をあげるとのことだ。

勇者たちは一緒に行こうと行ってくれるが俺はのんびりと暮らしたいから断った。
たまに会いに行くと言ってくれた、それはとても嬉しかったしなんて優しい子達なんだと思った。

そして俺はお金を貰い、門から町へと向かって歩いて行った。
そして思った、俺はこれからどうやって生活しようかと少し不安でしょうがなかった。

          

「勇者召喚に巻き込まれた俺はのんびりと生活したいがいろいろと巻き込まれていった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く