お久しぶりです。俺と偽装婚約してもらいます。~年下ワケあり生真面目弁護士と湯けむり婚前旅行~

天海うかぶ

6. 今日はこの人に婚約指輪を買いにきたので(2)

「それは駄目です。地味すぎます」
「私の好きなのでいいって言ったのに……」
「葉月さんの遠慮が見えるから駄目です」

 数分後、葉月と朔也はショーケースに向かいながら小声で言い争っていた。
「カモフラージュに使ったあとの指輪はあなたにあげます」と言われた葉月が怖じ気づき、指輪選びが難航しているからだ。

 ──こんな高そうなものもらえないよ! なるべく安くて、朔也くんも納得できるやつを……値札がついてないからわからないけど……。

 隣からは朔也のプレッシャーを、背後からは店員たちの嫉妬と好奇の視線を感じる。
 葉月は冷や汗をかきつつもショーケースの中を指差した。

「えっと、これはどうかな。宝石もついてるし」
「ついてますね。小さな遠慮の塊が一つ」
「だって朔也くん、高すぎるのは……それに、私にきらきらしたのは似合わないよ。可愛いとは思うけど」

 葉月の言葉に朔也が眉をひそめ、溜め息をつく。
 店員から離れて背中も向けているからか、朔也はすっかり元の無愛想な態度に戻っていた。

「いいですか葉月さん、想像してみてください。俺は有望な若手弁護士。まあそれなりに野心もあって、祖父の決めた許嫁とは言え、あなたを愛しています」
「えっ、きゅ、急になに?」
「いいから想像してください」
「う、うん……」
「そんな俺が、あなたに……大切な婚約者に、ケチな指輪を贈るでしょうか?」

 朔也が葉月に向き直り、尋ねてくる。
 偽装のためとは言え、あなたを愛しているだとか大切な婚約者だとか告げられ、葉月はつい頬が熱くなった。

「……贈らない、かな」
「そうです。演じるにあたって嘘っぽい行動は避けたい。それに……」

 朔也が優しく葉月の左手を取る。
 温かくて大きな朔也の手の感触に、胸がドキッとした。

「葉月さんの手は綺麗ですよ。だから、何だって似合う」

 視線が合い、さらに大きく心臓が脈打つ。

「朔也くん……」

 頬だけでなく顔全体が熱くなり、声が震えた。
 どうすればいいのかわからずもじもじしていると、朔也がぱっと葉月の手を離す。

「失礼しました。急に触ったりして」
「う、ううん。ありがとう、褒めてくれて。気を遣わせちゃったね」
「……いえ」

 朔也の手の感触を名残惜しく感じてしまって恥ずかしくなり、葉月はうつむいた。
 そのせいで、朔也の目が泳いでいるのに気づかない。

「これにしましょう」

 感情を抑えた低い声に顔を上げたら、朔也がそれまで見ていたのとは別のショーケースの中を指差していた。
 示された指輪を見た途端、葉月の胸がときめく。

「わぁ……綺麗……」
「本当は最初からこれがよさそうだと思ってたんです」

 その指輪は、ケース内の照明に照らされてひときわまばゆく光っていた。
 プラチナの台座にダイヤモンドがぐるりと敷き詰められた、エタニティリング。
 中央に大きめのダイヤが一粒ついていて豪華だが、全体的に細身のせいか清楚で可憐な印象もある。

 ──あれ? このデザイン、どこかで見たことが……。

「葉月さんも気に入ったなら試着してみましょうか」
「あ、う、うん」

 葉月は何かに気づきかけたが、朔也の声がそれを遮った。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品