あかいトカゲのゆめ

おくとりょう

カエルは歩く

「うぅん…つかれたぁ…」

そううと、ヤマトくんはだいならぬ、エイチになって、ベタっとたおれました。
4本よんほんあしあるくヒキガエルのからだになかなかれなくて、すこあるくだけで、ぐったりです。

「だらしないわねぇ…」

ガマがあきれて、ヤマトくんを見下みおろします。
彼女かのじょ2本足にほんあしれていないはずなのに、ピンピンしていました。

きたかたちがうのよ。
さぁ、立って。
今のあなたは大きくて、わたし茨男いばらおとこ背負せおってあげられないんだから、頑張がんばりなさい」

カンカンりのお日様ひさました
どこまでもつづ砂漠さばくに、ヤマトくんはうんざりしました。

「スマンな。
あれでも、ガマなりに責任せきにんかんじて、応援おうえんしてるんだべ」

苦笑にがわらいをかべた茨男いばらおとこが、耳許みみもとささやきました。

ヤマトくんはうなずいて、ふたたあるはじめます。




砂漠さばくあるすこまえの、井戸いどまえ

「さぁ、おわかれね…」

立派りっぱなヒキガエルの姿すがたになってしまったヤマトくんに、ガマは無邪気むじゃきな少年の姿すがた微笑ほほえみました。

姿すがたうばったままで、そううと、まだ我儘わがままとおそうとしてるみてぇだべな」

横で茨男いばらおとこが、くっくっとわらいをころしていました。

「もうえないの?」

「…ここはそんなに何度なんどるようなトコじゃねぇよ…」

あまりにさびしそうなヤマトくんに、すここまった様子ようすで、茨男いばらおとこあたまをポリポリ…。

「ここは、やりなおすチャンスをるための場所ばしょよ。
後悔こうかいする気持きもちがあれば、いつでもれるわ」

ツンっと、はなつガマに、ヤマトくんはニッコリ。

「…ありがと」

「さっさと、かえりなさい。
いまかえれば、ちゃんともと姿すがたもどはずよ」

「わかった!…またね!」

そううと、ヤマトくんはおもって、水溜みずたまりにみました。

「っ!!!
あいたっ!!…………アレ?」

…が、水溜みずたまりにガラスのふたでもしてあるかのように、えないなにかにぶつかり、ひっくりかえってしまいました。




「それにしても、どうしてもどれねぇんだ?」

らない!
ヤマトくんがやさしすぎるんじゃないの?
甘ちゃんなのよ…」

と、ガマはかたすくめます。

そして、
わたしかえ心配しんぱいなんてするからよ…」
と、ちいさくつぶやきました。


「じゃあ、べつ方法ほうほうさがすしかねぇな…
おらも一つってはいるが…」

茨男いばらおとこすこしぶかおをして、しぶります。

あし一本いっぽんらねぇいけねぇ…」

「…え?」

「…3本足さんぽんあしになってもらうんだべ…」

「あかいトカゲのゆめ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く