あかいトカゲのゆめ

おくとりょう

3本足の神様


「…あし1本いっぽんって、ヤマトには3本足さんぼんあしになってもらうんだべ…」

ヤマトくんは青褪あおざめ、ガマは大笑おおわらい。
茨男いばらおとこ咳払せきばらいして、はなしつづけます。

「コッチにるとき、トカゲにまれたろ?

あれでおめえさんのなか神様かみさまがいなくなっただべ。
神様かみさまはココされねぇからな。

もし神様かみさまになりゃあ、この世界から追い出される。
そして、3本足さんぼんあしのカエルは神様かみさまだ。
つまり、あの井戸いどまえで、あしりゃあ」

「まぁまぁ!
むずかしいはなしいといて、かえれるんでしょ?
よかったじゃない!」

と、わらいをこらえきれなくなったガマがさえぎっていました。

「それにしても、あなたがあしるなんて、ちゃんちゃらおかしいわよね?ヤマトくん?」

ガマはニヤニヤと、ヤマトくんのかおのぞみます。

「あんなにトカゲのしっぽりをたがったあなた自身じしんが、あしるなんてね!ふふふ。

まぁ、『ぬわけじゃない』から平気へいきよね?」

ヤマトくんは、うしろめたくて、ずかしくて、キュウっとちぢこまりました。

すると、

ゴツンっ!

「イタっ!」

とうとう茨男いばらおとこが、ガマに拳骨げんこつとしました。

「ヤマトのあがないはんだってったべ。
おめぇはいい加減にしろ。
わりな悪いな、ヤマト。
コイツも悪気わるぎは………あっあるけど、勘弁かんべんな」

いたーいっ!なによ?!えらそうに!
いっつもったらかしだったくせに、なに
保護者面ほごしゃづらでもするつもり?!」

あたまさすりながら、にらみつけるガマに、茨男いばらおとこはポツポツとかえします。

「…おらは、意地悪いじわる欲張よくばりなおめぇがでぇきれぇ大嫌いだ。
でも、さっきのおめぇの言葉ことばいて、っぽっとくのは、めようとおもった…。
おめぇもこの世界せかい一員いちいんだからな…」

「…なによ、今更いまさら…」

ガマはちいさいこえで、るようにつぶやきました。

「それで、ヤマト。
いてえけど、我慢がまんできるか?
って、うへ?!どうした?」

ふとると、ヤマトくんはあせ…ではなくて、どくしるでびっしょり…。
どくといっても、分泌液ぶんぴつえきです。

「ごめん、あしるのがこわくて、しるちゃった…。
ほら、いまぼくからだはヒキガエルだから…」

苦笑にがわらいしてつぶやかれからだは、ブルブルブルブルふるえています。

そんなかれかねてか、ガマがくちひらきました。

ほかにはもう方法ほうほうはないの?」

さっきまで、クスクスわらっていたとはおもえない、かわいたこえでした。

「おらはらねえ。
…ただ、もしるんなら、べつかげのトコにかねぇとなんねぇ。
もしかしたら、そいつはほか方法ほうほうってるかもしんねぇ」

「じゃあ、そこへすすみながら、かんがえましょう。
あしるか、このままヒキガエルとしてここでらすか、それともべつみちがあるのか」

そううと、ガマはハンカチをヤマトくんにしました。
ポケットにはいっていたヤマトくんのハンカチです。
ヤマトくんは、かおをゴシゴシこすって、がりました。

「…そのかげ何処どこにいるの?」

「あかいトカゲのゆめ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

  • みづあり

    別の影って!??
    ヤマトくんは帰られるんでしょうか?
    ガマさんは?
    続き楽しみにしてますね!

    1
  • まあちゃん

    ガマさんの心の背景が、漸く見えてきましたね。ヤマトくんのハンカチを差し出す辺り!憎めない奴です!!

    3
コメントを書く