あかいトカゲのゆめ

おくとりょう

あとしまつ

星灯ほしあかりのした、ヤマトくんのにぎり、茨男いばらおとこはぽつぽつとあゆみをすすめます。

「ここは…一体いったいどこなの?」
ヤマトくんはずっとになっていたことをたずねました。

「…つみおかしたひとがそのあがないのためにとされるところだべ」

すこ躊躇ためらってから、茨男いばらおとこくちひらきました。

「ツミヲオカシタ?」

だれかに意地悪いじわるをしたり、いや気持きもちにさせたりすること…」

ぼくは!意地悪いじわるなんて…して…な…ぃ………っ」

ってかかるように否定ひていしたヤマトくんでしたが、ふとなにかをおもしたように、尻窄しりすぼまりにこえのトーンもがっていき、うつむいて、そのままだまりこんでしました。

すると、茨男いばらおとこそばいわ腰掛こしかけ、ゆっくり自分じぶんのことをかたはじめました。

「おらも、むかしはニンゲンだったんだ。

でも…約束やくそくやぶって、ここにとされたんだべ」

約束やくそく?」

ヤマトくんは、そぉっとかおげて、たずねます。

「んーだ…約束やくそくっていうか、まりだな。
おらのんでたところではな、おやすみのには仕事しごとをしちゃいけねぇまりだったんだ」

「…ふーん、いいじゃん。
かあさんはもっとお仕事しごとをおやすみしたいって、よくってるよ!」

クスリとわらって、茨男いばらおとこつづけます。

「そうだな。
でも、おらはおやすみをせずに、はたらつづけた。
やすみの神様かみさまにおいのりすることになってたのに…。
そのまりをまもらなかった。
おらの勝手かってだー!とおもってな…。

そして、あるとうとうここにおくられちまった…。
“そんなに仕事しごときなら、永遠えいえんはたらいていればい”ってってよ…」

「でも…それでも…」

納得なっとくのいかないヤマトくんに、かれおだやかにうなずきます。

「そう。
でも、おらが自分勝手じぶんかってをしたことは、つみだべ。
一人ひとりきてるわけでねぇんだから、もっとまわりのことをかんがえねば、いけなかったんだ…」

そこまでうと、茨男いばらおとここしをあげ、ふたたあるはじめます。
ヤマトくんは茨男いばらおとこり、じぃっとかんがえていました。

そして…

「…あのね…
ぼくいやなことしちゃった…。カナヘビに…」


すると、茨男いばらおとこはヤマトくんをじぃっとつめてから、うなずいて、やさしくこういました。

「…そうかい。
もうあがないはわりだから、きっとおうちかえれるべ。
井戸いどもすぐそこだ」

そういて、あかくなったこすりながら、かおげたそのとき…

「あら、はやかったのね、おかえりなさい。
それじゃあ、今度こんどわたしとの約束やくそくたしてもらいましょうか」

しわがれていても、どこか気品きひんただよ女性じょせいこえ

もうすぐ、よるけます。

「あかいトカゲのゆめ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

  • シマちゃん

    ヤマトくんなら この状況も乗り越えられるよ‼️考えてみて
    このまま終わるの?

    ドキドキしながら読み進められました。読み終わったとき応援したくなって もう少し続くといいなと思いました❤️

    6
  • シマちゃん

    茨男さん ありがとう
    ヤマトくん、頑張って!応援してる

    5
コメントを書く