あかいトカゲのゆめ

おくとりょう

ウサギは何羽?

(お腹減なかへったぁ…)

ウサギたちこえないように、ヤマトくんはこころなかつぶやきました。

くらそらした

うたったり、じゃれついてくるウサギにかこまれてヤマトくんはすすみます。
カエルとちがい、ウサギたちしゃべってはくれませんが、言葉ことばつうじるようで、一緒いっしょてくれました。

♪びよよよ〜ん♪びよよよ〜ん♪

井戸いどはもうそろそろちかくのハズ…。
星明ほしあかり以外いがいあかりはいけれど、かなりさきまで見透みとおせます。

ここにてから、どのくらいったのでしょう。

トカゲにまれて、ふかあなちて、かげ茨男いばらおとこって、カエルにいかけられて……。
ヤマトくんはすごすご時間じかんったようにおもうのに、まだまだよるけません。

それに、いつもならもうとっくにている時間じかんなのに、ちっともねむくありません。

それよりも…

      「お腹減ったぁ…」

なかすごくペコペコで、うっかりこえしてしまいました。
ヤマトくんはハッとして、ウサギたちほうますが、どうやらづいていません。

しかし、

 ぐぅ〜〜…

やっぱりおなか我慢がまん限界げんかいだったようです。

ちがう!ちがう!大丈夫だいじょうぶだから!!」

ヤマトくんは大慌おおあわてで、ウサギたちわけしました。
というのも、ウサギたちがバーベキューをする準備じゅんびはじめたからです。

しかも、自分達じぶんたちのウサギのおにくで…。




ウサギたちバーベキューをはじめるのと、ヤマトくんがそれをめるのは、もう3回目でした。

どうしてウサギたちが、いのちを、自分じぶん犠牲ぎせい他人たにんなにかをしようとするのか、さっぱりかりません。

(しっぽがえてくるトカゲだって、本当ほんとうるのがいやはずなのに…)

ヤマトくんは、ハッとしました。

「そうだよ…。
いやまってるよね…」

きゅうまったので、すぐうしろをねていたウサギはまれずに、ヤマトくんの背中せなかにぶつかってしまいました。
そして、そのままいきおいよくかえって、ぴょーんとんでってしまいました。

「あ!ごめんねー!」

あわてて、いかけましたが、ウサギはコロコロ、コロコロころがって…
いついたときには、れからかなりはなれてしまっていました。

すこ不安ふあんになったヤマトくん。
ウサギをめて、くしていると、またうしろからおおきなかげが…。
こわくなって、ヤマトくんはもうけません。
じぃ…っとかたまっていると…。


「ハァ…。
やっとこさ、つけたべ。
もう迷子まいごにならんように、つないでくれんか」

「あかいトカゲのゆめ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

  • シマちゃん

    ドキドキ

    5
コメントを書く