絶対孤独

せだ きるや

21 快楽

デンシャトホームノアイダガアイテオリマスノデアシモトニゴチュウイクダサイ
オコサマニハトクニゴチュウイクダサイ
カケコミジョウシャハキケンデスカラオヤメクダサイ

キカイに導かれ、ボクは何処へ行く
一片の迷いもなく整然と蠢く混沌に身を任せ

アサヒルヨルアサヒルヨルアサヒルヨル

擦り切れていく記憶の断片が
汚濁にまみれて抜け落ちていく

イラッシャイマセ
マイドアリガトウゴザイマシタ

キカイに刺激され、ボクは何を手に入れる
一片の苦悩もなく移りげな流行りを身に纏い

アサヒルヨルアサヒルヨルアサヒルヨル

飽和していく心の器に
束の間、満たされ飽きていく

どうせ、世界は朽ちていくだけ
腐臭漂う街を背に
ボクの瞳は快楽のみを追う

どうせ、あなたは堕ちていくだけ
寂しげな横顔から目を背け
ボクの体は快楽だけを追う

「絶対孤独」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く