話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~

西雲ササメ

「どんな出会いでも好きになってた」4

◇◇◇◇◇◇◇◇


総務部。


「ちょっと細川さんっ!  なんでそんな美人なのに顔隠してたの!?」

「すみません……」

「ていうか!  営業部の高杉課長と付き合ってるんでしょ!? 」

「は、はい……」


案の定、始業時間直前まで女性社員に詰め寄られ、デスクに埋もれていた雪乃。

皆子が「みんな一気に聞きすぎだよ」とたしなめるが、雪乃は丁寧に相槌をうつ。

ギャラリーは始業直前になんとか捌けた。その代わり、今まで寄ってこなかった岩瀬が雪乃のデスクへとやってくる。


「岩瀬さん?」


岩瀬は真顔のまま、「あとでふたりで話せますか」とポツリと告げた。

雪乃は驚いたが、晴久の恋人だと知られ、彼女と一度きちんと話をすべきと考えていたタイミングだったため、ちょうどよかった。


「じゃあ、お昼に」


うなずくと岩瀬は納得し、席へ戻っていく。それを見送りながら、雪乃は修羅場を覚悟した。


◇◇◇◇◇◇◇◇


昼休憩。
晴久の歩みは力強く、軽やかに、昼食のためフリースペースへと向かった。

午前の仕事にいつも以上に気合いが入り、プレゼンや営業指導は納得のいくパフォーマンスを発揮した。

彼の心の片隅には、ずっと、先ほど素顔で微笑んでいた雪乃がいて、まるで彼女の存在が勝利の女神のように心強かった。

流出した写真を目にした者にはもれなく雪乃と恋人同士だと知られてしまう。
しかしもう彼女が隣にいてくれるから、顔を隠すことも、朝からカフェに寄ることもしなくていい。

何にも怯えず、素性を明かしていいのだと思うと、今までの憑き物が落ちたかのように晴久の心は軽くなった。


(雪乃が勇気を出してくれて、よかった)


自分たちの生活を取り戻せる。
雪乃とふたりでこれから本当の恋愛ができるのだ。


(……ん?)


いつもは人のいないフリースペースに、今日は先客がいた。

気にせず入ろうとしたが、漏れてくる声から、中にいるのが雪乃と岩瀬だと分かった晴久は、咄嗟にドアの前で足を止めた。

岩瀬に呼び出された雪乃は、フリースペースのど真ん中で彼女と対峙している。


「私、高杉課長に告白しました。すぐ連絡が来て、フラれましたけど。細川先輩ひどいです。知っててなにも教えてくれなかったんですね」


綺麗な顔をぐすぐすと崩して泣いている岩瀬を前に、雪乃は困惑していた。

後輩、しかも新入社員に恋愛沙汰でこうも責め立てられては、どう対処していいのか分からない。


「ごめんなさい。岩瀬さんが告白したときは、恋人ではなかったんです」


正直に状況を伝えてはみたものの、雪乃は素顔を隠すとともに、その後も関係を隠していたのは事実。
岩瀬をフォローせず放置していたことに違いはなかった。

それを自覚している雪乃は、彼女の文句は甘んじて受けようと覚悟していた。


「……どうして付き合うことになったんですか。私はダメだったのに、高杉課長はその後すぐ先輩と付き合ったんですよね。どうして私は選ばれなくて、細川さんが選ばれたんでしょうか」


難しい質問をされ、雪乃は息を飲む。
そもそも雪乃も、答えを知らなかった。

外で聞いている晴久は悩ましくうつむいている雪乃の代わりに自分が答えてあげたいくらいだったが、雪乃と部下の問題が絡んでいる状態で出ていくべきではないと判断し、彼女を見守っていた。

雪乃は首を傾げながらも自分なりの答えを見つけ、ポツリと答える。


「タイミングだったと思います」

「……タイミング?」


岩瀬は眉を寄せた。雪乃は続ける。


「私は口下手ですし、面白くもないですし、一緒にいて誰かを楽しませることは苦手です。でも本当に運がよく、高杉課長と巡り会えました」

「どうやって、ですか?」

「会社以外の場所で出会いました。少し運命的だったと思います。どうやって出会ったのかは、秘密にさせてもらいたいんですが……」

「そう言われると聞きたくなっちゃうんですけど」


雪乃は少し考え、やはりできないと首を振る。


「秘密です。本当に運命的だったので。そのときの相手が私ではなくて岩瀬さんだったとしたら、岩瀬さんが恋人になっていたと思います」


外で聞いている晴久は、じっと耐えていた。

雪乃は本心を告げたつもりだったが、それは岩瀬を納得させはしなかった。
代わりに彼女は「細川さん、全然分かってない!」と頬を膨らませ、さらに雪乃に詰め寄っていく。


「岩瀬さん?」


雪乃は彼女の勢いに押され、一歩後退りをした。


「タイミングって、そんなわけないじゃないですか!  細川さんだから選ばれたんです!」

「……え?」


岩瀬は腕を組み、「ハァーッ」と大きなため息をつく。


「細川さんって、自己評価低すぎですよね!  仕事もできるし、優しいし、フォローしてくるし。総務部に入ったときから細川さんみたいになりたいって思ってたんですから!  だいたい、眼鏡とマスクをしてても美人だって分かりますよね。ほかの先輩方が知らなかったなんて呆れました」

「岩瀬さん……」

「でも最近、私が課長に告白したのを知ってからすごく余所余所しいですよね!  あれやめてくれませんか!  私、細川さんに距離を置かれたくありません!」


雪乃は晴久に告白されたときと同じくらいに顔が熱くなり、「えっえっ」と慌て出す。

終始睨み付けてくる生意気な岩瀬だが、それ以上に懇願する目を向け、気難しい猫のように拗ねていた。

雪乃は後輩の意外すぎる本音に思わずキュンとする。


「……ごめんなさい。後ろめたい気持ちがあってあまり話せなくなってしまって。これからはたくさん話しましょう。ね。岩瀬さん」

「……ううぅ、お願いします」


相変わらずグスグスとベソをかいている岩瀬がかわいくなり、ショートカットの髪をポンポンと撫でた。   


「【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く