話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~

西雲ササメ

「ここで抱かせて」2


皆子は雪乃の手を引っ張り、誰もいないフリールームへと駆け込んだ。

長テーブルと椅子がずらりと並ぶ広いスペースは使わず、彼女はそそくさと入り口近くのコーナーへ雪乃を追いやる。


「ハァ、ハァ」


よほど慌てていたのか息を切らし、珍しく深刻な表情の皆子が心配になった。


「皆子さん、どうしたんですか?」


困惑しながら尋ねる雪乃に、皆子は汗だくで「待ってね、今見せるから」とバッグに手を入れてかき回す。ブランドのチャームがついたスマホを鷲掴みにし、数回タップした。
彼女はその画面を思い切り雪乃の目の前へと突きつける。


「これ!」


ピントが合うまで数秒かかるも、その画面に映し出されているものを目にした途端、雪乃の顔色は青く変わっていく。


「えっ……」

「これ、雪乃ちゃんだよね?  高杉課長と腕組んでるの」


画面にフルサイズで出されていたのは、青いイルミネーションの中で腕を組んで見つめ合う雪乃の晴久のツーショット。

お互い以外は目には入っていない無防備なふたりの、土曜のデートのひとコマだった。


「……皆子さん、どうしてこれ……」


震える声で尋ねた雪乃を遮り、皆子は食い気味に詰め寄る。


「雪乃ちゃん、高杉課長と付き合ってたの!?」


質問に質問を返され、ビクンと肩が揺れた。


(どうしようっ……)


全く冷静ではない頭をフルに回転させる。秘密主義の晴久の許可を得ず、付き合っていることを公言するわけにはいかない。

それは真っ先に思い付いたが、素顔を知っている皆子をやり過ごす方法が思い付かず、言葉を詰まらせた。


「ねえ雪乃ちゃん、どうなの!?」


しかしこれ以上、誤魔化すことはできない。そう判断した雪乃は肩をすぼめ、マスクの中でボソボソと話しだした。


「はい、付き合ってます……」

「マジ!?  は!?  なんで!?」

「で、でも皆子さんが課長のお話をしていたときは本当に知らなかったんです。先週知り合って、すぐにお付き合いすることになったので……」


言葉にしてみると彼との関係がいかにスピーディーだったかを思い知り、自分でもどう説明していいか分からない。


「じゃあこの間言ってた好きな人って、高杉課長のことだったの!?」

「はい……すみません」


謝罪の必要はないはずだが、雪乃はひたすら縮こまった。

まだ理解できない、といった顔をしている皆子だが、まるで雪乃をいじめている気分になり、とりあえずそれ以上の問い詰めは保留した。


「分かった。写真のとおり、本当に付き合ってるってことね」


皆子はため息をつき、スマホを引っ込める。なにも話してくれなかった雪乃にむくれつつ、しかしこれを話すとなれば相当な覚悟が必要だろうと心情は理解できた。


「でも大変よ。この写真、女性社員の間で出回ってるんだから」

「……え?」


皆子はさらに携帯画面をいじり、混乱する雪乃にもう一度、今度は別の画面を見せた。
この写真が皆子のもとへ回ってきたときのメッセージ画面である。


【広報部の子から回ってきたよ!  土曜日、デート中の高杉課長を発見だって!  ていうか彼女もめちゃくちゃ美人!  誰なんだろ!?】


メッセージを読んだ雪乃は、再びサッと血の気が引いていく。


「私は雪乃ちゃんだって分かったけど、ほかは誰も気付いてないと思う。もちろん誰にも言ってないよ。ていうか、言わない方がいい。嫉妬されて大変なことになるから」


皆子は人差し指を立ててアドバイスをしたが、当の雪乃には響いていない。

今の彼女にとって、自分に対する嫉妬など問題ではなかった。

それよりも社内の女性にプライベートを知られることを極端に避けている晴久にとって、メッセージが出回っている今の状況の方が最低最悪の事態だと言える。

晴久に迷惑をかけている、雪乃はそれだけで頭がいっぱいだった。


「皆子さん……これって、どこまで広まっているんですか……?」


スマホごと皆子の手を握ってすがりつく。そんな思い詰めた雪乃の様子に皆子もギョッとした。


「広報部と総務部の若手にはほとんど回ってると思う。繋がってる人が多いし」

「そんな……」


青い顔がさらに白くなり、唇はカタカタと震え出す。

皆子は「大丈夫だよ」と慰めるものの、別のところにある雪乃の不安が払拭されることはない。


「雪乃ちゃん?」

「……皆子さん。この写真を回している人がいたら、止めておいてもらえませんか。噂になっていることを晴久さんが知ったら、お付き合いを続けられなくなるかも……」

「えっ」


皆子は雪乃が〝晴久さん〟と言ったことに度肝を抜かれると同時に、自分たちギャラリーのせいでふたりの関係が終わるほどの大事になってしまうのかと我が身を振り返り反省した。

依然として顔色の悪さが心配になり、崩れ落ちそうな雪乃の肩に手を置き、ポンポンと動かして慰める。


「分かった、止めとく。でも大丈夫だと思うよ、誰も高杉課長に直接聞ける勇気はないから。女だけの内輪で終わるんじゃないかな」

「そうでしょうか……」

「そうだって!  それより、あとでちゃんと馴れ初め聞かせてよね!」


雪乃は正直それどころではないが、明るく振る舞う皆子に合わせ、げっそりとした笑顔でうなずいた。


「【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く