話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~

西雲ササメ

「興味があるのはキミだけだから」4

◇◇◇◇◇◇◇◇


その夜、十時。

雪乃は黄色いパジャマに着替えて脱衣所を出ると、ソファで待つ晴久のもとへ戻った。


「高杉さん。お風呂あがりました」

「あ、はい」


ホカホカと湯上がりの雪乃はすっかり落ち着き、晴久の隣へ座る。

ふたりはここへ来る前に雪乃の家に寄り、泊まりに必要な荷物を持ってきてから晴久の家へ、昨夜とまったく同じ手順をとった。

雪乃が先にシャワーを浴びたのも、昨夜のとおり。

しかし、晴久は昨夜よりも余裕を隠せずにいた。
同じ会社であることも判明し、お互いにもう隠し事はなにもない。自分のトラウマすらもさらけ出し、彼女とのわだかまりが無くなった。

新たな関係へとステップアップしたことで、彼女が昨日より、さらに魅力的に見える。

そんな彼女と今夜も一緒に眠るのだ。


「俺も入ってきます」

 「はい」


シャワーを浴びると、少しだけ冷静になった。

まだ付き合っていないのに手を出すような真似は硬派な晴久には決心がつかず、かといってこの状況で付き合いを申し出て下心だと思われるのは心外である。

何より、雪乃はついさっきトラウマを呼び起こすような怖い目に遇ったばかりであり、そんな彼女につけ入るようなやり方はしたくなかった。


雪乃とともにベッドに入り、サイドランプを点けた。

今夜は腕枕ができる距離まで近づき、晴久は彼女の手を握る。


「……高杉さん?」

「今日、怖い思いをしましたね。大丈夫でしたか」


小山から聞いた、雪乃が襲われたという経験について、彼女の口からは聞いていない。晴久はあえて触れることはしなかった。
雪乃が口に出すことすら嫌なほどに忘れたい出来事なのだろうと思ったからだ。

その代わり、晴久は彼女がまたひとりきりで耐えることのないように、今夜は傷を癒すための優しい言葉をかけてあげたかった。


「高杉さんが来てくれたから、大丈夫です」

「……それは、よかった」


溶けるような笑顔を向けてくる彼女への欲望をぐっと堪える。


「細川さんが無事で俺もよかったです」


さあ、もう寝ようと自然に彼女に背を向けた。


「……あの。高杉さん」


しかし雪乃は話を止めず、晴久は自分の理性が不安になってくる。


「私に敬語を使わなくてもいいんですよ。なんだか上司と部下って感じがして寂しいです。もちろん私は部下ですけど……出会ったのは、会社じゃないですから」

「え……?  いや、それは……」


突拍子のない提案に、またゴロンと彼女へ体を戻す。


「呼び方も〝細川さん〟より、〝雪乃〟の方が嬉しいです」


なにを言い出すのかとギョッとした晴久だが、雪乃はあくまで真剣な表情だった。


(……もしかして)


やがて晴久は彼女が自分を〝女性社員〟だと意識しないように気遣ってくれているのだと気付いた。予想外のかわいさに感動さえわいてくる。


(なんていい子なんだ)


彼女に対する好奇心が止まらず、さっそく善意にあやかってみる。


「本当に?  雪乃って呼んでいいの?」

「……は、はい。呼んで、ください」


実際に口にされると今度は言い出しっぺの雪乃の方が照れており、掛け布団に口もとを埋めて隠れた。
そんな彼女がたまらなくかわいくて、晴久の声はどんどん甘くなる。


「じゃあ、雪乃」

「は、はい……」


すぐにでも彼女を抱きしめたかったが、このじりじりとした胸の焼けつく距離感もたまらなかった。
無理強いをせず、ゆっくりと雪乃の反応を見たくなる。


「もう電気は買わなくていい。これからは待ち合わせて、ここに泊まってくれ。荷物もここに置きっぱなしにして」

「高杉さん、そんな、さすがにご迷惑では……」

「いいんだ。もうひとりにしたくない。今日みたいに危険な目にあっていないかと思うと、気が気じゃないんだ」


心配もしているが、一緒にいたいのだ。彼女と関係を進めたい。恋愛をしたい。
晴久はしっかりと自覚した。

お酒を飲んだようにポーッと赤くなっている雪乃は、晴久の甘い言葉に夢見心地となっていく。
その気分はやがて、徐々に眠気へと変わっていった。

晴久もそれは分かっていたが、このまま彼女に甘く囁き続けて溶けるように眠ってしまったとしても、それでよかった。


「高杉さん……」

「分かった?  明日も一緒に帰って、うちにおいで」

「はい……」


言質を取ったところで、さらに彼女の耳に唇を寄せ、低い声で囁く。


「それと、勘違いしないでほしい。確かに社内で手紙を受け取ったのは事実だけど、俺が興味があるのは、キミだけだから」


その言葉が聞こえたかどうかのギリギリのタイミングで、雪乃は熱を持った色っぽい顔のまま眠りに落ちていく。


(……かわいい)


晴久は雪乃に欲情した気持ちを気合いで飲み込み、自分を奮い立たせて我慢した。

おそらく次は耐えられずに奪ってしまうだろう。そんな予感に浸りながら、しばらく彼女の寝顔を見つめていた。


「【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く