話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~

西雲ササメ

「連絡を取るのは控えましょう」2


雪乃はいつもより三十分遅い電車を降り、定刻に余裕を持ってオフィスへ向かった。

まだ今朝の夢うつつな感覚が切り替えられずにいるが、晴久の連絡先の入った携帯の画面を見ると、心が弾む。

仕事で事務的な連絡をする以外にはほとんど男性の連絡先は持っていなかった雪乃にとって、これは特別なものだった。


(……あ)


オフィスへ行く途中、いつも晴久が寄るカフェを通りかかった。

彼の定刻も八時半だというのなら、もしかしたらまだいるかもしれない。そんな雪乃の期待通り、外から横目で観察するとガラス張りの店内に晴久がいた。

たった今、席を立とうとしている。

雪乃は彼から見えない距離を保ちつつ、歩く速度を落とした。

ストーカーまがいの行為ではないかと不安になるものの、もう一度話すチャンスがこんなにも早く巡ってきたことにうれしさを隠せなかった。

マスクをずらしてコーヒーを飲み終えた晴久は、店内のゴミ箱にプラスチックごみを片付けると、カフェを出るほんの直前、ごく自然な動作で眼鏡とマスクを外す。

それを歩きながら鞄の中に仕舞い、素顔のビジネスマンになった彼は歩く速度を速めてカフェを離れた。

雪乃は彼のスピーディーな変身に「おおっ」と心の中で感心する。

晴久が素顔を晒した途端、周囲を歩いていた女性達はちらちらと彼を見始めた。中には回り込んで顔を盗み見て歩く女性も。

晴久が嫌がっていたのはこれか、と同情しながらも、これでは自分も同じことをしているだけだと思うと恥ずかしくなり、雪乃は彼を目で追うのはやめた。

引き続き晴久の後ろを歩く形となっているが、話しかけることはせず、大人しくこのまま会社へ行こうと決めた雪乃。

しかし、晴久は自分の行き先と同じルートばかりを進んでいく。


(あれ?  もしかして……)


疑いを持ち始めたその予感は的中し、晴久は雪乃と同じ目的地、毎日通うこのオフィスへと入っていったのだった。


「高杉課長、おはようございます!」


晴久がオフィスへ入った瞬間、始業準備を始めている受付嬢を筆頭に、すれ違う人々は憧れの眼差しを向けながら彼に挨拶をする。

数メートル後ろにいる雪乃はそれを体感するかのごとく目の当たりにした。

晴久がこの会社の課長。雪乃の頭は混乱したが、事実は単純なことだった。


「あ!  おはよう雪乃ちゃん!  今日はいつもより遅いんだねぇ」


さらに皆子が後ろからやってきて、雪乃の肩を叩く。

皆子を振り返って「おはようございます」と挨拶を返した後、視線を前に戻す。

すると、驚いた顔でこちらを見ている晴久がいた。


(あっ……)


雪乃は思わず凍りついたが、苦笑いで会釈をする。
どうしてキミがここに、晴久の顔にはそう書いてあるようだった。

晴久が雪乃になにか言う前に彼は同僚の男に「高杉さん」と呼び止められて応対したため、ここでふたりが話すことはなく過ぎていく。

雪乃は皆子とともにエレベーターに乗り、総務部のフロアへ。中の人が徐々に降りて減っていき、皆子とふたりきりになった途端、彼女は興奮気味に口を開いた。


「雪乃ちゃん見た?  さっきうちらの前にいた人。あれが営業部の課長だよ」

「……高杉さん?」

「そうそう。高杉課長!  いつも話してるでしょ、超イケメンのデキ男って。朝から見られるなんて今日はついてるよ。実物は本当にイケメンだよねぇ。モデルみたい」


雪乃もウンウンとうなずいた。

今まではまったく興味が持てなかったのに、噂の課長があの晴久だと分かると一気に魅力的に見え、女性社員が騒ぐ気持ちが分かった。


フロアに到着すると、雪乃はスマホ画面とにらめっこを始める。

先ほど晴久と会社が同じであると判明して雪乃自身も驚いているが、会社の中でいきなり雪乃を目にした晴久の方が驚いているだろうと思い、ここで彼に連絡を入れた方がいいのではと考えたのだ。

初めて連絡をするきっかけにできる。するなら始業前にメッセージを送りたい。

メッセージは冒頭の【細川です】からなかなか先へ進まず、五文字ほど続きを作っては消してを繰り返した結果、当たり障りのない挨拶のみの文章が完成した。


【細川です。先ほどはビックリしてご挨拶できず、すみませんでした。同じ会社だったんですね】


思いきって送信した。

昼にでも返事が来たら嬉しい、そう思っていたが、晴久からの返事はすぐに来た。


【そのようですね】

(あれ?  なんだかそっけない……?)


胸騒ぎがしたが、もしかしたら文面ではこういう人なのかもしれない、と勝手に納得する。帰るときに手を握ってくれた晴久を思い出し、あきらめずに新たな文面を作った。


【お仕事終わりでもいいので、是非今度、昨日のお礼がしたいです】


昨夜から勇気を出すことに慣れたのか、雪乃は躊躇なくそう送った。なんなら今夜でもいい。顔が熱くなるのを堪えながら返事を待った。

始業時間ギリギリにメッセージは返ってきた。

雪乃はそれを読んで凍りつく。


【昨日のことは気にしないで下さい。申し訳ないですがやはり連絡を取るのは控えましょう。会社内でも挨拶程度にしてもらえますか。いつでも呼んでいいと言いましたが、仕事が忙しいので難しいです。すみません】


「【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く