話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~

西雲ササメ

「俺の家に来ませんか」5

晴久は雪乃に希望を確認し、電気は消し、サイドランプのみを点けた。


「暗くないですか」

「はい。ありがとうございます」


オレンジの光にぼんやりと包まれながら、ふたりで探り探り、ベッドへと入る。
肌触りのよい綿毛布にくるまり、布団の中にはふたり分の熱がこもった。

想像していたよりもお互いの距離が近い。

かといって背を向けるのは失礼だと思った雪乃は、ひたすらに天井に向かって目を閉じる。晴久も、ランプの光に浮かぶ彼女を見てはいけないと必死に目を逸らしていた。

こんなことではいつまで経っても眠れる気がしない。
ついに晴久は思い切って、彼女に体を向けてみる。


「細川さん。ひとつ聞きたいんですが」

「はいっ」


晴久の声に応えて顔を真横にかたむけると、体ごとこちらを向いている彼を目の当たりにし、雪乃はまたみるみる赤くなった。


「男が苦手なのに、俺のことは大丈夫だと言っていたのはどうしてですか」


晴久は核心を突いた。彼女は男性が苦手だと訴えながら、なぜほとんど初対面である自分には警戒心がないのか。

雪乃もまた、核心を突かれてしまったと動揺し、硬直する。
しかし正直な彼女は誤魔化す選択はできず、頬に手を当てながらベッドの中に潜り、答えをつぶやいた。


「……いつも電車で高杉さんのことを見ていたんです。素敵だなって思って」

(えっ)


いきなりの告白にグッと胸を打たれた晴久だが、同時に頭にはたくさんのハテナマークが浮かんできた。素顔を明かしていないのに、好意を持たれる覚えがない。

本気で不思議に思い、彼女にさらに迫って尋ねた。


「それはどのへんが……?  俺は電車では顔を隠していますし、基本的に誰とも関わらず無愛想にしていたと思うのですが」

「そんなことないです。いつも席を譲っているのを見て、優しい方なんだなって」 


これには晴久も、少年のように頬を赤らめた。


「……見られていたとは……」

「ふふふ、気付いちゃいました。だから、素敵だなって思っていたんです」


これは恋愛としての〝素敵〟とは違うかもしれない、と思いとどまった晴久だが、雪乃に褒められ素直にうれしくなった。

どこへ行っても顔ばかり褒められてきた今までの環境と比較して、素顔を隠しても自分を見てくれていた彼女が特別に思えてくる。


「……細川さん……」


実際に見えている部分だけではなく、雪乃の全てが魅力的に感じられた。そんな女性と一緒のベッドに入っているというこの状況は、チャンス以外の何物でもない。


(布団の中で手を握ってしまおうか)


晴久がそんな欲望にかられていたとき、雪乃は「だから」と言葉を続けた。


「高杉さんが声をかけてくれたのも、家に誘ってくれたのも、全部優しさだって知っていました。他の男性みたいに下心がないって分かっていたので、安心できたんです」


晴久は毛布の中で伸ばしかけていた手をサッと戻した。無垢な笑顔を向けてくる雪乃に「なるほど」と小さく相づちを打ち、体の向きも正す。


(危なかった)


早計だった欲望を抑え、冷静になった。ここで下心を出したら、あまりにも台無しだ。

それでも彼女を魅力的に感じている事実は消せず、再度少しだけ横目で盗み見る。


「……細川さん?」


かすかな寝息が聞こえている。
すでに目を閉じて眠っていた雪乃に晴久は拍子抜けしたが、その澄んだ寝顔に心は和らいだ。

色々あったのだから寝かせてあげよう。そう思って彼女の首まで掛け布団を引き上げ、愛しさをこめて「おやすみ」とつぶやいた。



「【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く