話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~

西雲ササメ

「俺の家に来ませんか」4


脱衣所の扉を背にして後ろ手で閉め切ると、晴久は塞がらない口を右手で覆った。

今まで一緒にいた雪乃とは、まるで別人。

大きな瞳に、小さな唇、虫も殺さぬような清廉な彼女の顔立ちは、どんな男性でも好む造形で整っていた。

それだけではない。黒づくめのオーバーサイズとはまるでイメージの違うフェミニンなパジャマ。
一瞬しか見なかったがそれでもはっきりと分かる女性らしい体つき。全体のフォルムからして違っている。

目に焼き付いたそれは晴久の頭から離れず、なぜ彼女が別人のように変身したのか混乱していた。

そして、安易に雪乃を家に入れたことにも不安を感じ始める。

もう一度彼女のところへ戻ったら、一体どこを見て、なにを話せばいいものか。そもそも上手く話ができるだろうか。

晴久にとって相手が美人だから話しにくいということは決してないが、地味な格好でも十分かわいらしく思っていた彼女がさらに魅力的な変貌を遂げたことは、家に泊める上では計算外だったのだ。


しばらくして、晴久は風呂を出た。

雪乃はソファのそばに膝を折って座り込み、緊張気味に大人しく待っていた。


「あ……おかえりなさい」


晴久は振り向いた彼女の顔を見て、やはりかわいらしい、しかもかなり自分好みだと感じ、目を逸らした。


「ソファに座っていていいですよ。今、お茶をいれますから」

「すみません。ありがとうございます」


立ち上がってソファの端っこに座った雪乃は、またそこでお雛様のように待っている。

コップに入った冷たいお茶をテーブルに出され、雪乃はさらに端に寄り、晴久が座る空間を開けた。隣り合って座ると、今まで積極的に彼女を手助けしてきた晴久もこの状況に弱り、頭をかく。


「高杉さんのお顔……初めてちゃんと見ました」


素顔の話題に先に触れたのは、雪乃だった。言い出さずにはいられなかったのだ。

彼女が先にそう言ってくれたことで、晴久もホッと肩の力が抜ける。彼だってこのまま触れずに過ごすのは無理だと思っていたところだ。


「そうですね、外では必ず眼鏡とマスクをしていますので。特段目は悪くないのですが。……あの、細川さんもですよね」

「はい、私も。外では眼鏡とマスクがないと落ち着かなくて」

「それは、言い寄られるのを防ぐために?」


ずばり聞かれ、雪乃はうつむく。


「自意識過剰だと思われてしまうかもしれませんが……こうしていれば、男の人から話しかけられることもないので」


晴久はうなずいた。


「いや、過剰ではないと思いますよ。男は細川さんのことを放っておかないでしょう。今まで声をかけられることも多かったのでは?」

「そうなんです……。あの、高杉さんは、どうして眼鏡とマスクを?」


晴久も理由を言い淀み、首の後ろをかいた。しかし彼女は正直に明かしたのだから、と決意して白状する。


「俺も同じです。自分で言うのもなんですが、素顔でいると女性に必要以上に干渉されてしまうので隠しています」

「あ、やっぱり……。高杉さんのお顔、女性は皆好きだと思います」

「……あ、ありがとうございます」


気恥ずかしく、ふたりして視線を逸らし妙な空気が漂う。

皆というなら、雪乃はどうなのか。晴久はそれが気になったがもちろん聞くことはできない。

遠回しに素顔を誉め合う形となるも、お互い様なのでふたりともこれ以上掘り返すことはしなかった。

話すたびに雪乃の髪からシャンプーの香りが漂ってくる。
このまま隣り合っていては精神衛生上あまり良くないと思い始めた晴久は、もう寝ようと決意した。


「寝室ですが、よければベッドを使って下さい。毛布は新しいものを出します。シーツは週末に洗ってありますが……嫌でなければ」


晴久はリビングの戸の向こうの、八畳の寝室を指差した。


「それはありがたいですが、高杉さんはどこで眠るんですか?」

「俺はソファで」

「そんなのダメです!  私がソファで寝ます!」


想定内の言い合いになった。
晴久としては女性をソファで寝かせるわけにはいかず「いえ」と反論するが、雪乃にしても、ここに置いてもらってなお寝る場所まで奪うことはできない。


「細川さんは今夜はベッドでよく眠ったほうがいいですよ。色々と怖い思いをしたんですから」

「でもっ……」


雪乃はさらに考えた。

そもそも、晴久と別の部屋で眠るとなれば、寝室の電気を点けなければひとりでは眠れない。人の家で電気を点けっぱなしにすることは申し訳なく、できればそうしたくなかった。

少し開いた戸から寝室の様子を確認すると、ベッドは広々としたダブルサイズ。そこで彼女は別の案が考えついた。


「あの、これは高杉さんが嫌じゃなければ、なんですが……」

「はい。なんでしょう」

「ベッドで一緒に寝るのはどうでしょうか?」


晴久はお茶を吹き出し、むせこんだ。
「大丈夫ですか」と雪乃は彼の背をさするが、晴久は彼女を見てさすがに赤い顔をする。


「一緒にって細川さん、それはっ……」


彼の慌てぶりに雪乃も正気に戻り、ブワッと体温が上がった。


「す、すみません! ひとりで寝るのが怖くて、つい変なことを言ってしまいました!  嫌ですよね、一緒になんて。私ったらなに言ってるんだろう……恥ずかしい」


雪乃は両手を頬に当ててプルプルと首を振り、羞恥心から目には涙を浮かべている。

晴久はゴクリと喉を鳴らした。

ここまでの出来事のせいで、彼女の距離感は完全に麻痺していることは分かっている。その案に乗っかって彼女と一緒にベッドに入ることへの好奇心が抑えられなくなった。


「……いいですよ。一緒に寝ますか」


晴久が試しにそうつぶやくと、今度は雪乃の方が慌て出す。


「あのっ……すみません、どうしましょう……」


彼女の初心うぶな反応に、晴久はもう別々に眠る案に戻れそうになく、彼女に挑発的な視線を向ける。


「俺はかまいませんよ」


ソファで距離を保ったまま、ふたりの駆け引きが行われた。
雪乃は自分で言い出したもののいざそういう雰囲気になって困りだしたのだが、紳士的な晴久のまっすぐな瞳に、疑いを持つのはやめた。


「……じゃあ、お願いします」


痺れる緊張感が漂う中、お互い合意の上で、ふたりは寝室へと入っていった。


「【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く