話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~

西雲ササメ

「大丈夫ですか」6


それから、体感では数十分、実際には五分が過ぎた頃。

相変わらず落ち着かない雪乃は、前方から近づいてくる足音に気付かずにいた。

道路の続く先の暗闇に、なんと再び例の彼が現れたのだ。
彼はなぜかロータリーに沿って駅へと戻ってくる。

雪乃はベンチで肩を震わせていたが、やがて彼の爪先が視界の地面に入り、ビクッと体を揺らしてやつれきった顔を上げた。


「すみません、先ほどの方ですよね」

「え、は、はい……」

「もしかしてその傘、 俺が電車に忘れたものでしょうか」


彼の低く穏やかな声に安堵する。
また彼と話せるなんて、と感動しつつ、恐怖の中で言葉が出なくなった。


「そう、です……」

「よかった。届けられてないかと思って一応戻ってきたんです。取っておいて下さりありがとうございました。……あの、まだ帰らないんですか?」

「……大丈夫です、もう少ししたら、タクシーで帰ります……」

「タクシー?」


男性はすでに何台か停まっているタクシーに目をやり眼鏡を曇らせながら、雪乃のそばへ寄った。

話しながら彼女の様子がおかしいことにすぐに気付く。
気付いたというよりも、停電した電車での取り乱した様子がまだ続いているのではないかと。
彼は目を細めた。

電車のときと同じく、雪乃の前に屈み、「大丈夫ですか」と声をかける。

雪乃はもはや声だけでなく顎をガタガタ震わせながら、問いかけには消え入るように「すみません……」とだけつぶやく。

男性はすぐに彼女の背中に手を添え、視線を合わせた。


「落ち着いてちゃんと息をしましょう。深呼吸できますか」

「深呼吸……」

「そうです。深く吸って、吐いて」


雪乃は背中を撫でられながら、男性の低い声に合わせて素直に深呼吸を始めた。


「はい、もう一度。吸って……吐いて」

催眠術のようないざないに、しばらくして呼吸は規則的なものへ戻りっていく。不思議と視界もクリアになった。


「……ありがとうございます。治りました」


雪乃がそう言っても、彼は到底安心できなかった。

別れて戻るまでの目を離したわずかな時間で、彼女はこんなにも悪化したのだ。またいつ過呼吸になるか分からない。

彼はすぐに去りはせず、隣に座り、まずは傘を受け取った。


「暗闇が苦手と言っていましたが。結構、大変な症状なんですね」

「はい……。夜道がもともと苦手なのですが、電車のショックでいつも以上に動けなくなってしまって」

「なるほど。いきなりでしたからね」

「本当に、情けないです。でも、おかげさまで治まってきたので、少し落ち着いてからタクシーに乗れそうです」


いやとても大丈夫には見えないと不安に思った彼は、タクシーの営業所に目をやった。

そこまで付き添いタクシーに乗せるのは簡単だが、弱っている彼女に運転手が親切な言葉をかけて労ってくれるとは限らない。

彼女が無事に家に帰れたかどうか、やはり自分の目で見届けたいという気持ちになった。


「家はどちらなんですか」


ついに男性が尋ねると、雪乃は道路の先の闇を指差し、「歩いて数分です」と答えつつ、「近いので、大丈夫です」と憔悴した笑顔で付け足した。


「それなら俺の家とそう変わらない距離です。もしよければ、送りましょうか」


男性は、最初からこうすればよかった、これが当たり前の改善策だったとばかりに、立ち上がって彼女に手を差し出した。

雪乃は困った顔で、その手と彼の顔を交互に見る。


「そんな……これ以上ご迷惑をかけるのは申し訳ないです」

「迷惑ではありません。余計なお世話かもしれませんが、心配なんです。送らせてもらえませんか。傘のお礼だと思って」


優しい言葉で提案してくれる彼。
ここまで言ってくれるのなら甘えてしまってもいいのだろうかと、雪乃はおずおずと彼の手をとってみる。

大きくて骨ばった、それでいてしなやかな感触。手に触れると急に、彼のことがすごく好きだという想いがあふれた。

席を譲っていたイメージのとおりに優しく、思いやりのある人。

もしかしたら今までは恋とまでは呼べないものだったかもしれないが、その優しさが自分に振りかかった今、雪乃は改めて気持ちを確信した。

ただ、別にそれをどうしようというつもりはなく。


「……お願いしてもいいんですか?」

「もちろん」


彼は雪乃の手を引き、立たせた。男性の手に触れたのは何年ぶりか。自分の手とはまったく違う力強い感触は、暗闇の恐怖に一瞬で打ち勝った。


「よろしくお願いします。……えっと、お名前……」

「高杉といいます。高杉晴久たかすぎはるひさです」

「高杉さん、ですね。私は細川雪乃と申します」

「細川さん」


名前を確認するように、晴久は復唱してうなずく。彼の口から自分の名前が出るなんて。雪乃の顔はポッと熱くなり、手もじわりと湿った。


「行きましょうか」

「はい」


「【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く