話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~

西雲ササメ

「大丈夫ですか」5

数分後、いつもの駅に到着した。

スーパーやコンビニの豊富な住宅地だが、この時間では外を歩く人は少なくなる。

電車を一歩降りたところまで男性は付き添ったものの、ふらつく足もとでもきちんと地面に立てていると確認できると、雪乃を支えていた手をパッと離した。


「ここからは帰れますか」


まだ浅い呼吸が続いていた雪乃だが、彼の問いに掠れた声で「はい」と返事をする。

この時間の夜道を歩いて帰ることは彼女にとって到底無理なことだが、東口を出ればタクシーの営業所がある。それに乗ればなんとかなるだろう、自信はないものの、そう思うしかなかった。


「では、俺はこれで」

「……はい。ありがとうございました」


非日常だった電車内とは違い、あっけない会釈で終える。

眼鏡とマスクの彼とはそれ以上なにもなく、大きな歩幅で階段を降りていった。雪乃もなにもせず、静かに背中を見送るだけ。


(……素敵な人だった)


かすかな寂しさに浸るが、ここから帰るという試練が残っているため気を強く持ち直す。

歩きだす前に、なんとなく背後にまだ停まったままの電車を振り返った。

するとふたりが座っていた車内の席に、立て掛けられたままの紺色の傘が目に入った。


(あの人の傘……!)


とっさに中に入り、傘を取ってすぐに外へ出た。

電車に揺られていたときの彼はこれを持っていたのに、今見送った彼は手にしていなかった。

取っ手がまだかすかに温かい。
ふと見ると、傘には有名なビジネスブランドのロゴが入っている。

憧れの人の私物、そしてブランド物。自覚した雪乃は思わず持つ手が震えて落としそうになったが、くるりと回ってなんとかキャッチ。

傘を浮かせて持ったまま、駅の東口の階段から人のいないバスの停留所までかけ降りた。当然だがすでに男性の姿はない。間に合わなかった。

追いかけたいが、予想以上の暗闇に足がすくみ、ここから先に進むのは難しかった。振り向いてももう誰もいない。
出遅れたせいで、電車にも、道路にも、人がいない。

タクシーを使うという宣言も、足がすくんで出来そうにない。
そもそも、営業所の前に停まっているタクシーの運転手に声をかけることは、男性が苦手な雪乃にとってはすこぶるハードルの高いことなのだ。

とっさに一歩、階段の近くに戻る。

傘を届けることは難しいと判断したが、ならば落とし物として駅員に引き渡さなければならない。


(無理だ……)


すでにキャパシティオーバーで、冷や汗、過呼吸が止まらない。階段を駆け上がるにも、人に話しかけるにも、ひとまず精神を落ち着かせる時間をとらなければ、一歩足りとも動ける気配がなかった。

ひとまず、すぐそばにあったベンチに座ってみる。おしりがヒヤッと冷たくなった。

雪乃は傘を地面につけないよう膝の上で横に倒し、ロゴを見て呼吸を落ち着かせることに集中する。

タクシーの運転手に声をかけるチャンスは何度もあったが、タクシーに乗ること自体が恐怖になった。どこかに連れ去られるのではないか、という一般人には理解しがたい恐怖の妄想が彼女には駆け巡り、一歩を踏み出すことができない。

治まらない呼吸につられ、しだいに涙が滲んでくる。


「はっ……はっ……」


雪乃の手にある傘。
今はその温もりにしかすがることができなかった。
彼女は持ち手に刻まれたロゴを指でなぞりながら、ただ下を向いて耐えていた。


「【コミカライズ】寵愛紳士 ~今夜、献身的なエリート上司に迫られる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く