女神の手違いで殺された俺は、異世界にて機械装甲を纏い美少女達と共に冒険ス!

R666

4話「憧れのギルド!!」


 何とかヴィクトリアからお金を受け取ると、俺達はギルドに向けて歩き出したのだが……。
 ここでまたもや障害物が現れた。そう……俺はギルドの場所すら分からないのだ。
 どうする? この泣きじゃくってる女神に聞くか? うーん……それしか方法はないか。

 人に聞くのもありなんだが、ヴィクトリアが泣きまくっているせいで何やら避けられている気がするんだよな。
 さっきから通行人の目が皆、冷たい視線だし。

 や、やめてくれ! そんな目で俺を見るなぁあ!! と言った感じだ。
 しかーし! そんなのを気にする俺ではない! 
 だってこんな冷たい視線は日本に居た頃に散々浴びているからな……フッ今更だぜ。
 っとそんな事よりも聞くことがあったな。

「おいヴィクトリア。ギルドってどこにあるんだ?」
「う”う”ぅ”ぅ”う”!!」

 俺は腰にしがみついているヴィクトリアに聞くと、何やら凄い形相そうで睨みながら唸っている様子だが、顔立ちだけは美女なので怖くも何ともない。威嚇のつもりなのだろうか?

「唸ってないで答えろよ。このままじゃあ、街に来ただけで一日が終わっちまうだろ!」
「絶対に教えません! 私のお金を取った罪は重いのです!」

 この女神本当にめんどくさい。殆どコイツのせいで物事が進んでいない気もしなくもない。
 だがまあ、お金を返さなとコイツは一歩も動きそうにもないし、ギルドの場所も教えてくれないだろう……。

 俺は悩んだ末に一つの提案を出した。

「はぁ……。このお金はギルドで使うのは確定事項だからな! だけど……その後のクエストやらで得た初回の報酬を、お前に少し多めにやるからこれは初期投資とでも思ってくれないか?」
「良いでしょう! その話乗ったァ! さあギルドに行きますよユウキ! 何をグズグズしているんですか!」

 即行でヴィクトリアが反応すると、どうやらこの提案は効いたらしい。
 さっきまでの泣き顔が嘘のように元気に満ち溢れた顔になってやがる。まったく現金な奴だぜ。

 こうして何とかヴィクトリアを説得させる事に成功すると、改めてギルドに向かって歩き出した。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「こ、ここが……冒険者達が集まるギルドッ!!」

 歩いて数分で着くと俺達の前には木と煉瓦を使って作られたであろう建物が堂々と建っていた。
 す……凄い!! あのゲームやアニメで出てきた建物にそっくりだ! 

 きっとラノベの主人公達もギルドを前にしてはテンションが上がっていたに違いないッ!
 現に異世界転生した俺が言うんだ。間違いない!

「感極まってるのは良いんですけど、早く中に入りましょうよ~? 私もう歩き疲れましたよ」

 ヴィクトリアは俺のテンションとは対照的に冷静に言い放った。

「お、おう……すまない。ついテンションが爆上がりしてしまって意識がトリップしていたな」

 俺は高鳴る衝動を抑えて、いざ! ギルドの扉に手を付けると勢い良く開けた。

――ここから、俺の魔王討伐の冒険が始まる――

 ギルドの中に入いるとそこは酒場も併設されているのか、肉の焼ける良い匂いとアルコールのような匂い漂ってきた。
 そう言えばここに来てから何も食べてないことに気がつき……普通に腹が減った。 
 クッ……! まさかこんな所で飯テロに遭遇するとは! あとでお金余ったら何か買っていこう。

 できれば肉系のを!

 飯テロにあいつつも受付カウンターを探すべく奥に向かって歩いていると、見るからに冒険者といった風貌の大剣を背負った男やローブを纏って杖を持っている魔法使い見たいな人達が席に座りながら話している所を発見した。

 んんーー!! これだよこれ! 如何にも冒険者ギルドって感じがして凄くて良い!
 俺は周りに居る冒険者達に目を向けていると、後ろから野太い声で話し掛けられた。

「よう兄ちゃん! 見慣れない格好だがどこから来たんだい?」

 振り返るとそこには上半身裸の大男が立っていた。

「えっ? あの……その……」

し、しまったぁぁ! この手の質問は聞かれると予想しとくべきだった!

 ど、どうするか……変な事言って不審がられるのは良くないよな。
 俺はこの手の人はクエストや冒険知識について教えてくれるタイプの人だと見ている。
 だって序盤に気さくに話し掛けてくる人って大体そうじゃん! ラノベでもそうだったもん!
つまり! ここでのファーストコンタクトによって今後の冒険者生活が大きく変わることになる筈だ。

 ……だが正直何も思いつかん! 
 どうしよう…………ん? 待てよ? ヴィクトリアに聞けば良くないか?
 アイツ何か知らんけど土地勘とかあったし。 そうだよそうしよう!

 俺は隣に居るヴィクトリアに顔を向けると……何故か奴の姿はなかった。
 一体どこに消えたんだと、視線を横にずらすと直ぐに分かった。

 ヴィクトリアは酒場の方で何やら串物を買っていたのだ。
 アイツまじで……! どこからその金出したんだよ! 俺が預かってた筈だろ!
 まさか、まだ隠し持ってたのか!?

「おい兄ちゃんどうした? 気分でも悪いのか?」

 俺がヴィクトリア方を見て固まっていると、中々返事をしない事が気になったか大男は心配してくれた。
 何て優しい人なんだ……! あのアホ女神とは大違いの優しを秘めいている気がするぜ。

「あ、いえ……大丈夫っす。自分達は東の国の小さな田舎からきました……」

 ……これ以上話を伸ばすと完全に不審がられると思い、俺は咄嗟に浮かんだ事を言った。

「何だそうだったのか! そりゃあ随分と遠い所からきたんだな! って事はギルドは初めてなのかい?」
「ええ、そうですが……」
「よし! ならここは先輩冒険者としてギルド内をざっくりと説明してやろう!」

 おぉおお!! これは願ってもないチャンスが来たぞ! 
 やっぱりこの人は序盤で色々と教えてくるサポーターNPC見たいな人だった! 
 圧倒的感謝感謝だぜ!

「あ、ありがとうございまーっす!」

 俺はすぐさま四五度の最敬礼のお辞儀をした。
 この世界でお辞儀の角度で意味が伝わるかは分からないけど。気持ちは大事だ!

「おうよ! まずは……ギルドに入って右手にあるあの木のボードが提示版でクエストとが貼られているんだ。難易度はC~SSランクまであって、初心者はまずレベル上げも兼ねてCランククエストを受けるのが多いな!」

 なるほど! あれがクエストが貼ってあるボードだな。よし覚えたぞ!
 しかし難易度設定か、この辺はゲームとかでもよくあったな。
 Cランク帯ならきっとスライム狩りとかが主なクエストな気がするし、後で確認しておこう。

「次に左のフロアだが、あそこはクエストの受注や報酬を貰ったりする受付カウンターだ。兄ちゃん達が最初に行くべき場所だな! そして最後に右のフロアだが……見ての通り飯を食うとこだ。俺のオススメはやっぱりピギーのステーキだな! あれをミディアムで食べて最後にウォルツを飲んでしめるんだ! まあこれぐらい知っていればここではやっていけるぜ!」

 大男は右手に持っているジョッキを飲みながら教えてくれた。
 恐らく中身は先程言っていたウォルツ? だろう。

「何から何まで本当にありがとうございまっす! パイセン!」
「おう! パイセンが何かは知らないが、また分からない事があったら聞きに来な!」
 
 お礼を言うと大男は笑顔で自分の席へと戻っていった。
 この異世界に来て初めて良い人に出会えた気がする! 
 よし……まずは言われた通りに受付カウンターに行くとしよう。 
 そこで冒険者登録しないと何も始まらないからな。

「あの~? はなひはおわひまひたか?」
「お前はやっと戻ってきたのか……。というよりちゃんと食べてから喋ろよ」

 買い食いしてシレっと戻ってきたヴィクトリアは口をモゴモゴとさせて話し掛けてきた。
 くそぉ……自分だけ串物食いやがって! あとで少し分けて貰おう。

「ん……コクッ……それで、話しは終わりましたか?」

 ヴィクトリアは口の中の物を飲み込むと、再び同じ質問をしてきた。

「あぁ終わったよ。有益な情報だらけだったぞ」
「そうですか、では早くその情報を使い次の行動に移しましょう! 私はもう足が限界なので休みたいのです! パパッと終わらせますよ!」

 ヴィクトリアは自分のふくらはぎを手でバシバシ叩いてアピールしてきた。

「はいはい分かったから。さっさと受付カウンターいくぞ?」

 いやいや、お前が買い食い何てしてなければスムーズに事は進んだと思うんだけどな。
 と、俺はそんな事を思いながらヴィクトリアと一緒に受付カウンターに向かった。

「女神の手違いで殺された俺は、異世界にて機械装甲を纏い美少女達と共に冒険ス!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く