Grand Duo * グラン・デュオ ―シューベルトは初恋花嫁を諦めない―

ささゆき

prologue シューベルトの妻《5》



 優しい音色ね、と。
 その夜、ママが誉めてくれた。
 わだかまっていた氷柱が、音を立てて崩れたような気が、する。
 音鳴だからできる音だと、ママが鈴を鳴らすように笑う。何があったのかしら、って悪戯っぽく。
 わざと譜面に目を走らせて、知らないフリをする。だけど。
 恋をしたからだよ、って。
 心の中でママの背中に向けてこっそり告げる。
 やっと、自分だけの音を見つけたような、そんな気が、したから。


   * * *


 すきともきらいとも、何も言わなかった。
 それでも確かに、あの時のわたしたちは、心が通じ合っていたような気がした。
 そう思っていたのはわたしだけだったのかもしれない。彼の気持ちを確かめることを、しなかった浅はかなわたしに、嫌気が差す。
 なぜなら。柊が学校を休むようになった。わたしと一緒にグラン・デュオを完璧にした翌日から。

 もう、練習する必要がないからだろうか。お互いのパートをこれ以上ない最高の形に仕上げ、あとは課題曲発表日を待つばかり、の状態になったから? でも、最高の形を保つための練習だって必要なのに……
 休み時間に悶々と楽譜を眺めていたわたしを驚かせたのは、ヴィオラ専攻の星野くんの一言だった。

「柊の奴……退学するらしいぜ!」

 瞬間、悟った。だから彼は「楽しかった」と言ったんだ、と。


   * * *


 目の前が真っ暗になる。職員室にたどり着いたとき、既に柊は退学届を提出して学校から立ち去っていた。

「先生……柊くんは」
「もう帰ったわよ。残念ね、彼のピアノが聴けなくなるなんて」
「じゃあ、グラン・デュオは……課題曲は」

 わたしの不安そうな表情を見て、教師は心配しないでと声をかける。他の人に頼むから、と。
 無言で職員室を後にする。
 ……嫌だ。彼と弾きたい。
 無理だということはわかっている。だけどだけどだけど……!

「ネメ、次の授業」
「ごめんわたし帰るっ!」

 じっとしていられなかった。ここで諦めたらわたしはまた、以前のように音楽をなめてしまう。柊がいてくれたから、柊が教えてくれたからわたしは、音を楽しめるようになった。
 彼に会わなきゃ。
 鞄に楽譜を押し込んで、教室を飛び出す。
 向かう先は……クワトロダウンステアーズ。


   * * *


 クローズド、という看板がかけられた入り口。途方に暮れたわたしは石段の上に腰掛け、ぼんやりビルの合間を流れる白雲を見つめる。

「あれ、ネメちゃん」
「あ」

 ジィンだ。スタッフジャンパーを着ている。どうやらここの関係者だったらしい。

「どうしたの? 学校は? アキフミは?」
「柊が……退学届出して帰っちゃったって聞いたから……ここにいると思ったんだけど」
「来てないよ」
「そっか」

 退学届を出して、どこに行ったんだろう。家に帰ったとは思えない。だから、真っ先にここに向かったのに……いないんだ。
 ジィンはわたしの隣に腰掛けて、わたしの知らない柊の話を始める。彼の家庭環境……離婚して云々とか、学校をやめる理由……要するにお金がないとか、音楽を始めた経緯……玩具のピアノを母親にもらって独学でここまで上達した……とか。

 わたしも、ジィンに色々な話をしていた。柊とグラン・デュオのパートナーになったこと、自分が鏑木壮太の娘であること、練習を通じて柊のことが好きになっていたこと、全部。
 彼は驚かなかった。知ってるよ、アキフミが教えてくれたから、って微笑み浮かべた。

「あの。ジィンさんと柊ってどういう関係なんですか?」

 柊のことに詳しいジィンを見ていると、なんだか出来の悪い弟を思っている兄のように見えてくる。

「ん、生き別れの兄と弟」

 ジィンは悪びれもせずに応える。思わずそれを信じてしまいそうになるわたし。そして。

「仁! 勝手に俺たちのこと脚色するな」

 割り込んできたのは、柊。

「Grand Duo * グラン・デュオ ―シューベルトは初恋花嫁を諦めない―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く