天才ダラダラしていたら家を追い出されたけど、結局、王都の学園で無双する

スリーユウ

31

武芸大会当日
フェリクスたちは学校敷地内にある闘技場に来ていた。闘技場はメインで戦う場所には大理石で出来たタイルが張られ、その外は砂利で埋め尽くされていた。選手たちを真正面から見える場所の一番高い所には豪華な椅子が並べられていた。そこにはこの国や他国の偉い人たちが座っていた。。ほかの観覧席にはもう観客がいてほぼ、満席の状態で席が埋め尽くされていた。


肝心のフェリクス達は大理石のタイルの上で、国王の挨拶を待っていた。
「それにしてもこんな無駄なもの、よく建てるよな」
「全く、お前は他に気を使わないな」
「俺って何でも商人として考えちゃうからねー、闘技場にかけれた金額を考えるだけで、頭がくらくらするよ」
フェリクスの話に聞こえている一部の貴族がフェリクスをギロッとした目でフェリクスを見てくるがフェリクスは全く話をやめようとしない。


「待たせたな、選手諸君よ」
突然、大きな声が響いたと思ったら、王様が一番豪華な椅子の前に現れた。声が闘技場全体に響き渡っているのは魔法で声を大きくしているからだろう。


「今年も我にとって楽しい時間がやってきた、今回初めて、参加するものは精一杯実力を出し、去年参加したものは1年の修練の結果を見せてくれ。其方たちの奮闘を来たする」
王様がしゃべり終わると観客からの拍手喝采が飛ぶ。


観客が静かになると進行役ともいえるヴェルデ先生が現れた。
「今から改めてルール説明を行う。ルールは簡単、1対1の決闘方式で試合を行う。選手が降参するか、私たちが戦闘続行不能と判断するか、場外に出るか、すると選手の負けになる。もちろん、今回は試合なので本当に命を奪うような行動は禁止だ。もしそのような行動をしそうになったら、私含め、複数の職員が止めに入る。もちろん、その者には罰則が与えられ、悪質な場合、最悪退学となる。気を付けるように、ルールは以上だ」


その説明を聞くと選手たちは脇にある控室に下がっていった。


「それでは1年の部、第1試合、フェリクス・クレソン対セシル・オルコット、両者、前に」


「いきなりか――」
ダルそうな声を出してるフェリクスとは裏腹にセシルと呼ばれた生徒は静かにタイルの上に上がってきた。
「お前のような奴が何故、代表なんだ」
フェリクスの横を通り過ぎる際に、ボソッと呟かれた。


2人が並ぶとヴェルデ先生が声をかけた。
「両者構え」
セシルは腰につけた剣を静かに抜くと中段の構えを取った。それに足してフェリクスは欠伸をして、何もする気配がない。
「おまえ、それでいいのか」
思わず、ヴェルデ先生はフェリクスに突っ込みを入れた。
「ええ、構いませんよ、勝てば、どうしててもいいということなので」
「はぁ、全くお前という奴は」
ヴェルデ先生頭を少し抱えるが試合を進行しなけらば、ならないのでそのまま試合の開始の合図を出した。


「それでは、始め」
ヴェルデ先生が開始の合図を言うと共に、フェリクスはセシルの後ろに高速移動し、セシルを場外に投げ飛ばした。


「悪いな」
「なっ」


セシルは気が付いたら、自分が投げ飛ばされ、いつの間にか、場外にいるという状況になっていた。


「勝者、フェリクス・クレソン」


他の者があっけに取れている中、いち早く正気を取り戻したヴェルデ先生は頭を抱えながら勝者の名前を宣言するのだった。


宣言を聞くとフェリクスはいち早く控え席に戻ってきていた。納得が行かないのか、セシルがヴェルデ先生の所に詰め寄っていた。
しかし、判定が覆ることはなかった。がっくりと肩を落としたセシルはフェリクスを親の仇を見るようなめでマジマジと見つめると闘技場から去っていった。


「おー、こわいこわい」
「まぁ、あいつもここでアピールをしたかったんだろう」
「それは彼に実力がないのが悪い」
「そんなことを言ったら、お前を相手に出来る奴なんて、ほとんどいないだろう」


他の人達もフェリクスに対して心底嫌そうな顔をしていた。もちろん、そうだろう、せっかく自分の実力をアピールできる場所があるというのにフェリクスが相手と言うだけでそれを潰されてしまっては溜まったのもではないはずだ。


しかし、残念なことにフェリクスを相手に出来るような人物はおらず、フェリクスは相手を瞬時に場外に出す戦法で順調に勝ち上がっていった。

「天才ダラダラしていたら家を追い出されたけど、結局、王都の学園で無双する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く