天才ダラダラしていたら家を追い出されたけど、結局、王都の学園で無双する

スリーユウ

18

フェリクスは守られるのが嫌だった。


まだ、発展途上中のクレソン商会を狙って連日のように暗殺者や強盗が押しかけてきていた。フェリクスがそれをはっきりと自覚したのは3歳だった。父や兄たちが必死に自分を守ってくれているのは分かったが、自分には何も出来ないと痛感した。


ダルクスに内緒で剣を長男に教えてもらったが、最初は重すぎて持てず、ダルクスにもばれて怒られた。次男に魔法の本を読ませてくれと頼んでも、読む前にダルクスに本を取り上げらた。


何かをしようとするとダルクスにばれてフェリクスはしばらく何も戦闘に関する行動がさせてもらえなかった。しかし、フェリクスも何もしなかったわけではない。フェリクスはずっと、観察し頭の中で考えていた。修行し始めた時に1分1秒でも早く強くなれるように。


ダルクスから修行の許可が出たのは、5歳だった。


フェリクスの観察の結果は目に見えて現れた。しかし、兄たちにフェリクスは、敵わなかった。仮に剣術や魔術の才能が同じであったとしても、それに費やした時間が兄たちの方が圧倒的に多い。


それ故に、フェリクスは考えた、力で勝てない長男には技を威力で勝てない次男には手数をと、勝てない分野ではなく、別の分野を開拓していった。


それだけにフェリクスは神力が使えることが嬉しくて足らなかった。これで俺は家族を守る為にまだまだ強くなれると。


もしかしたら、父、ダルクスはこの学校の秘密ともいえる精霊使いについて知っていたのかもしれないという考えが一瞬、フェリクスの頭の中を過るが考えすぎかと頭を振り払って神力の修行に戻った。


「神力というものは自然の力であの女が言っていた1人分ってのはがその人の器に入っている量のことよ、貴方がやることはこれを増やしたいと言ってるけど、これは通常増やすことはできないわ」
「何故だ?」
「人間の目の数や鼻の数が決まっているようにもともと、ある器以上の神力は人は持てない者なの」


「そうだとしら、俺はどうやって神力を増やすんだ?」


「方法を教える前に、いい、フェリクス、今から貴方がやろうとすることは私が知る限り、成功例は1つしかないわ、この方法を考えた者以外、他の誰1人も成功していないわ、それでもやるの」


「覚悟は伝えたはずだよ、シルフ」
「不思議ね、貴方なら何故か成功しそうな気がするわ」
「成功するんだ、当然だよ」


「貴方が今からやるのは自分の神力を使って器を壊して強制的に神力を大きくするものよ」


「それで何をすればいいんだ、シルフ」
「この一週間、貴方に教えたのは神力の操作方法よ、そしてそれが出来たら、自分の神力をコントロールしなさい、そして、自分の神力の半分で器を壊し残り半分で器を修復する」


「半分?、どうしてその量なんだ?」
「私には分からないわ、彼がそう言っていたのよ、神力の操作が完璧だと思ったらその方法を試してみればいいわ」
シルフの言葉に何か引っかかりを感じながらも、フェリクスにはやらないと言う選択肢は無かった。


フェリクスは床に座禅を組み、自分の中の神力を感じ始めた。


神力を動かし、少しずつ自分の器を壊そうとするが壊れる気配ない。少しずつ動かす神力を増やしていくが、神力が丁度半分になった所でフェリクスは自分の何かが壊れたのを感じた。


そうゆうことかと思ったフェリクスだがその考えはすぐに吹き飛んだ。


器が壊れた途端、体中に激痛が走り、神力操作ではなくなってしまった。


「神力操作をやめちゃだめよ、やめると死ぬわよ」


シルフの言葉でフェリクスは激痛に耐えながらも神力で器を修復していく。しかし、修復していく中で、フェリクスは気付いてしまった。僅かに神力が足りないことを。体に激痛が走った直後、フェリクスは神力操作を止めてしまった。その時に僅かにフェリクスの神力が体外へと漏れ出してしまったのだ。器を壊すのに使った神力が半分、それならばその器を修復するのに必要な神力も半分ということになる。


体の痛みが引いていく中、フェリクスは必死に頭を回していた。


(確か、シルフは神力は自然の力と言っていた、それならこの状態からでも神力を自分の体に集めることが出来るのか?しかし、今まで操作練習でそんなものを感じることは出来なかった。なら、どうする、近くで一番神力を感じたものは・・・)


そこでフェリクスの視線はシルフへ向けられる。フェリクスの手は自然とシルフに伸ばされた。シルフはフェリクスが手を伸ばしてきたので思わず、その手を握る。


「ちょっと、ごめん」


その手が繋がった瞬間、フェリクスは持てる意識をすべてを使ってシルフから神力を奪った。


フェリクスの周りで神力の奔流が起こる。


「やっぱ、シルフはすごいや」


それだけ言うと器の修復に疲れたフェリクスは意識を手放して床に転がった。

「天才ダラダラしていたら家を追い出されたけど、結局、王都の学園で無双する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く