話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

(旧)こっそり守る苦労人

ルド@

語り前

俺こと泉零はーーーー只今絶賛混乱中であった。 
夏休みーーーそれは、学生達のボーナスタイムである。
家でゴロゴロして寝たり、ゲームしたり、友人と遊びに行ったりと・・・自由な時間がタップリある期間であるのだ! 


ーーーしかし・・。


夏休み入って、彼此1週間が経ったとうとしていたが・・・・・・未だにゆっくり出来ないでいる俺がいますーーーーナゼ!?(機械風に) 
1週間ですよ?1週間!
これだけの日数があれば、家で1日中寝ることで、普段から酷使してしまっている体や頭を休ませるには、充分過ぎる日数で、お釣りがくる筈なんだ。


なのに・・・一体ナゼ!?(リカイデキマセン!?) 


「何故ーーーではなく・・・・。さっさと言い訳理由を話してください兄さん。」    
「お、落ち着こう妹よ・・・って、なんで分かるんだよ・・?」 


心なしが字に違和感があるような・・・。 
いつもの様に平然と人の思考を読む妹に、俺はハァ〜とため息を吐き頭を悩ませるーー頭痛ですね。
ホ〜〜〜ント!いい加減プライバシーの侵害とかで、訴えたほうが良いのでは?と思ってしまう。
なんで自然に読まれてるだろう?・・・顔に出てない筈だが・・? 


俺が頭を悩ませながら、そんな事を考えていると・・・・見下ろしいる妹様からお声が。 


「妹ですからーー兄さんの・・・・考えくらいお見通しです。」
「なんで”兄さんの”って部分だけ誇張してるんだ?」 


しかし、妙に説得力があるのが不思議な話だ。
相変わらず謎な妹スキルだ、我が妹ながら・・・・・・まぁそこも可愛いけど
たまに怖い時があるけどな。  


俺は今、リビングで我が妹様である葵様からーーー 事情聴取・・・・を受けてる・・・・無実だよ!? 
朝一で家に帰宅したんだが・・・。
玄関に入ると、我が妹様が仁王立ちで待ち構えていた・・・・眼が濁ってた・・(ダークです完全にダークな方面に堕ちてる俺の妹)。
アレで黒いマスクとサングラスとかあったら、某ベイさんみたい”シュコーシュコー”って聞こえてきそうな雰囲気を醸し出した。 
妹様は俺が口を開く前にリビングまで連行されてしまった・・・えり首掴まれた、妹に(スッゴイ腕力だった)   
そのままリビングで正座するように促され(眼が座れ・・ってえ言ってた・・・)た俺はーーーー現在、この1週間について、妹から何があったか説明するように言われている。


・・・・ うん。
解説してみたが、やっぱこの状況・・・・不可思議な点が多過ぎる気がーーー。


「コッチを向きなさい兄さん・・・・・・・・」(目に光がありません)   
「分かったからその目をやめなさい」


このお話はホラーものじゃないんだから。
目がヤバい妹を見て、さすがに危機感を覚えてきた。
そりゃ1週間も帰って来なかった事は悪かったと思っているが・・・。
けど、ちゃんとメールで連絡した筈なんだがーーー。


「に〜〜い〜〜さ〜〜ん〜〜〜〜?」(頰が膨れてます。) 
「膨れない!」


まったくこの子は!誰に似たんだか?  
こういう時に限って子供ぽくなって!そんな子に育てた覚えはないぞ!
・・・・あれ?なんか俺ーーお母さん?お母さんみたいな考え方になってない? 
いよいよ、自分の思考が可笑しな方向に進んいるということに、それとなく嫌な汗が出てしまう。(なんか前にもこんな事があった気がする・・・お父さん的な気持ちで) 
しばらく俺がボーと自分自身と考察していたところーーー妹様からの催促が 


「兄さん!」
「怒鳴らない。分かったから」


放置されたのが気に入らなかったのか、それとも1週間家に帰って来なかったことにご立腹なのか、はたまた肝心の連絡が全てメールだったことにプンスカしているのか・・・・・・多分全部かな(兄だから何となく分かるのである。) 
それよりも、妹は俺がこの1週間何をしていたのか、早く説明を求めているのだ・・・かなり本気で 
何がそこまでこだわるのか知らないが、・・・仕方ない葵を説明するか
あの1週間をーーーそしてこれからのことを・・・・・・・・
ーーーというか。


「1週間外泊してただけでそこまで怒るか?」
「怒りますよ!?心配したんですから!」 


どうやら我が妹様からしたらメールだけじゃダメだったようだ。
・・・・でも、電話だとヘタしたら”自分も兄さんの所に行く!”とか言い出しかねないからな・・・・やっぱメールしかないわ(妥協すべきライン)。 


さて、では1週間、俺がしてきた事を振り返ってみよう。
だいたい5つ・・に分けれるな・・・・まずはアレだ。


泊まるきっかけなった件だな。
あれは確か・・・夏休み正日のことだ。
俺は柊さんに呼ばれて、【猫まんま】へ行っていた。 


そこで俺はかつての旧友の兄・・・・であるーーー九条冬夜さんに出会った・・・・出会ってしまった(絶望) 
・・・・そこから始まる1週間の地獄デイズ。


冬夜さんからの模擬戦のお誘い。
白石バカの追試の勉強会。
水野&藤堂とのランチタイム。
白石バカとの訓練。
そしてーーーーあの面倒ごと・・・・の合わせて5つである。
 

・・・・やっぱ、妹にはオブラートに説明した方がいいかな?(教育上よろしくないので) 
・・・できるかな(汗)    


ここまで、きて今更引き返す事も出来ない俺は、頭痛の種が増える予感を・・・確信を感じながらも、葵に所々省いた内容で説明し出した。


シスコン対シスコンへ続く。

「(旧)こっそり守る苦労人」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く