居候人は冒険者で店員さん

ルド@

【突然の依頼その1】

月が照らされる夜の街であった。
その街に並ぶ建物のうちの1軒、広い庭もある貴族が主人である館では大規模なパーティーが行われていた。


─────ザワザワ……!
─────ザワザワ……!


貴族は勿論、平民も加わり楽しげに会話を弾ませている。


「うぐっ……!」
「……」


そんな中、誰もがいない館の裏手で、2人の男性が睨み合って対峙していた。


1人は膝をついて腹部を押さえている灰色髪の中年男性
何処か淀んだ目をして腰には杖を差しており、服装は黒のスーツ姿であった。


もう1人は若い青年である。
ジャケットのようなスーツを身に付けて、割れた館の窓を背にして男性を見下ろしていた。
背後の館からは人々の声が聞こえ、青年は苦笑顔で男の方へと詰め寄る。


「ここは館の裏側か……好都合だ。だが決着は早いうちにつけた方がいいか」


周囲をチラリと見て青年は口を開く。
騒ぎになるのはなるべく避けたいようだ。拳を構えて男に接近していく。


その青年に見えないように男は密かに、腰に差している杖の握り部分を手で触れる。
そしてバレないように魔力を杖へと移していき、いつでも抜けるように身構えると。


「……そろそろ、いこうか」


眼前へと迫って来ていた青年の懐に自ら飛び込んだ。
急な接近に青年の拳は男性を捉えることができず、その間に男性は腰の杖を握り締めた。


「────オレが、なッ!!」


すると勢いよく引き抜いてみせて、杖に見せかけた仕込み剣で青年を突き刺そうと─────


誰にも知られない中、謎の青年と中年男性との戦いは、終わりに近づいていた。




***




スティアの世界は東西南北で4つの国に分けられている。
そのうちの1国、東の大陸のフェインには四神の名を持つスザクの街が存在していた。


「むにゃむにゃ……」


その街中にある世帯が並ぶ1つの家の中、一室のベットで寝ている黒髪の青年が1人。
彼の名はヴィットといい、本日は休日で仕事疲れもあってか、部屋でずっと寝ていた。


ちなみにそろそろ夕暮れ時であるが……。


「……」


その彼を見下ろすように、白いエプロンを着用している女性が一人、ゴゴゴゴとした威圧溢れる瞳で手にはフライパンが握られていた。


「むにゃ……むにゃ…………おっぱい」
「────ふッ!!!!」


その一言に女性は持っているフライパンの平らな部分が赤く染まり、ジューと熱を発せらせる。


「ハッ!!」


火の付与魔法であり、女性は大きく振りかぶると、勢いよく寝ているヴィットの頭部に──────


「───っ!  そやッ!?」


届く寸前で目を見開いて迫る熱したフライパン危機に目覚めるヴィット。
慌てて体を転がして間一髪のところで躱した。


その拍子でベットから落ちて、頭を打ってしまった。






「な、なに、が……?  うっ……!」


───何が起きたのか分からずにいるおれは、痛む後頭部を押さえて辺りを見渡している。うん、おれの部屋だ。
昨日は仕事が忙しかったから今日はゆっくりしていようと思ったが、……ちょっと寝過ぎたか?  なんか窓の方が赤みが射してるんだけど。


「あら?  随分変わった起きかたねぇ、良いお目覚めかしら────ヴィット?」
「っ、ア、アリサさん……?」


笑顔で呼びかけられた声に反応して、倒れていたおれは寝惚けた状態で見下ろしている女性───アリサさんを見上げる。うむ、エプロン最高ですっ!


腰近くまで伸びた薄オレンジの髪、女性らしい腰つきから上部へとバランスの取れた美しい体型なのだが……あ、なんか夢でも見た気がする絶景が目の前に……!!


特に女性特有の豊満な部位については、起きた時から視線が動いてしまって大変である。……だから早く視線を逸らさないと命が危ういかも。あと……本能的にも少々。


それと笑顔のアリサさんだけど、瞳がちっとも笑っていない。
何故かと思ったがさっきまでの、あのムチムチな素晴らしい夢が脳裏に過って、ボケていた頭を一瞬で覚めましたよっ。


なんか口にした予感がするっ!
主にアレな方面でっ!


「どうしたの?  顔が真っ青よ?」


真っ青どころか真白ですよアリサさん?
顔を蒼ざめていき、さらに大量の汗を流れてくる。


ようやく思考が回ってきたが、すでに死地にいる気分だ。
彼女が持っているフライパンが大鎌に見えてくるし、白エプロンも死神様の布に見えて───ってなんかいない!?  なんか室内からホホホホっとか笑い声が聞こえてくる気がする!  ……心なしか瘴気が満ちてないか?


「それともまだ眠ったままの方が良かったかしら?  あなたの大好きなお胸の夢だったようだしね」
(ホホホホホホっ)


あ、これはダメなヤツだ……。


口元に薄い微笑みを浮かべてアリサさんは熱し過ぎて、もう真っ赤な炎を噴かせているフライパンを振り上げておれの返答を待っているけど、おれには執行を待っている処刑執行人にしか…………─────って、既に死神様がご降臨してらっしゃる!?  何あれ!?  地獄の2丁目ですか!?  3丁目の親戚のとかですかっ!?  


(ホホホホホっ)


ヤバイよアリサさんの背後で微笑んで(ガイコツだけど)、デカイ鎌を持った死神様いるんだけど。


(ホホっ?)


……すみませんその、やるの?  やらないの?  みたいに首の傾げてるけど、全然可愛くないからその動作やめてっ!!
動作が完全に首ちょっぱだよ!?  惨殺絵図しか浮かばないよっ!


「き、聞いてくださいよアリサさんっ!?」
「……」


もう返答をミスれば命に関わるよ絶対。死神様が鎌をチラチラ揺らしている……。
おれはどうにか動揺を抑えてその場で正座してアリサさんに言う。


「おっしゃる通り……」
「……」


沈黙は猶予だと受け取りその譲歩の気持ちを無駄にするものかと、おれは真剣な眼差しでアリサさんを見上げて率直な思いを叫んだ!


最高の桃源郷夢の楽園でしたぁぁぁぁぁっっ!!」
「……」


おれの叫びにアリサさんは無言であるが、おれは無感情な表情にも気にせず叫び続ける。なんか背後で死神様が呆れているようにも見えるが、気にせず喋り続ける。


「最近は全然夢とか覚えてませんでしたが、バッチリ記憶に焼き付いてます!」
「……」


ん?  アリサさんの目から光が消えていっているように────うん、気のせいだろう。
やっぱり気にせずおれは喋り続ける。……気付いてなかったが、死神様が“そ、そのぐらい……ね?  少年……?”みたいな動作をしていた。


「なかなかのもんでしたよアレはっ!  珍しくお店とかで会う女性陣だけじゃくて、たまに会う仕事仲間の方も混ざってて、すっごいドキドキしましたっ!」
「……」


何処までも無表情なアリサさんと“あ、そろそろ出番かな?”みたいに鎌を持ち上げる死神様。
そしてお構いなしに言い続けるおれ…………本気で語り過ぎている所為で周りが見えなくなってしまっていた。


「しかも、しかもですよ!?  途中からアリサさんと一緒にリアナちゃんも参戦してきて、女神姉妹様が同時にご降臨してきたんですよっ!?」
「──────火力全開……(ボソっ)」


だからアリサさんの超危険・殺戮区域内レッドラインに平気で踏み込んでしまった。


全力で語り続けるおれをよそにアリサさんが持っているフライパンに、凄まじい火の魔力を付与させていく。
ついでに死神様も“ホホホホホ……”と言いながら、鎌を大きく振りかぶっていた。


 「それにあとちょっとでカッターシャツだけで、半脱ぎ状態のアリサさんとリアナちゃんにタッチできそうでおれも遂に野生の自分を解放できそうになってお二人と────ガぼッッーーー!?」


言ってから気付いたが、やっぱこれはないわ。
全部言い終える前にアリサさんからフライパンが振り下ろされて、おれの意識は再び閉じてしまった。


その際、チラリとアリサさんの顔が見えた。
…………真っ赤でした。たぶん憤怒で……。


(ホホホホホ)


死神様は鎌を肩にかけて南無と手を合わせていた。
色々と言いたいですが、とりあえず手を合わせるのをやめてもらえませんか?
……なんことかさっぱり分からないけど、まだ始まったばっかだよ!?  いきなりくたばれませんってばっ!!





「居候人は冒険者で店員さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く