話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

その後 第15話 永遠に

エレベーターのドアが開くと、将軍さんは、右手にキャリーケース、左手に私の手を握りしめて、エレベーターを降りる。

玄関を開け、中に入ると、靴を脱ぐ間もなく、三和土たたきでそのまま再びくちづけられる。

「ん…… ふ……」

将軍さんの腕に包まれて、将軍さんに求められる感覚が嬉しい。


「爽、いい?」

将軍さんに尋ねられて、私は無言で将軍さんに抱きつく。

私は、将軍さんの胸に顔をうずめ、将軍さんからは顔が見えないようにして、小声で
「うん……」
と答えた。


私たちは、明るい朝日が差し込む寝室へと移動し、我を忘れて互いを求め合う。

いつもなら、明るいと恥ずかしくて仕方ないのに、それすら気する余裕もない。

それほど、私も将軍さんを欲していたのかもしれない。


2週間の寂しさを埋めるように、互いを求めた私たちは、十分な充電を終え、その温もりの中でまどろむ。

「そういえば……」

私は、将軍さんの腕枕に頭を預けながら、ふと思い出す。

「なんか、西野さん、感じが変わらなかった?」

前は、将軍さんを狙う女豹のように感じたのに、今日はなんだか、少しサバサバした印象を受けた。

「ん? ああ……
あれかな? 2週間、爽をことを自慢しまくってたら、呆れたのかもな」

えっ? それって……

「もしかして、のろけって言うんじゃないの?」

それは、嬉しいより、恥ずかしいの方が勝るかも。

「事実だから、いいんだよ」

将軍さんは、全く悪びれる様子もない。

もう……

どんな事実を言ったんだか……

「事実でもなんでも、普通、取引先の女性にそんなこと言わないでしょ?」

私がそう言うと、将軍さんは悪びれもせずに答える。

「向こうも普通じゃないから、これくらいでちょうどいいんだよ」

えっ?

「普通じゃないって?」

もしかして、向こうで何かされたの!?

将軍さんがいない間の心配が、胸によみがえる。

「普通、取引先の既婚男性にあんなあからさまなモーションかけないだろ。美人なんだから、放っておいても男は寄ってくるだろうに」

将軍さんは、呆れたように言う。

「遠回しに、その気がないことを伝えても通じないし、取引先だから、あからさまに嫌われるような態度を取るわけにもいかなくて……。
だから、延々と2週間、爽の自慢話を聞かせてやったら、それ以上、寄って来なくなったよ」

将軍さんは得意げに言うけど、それって男性として残念な人だと思われたってことじゃないの?

西野さんに取られなかったのは、すごく嬉しいけど、でも、大好きな将軍さんが、残念な男性に見られるのは、なんだか釈然としない。

「西野さん、これから、どうするのかな?」

旦那さまと仲直りできれば、いいんだけど……

「さあ。彼女は、あのままじゃないか? ダンナが浮気したらしいし」

「えっ?」

今、将軍さん、さらっとすごいこと言わなかった?

「ああ、爽は知らないよな。あの人、浮気されて、別居してるんだよ。しかも、相手はごく普通のルックスらしい」

将軍さんは、事もなげに語る。

「なんで、将軍さんが知ってるの?」

この2週間で、そんな話までしたの?

「帰りの飛行機で愚痴ってたよ。自分より美人なら仕方ないけど、そうじゃない相手にとられたって」

はぁ……

他人事ながら、ため息が出る。

「それは西野さんが、ルックスでしか人を判断しないからなんじゃないの? きっとその浮気相手には、ルックスだけじゃない魅力があったんだろうし……」

浮気した旦那さんを擁護する日が来るとは思わなかった。

「だよな。だから、俺も言ってやったよ。結婚する時、ちゃんと相手の中身を見て、中身に惚れたのか?って。どうやら、美人だから寄ってくる男の中で、1番見た目のいい男を選んだらしい。結婚前はチヤホヤしてくれたのに、結婚したら、普通の奥さん扱いされたって、変な怒り方してたよ」

それは……

将軍さんが思われた以上に、残念な人なんじゃ……

「爽みたいに中身も極上の相手と結婚できた俺は、ほんと、幸せなんだと思ったよ」

そう言って将軍さんは、優しく私の頭を撫でる。

私なんて、外見も中身もごく普通なのに、そんなふうに言ってくれるなんて、ほんと、いい旦那さまと結婚したなぁ。

きっと、このまま春になれば、いいパパになってくれるに違いないよね。

私は、幸せな気分で将軍さんにぴったりと寄り添う。

どうか、この幸せが、このまま永遠に続きますように……


─── その後 Fin. ───



最後までお付き合いいただきありがとうございました。

他サイトにて、続編の要望が多く、『将軍編』・『その後』を加筆しましたが、ひとまず、ここで締めさせていただきます。

春に生まれる爽の子供が、男の子なのか、女の子なのか、2人がどんな親になるのか、想像してやってください。

感想・コメント・さらなる続編リクエストなど、楽しみにお待ちしております。

お気軽にひとこと呟いてくださいね。


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • みょうが

    完結すっきりしました。ありがとうございます

    1
コメントを書く