話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

その後 第14話 帰宅

私たちは、西野さんを見送ると、仲良く手を繋いで帰路に就く。

電車に乗ると、将軍さんは優先席にひとつだけ見つけた空席へと、真っ直ぐに向かう。

「爽、ほら」

将軍さんは、勧めてくれるけど……

「ダメだよ。ここ、優先席だから」

私は手を振って断る。

お年寄りが来たら、立てばいいのかもしれないけど、なんとなく白い目で見られる気がして、座る気にはなれない。

すると、将軍さんは、首を振って、さらに続けてる。

「優先席だからだろ? ここは、妊婦も座っていいんだよ。っていうか、むしろ、妊婦は座るべきなんだよ。そのお腹に守るべき命を宿してるんだからな」

ふふふっ……

あまをにも力説する将軍さんが珍しくて、思わず笑ってしまう。

「うん、じゃあ、少しだけ」

私は、将軍さんの好意が嬉しくて、素直に従う。



「今日から、食事は俺が作るよ」

最寄駅から手を繋いで歩きながら、将軍さんが唐突に言い出した。

「えっ?」

私は、意味が分からなくて、首を傾げる。

「爽が、ずっと食欲がなかったのって、きっとつわりだろ? だったら、俺が料理した方が、爽の負担も少なくていいと思うんだ。爽ほど、うまくは作れないけど、どうせ2〜3ヶ月のことだし、大丈夫だろ?」

将軍さんは、さも当然だと言わんばかりに、ひとりで納得している。

「でも、将軍さんの方が忙しいのに……」

仕事だって、いつも遅くまで頑張っているのに、この上、家事までお願いしたら、将軍さんが大変だよね?

「だから、手抜き料理だぞ? コンビニ弁当の日もあるかもしれないし。それでも、爽に無理させるよりは、ずっといい」

将軍さんは、優しく微笑むと、繋いだ手をギュッと握った。

「ふふふっ」

私は思わず、笑みをこぼす。

「なんだ?」

将軍さんは、バカにされたと思ったのか、何か不満顔で尋ねる。

「違うの。将軍さんのお嫁さんになれて、良かったなって思って。絶対、世界一の旦那さまだよね」

私がそう言うと、将軍さんは照れ臭そうに目を逸らして、空を見上げた。

「ありがと。将軍さん」

私は、将軍さんの腕を、両手で抱き込むようにして、寄り添って帰る。

将軍さんが、反対の手で引くキャリーケースの車輪のガラガラいう音が、なんだか楽しげに、私たちの後を追いかけるように響いている。

1年後には、キャリーケースじゃなくて、ベビーカーが同じような音を立ててるのかな?

ふふふっ

想像するだけで、なんだか幸せな気分になるから不思議。


私たちは、マンションのエントランスを抜け、エレベーターに乗り込む。

行き先階ボタンを押し、ドアが閉まると、将軍さんは私をギュッと抱きしめる。

「爽、会いたかった」

将軍さんがそう思ってくれることが、何より嬉しい。

「私も、ずっと会いたかった」

私も、将軍さんの背に両手を回し、将軍さんの胸に頬を寄せる。

トクトクトクトク……

将軍さんの鼓動が頬を通して伝わってくる。

けれど、その鼓動を感じられたのも束の間、私の背は、冷たいエレベーターの壁に押しつけられ、そのまま唇を将軍さんのそれで塞がれてしまった。

ん……

久しぶりのキスは、一瞬で深くなり、応えるのがやっと。

エレベーターの中なのに、息が上がりそうなほどの激しいキスは、将軍さんが2週間押さえた思いのような気がして、嬉しくなる。

ポン……

柔らかいエレベーターの到着音が聞こえると、名残惜しそうに、将軍さんの唇が離れていく。

「続きは、部屋で……」

えっ……


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く