話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

その後 第12話 予定日は

・:*:・:・:・:*:・:・:・:*:・:・:・:*:・

  7月30日 火曜日

・:*:・:・:・:*:・:・:・:*:・:・:・:*:・


翌日、私は通院のためと会社に連絡を入れて、有休を取った。

私は、車で迎えに来てくれた母と、病院に向かう。

「爽、体調は? ちゃんとご飯食べられてる?」

運転席の母が、尋ねる。

「うーん、ここのところ、仕事でちょっとむかつくことがあったから、食欲不振なんだと思ってたんだけど、もしかしたら、実はつわりだったのかも」

食べたかったのは、よく聞くレモンやグレープフルーツじゃなくて、トマトだったけど。

「そう。まぁ、無理に食べても、つわりなら戻しちゃうから、食べられるものを食べられる時に食べなさい」

出産経験のある母の意見は、なんだか重みがあるなぁ。



病院で、初めてエコー検査を受けた。

小さな小さな赤ちゃん。

はっきり言って、まだよく分からない画像だけど、それでも、ここにちゃんと私と将軍さんの子がいるんだってことは、よく分かった。

「おめでとうございます。現在、妊娠2ヶ月、7週ですね。出産予定日は、3月24日頃です」

お医者さんが、診察の後、説明をしてくれる。

出産予定日を聞いた私は、なんだか、わくわくした。

3日早く生まれたら、私と同じ誕生日で、私たちの結婚記念日がこの子の誕生日になるってことでしょ?

なんて素敵なプレゼントなの。

私は、そのまま次回の健診と分娩予約をして、病院をあとにした。


その日の夜。

将軍さんに電話したいなぁ。

でも、きっと現地で接待を受けてたりするよね。

西野さんも一緒に……

考えまいとしても、西野さんと同じホテルに泊まってるっていうのは、やはり釈然としないものがある。

なんで、結婚してるのに、将軍さんに手を出そうとするの?

そんな暇あったら、自分の旦那様とさっさと仲直りすればいいのに……

西野さんだって、大好きな人と結婚したんだと思うんだけど、なんで別居しちゃったのかな。

私だったら、将軍さんと別居なんて考えたくもないんだけど。


そんなことを思ってると、携帯が鳴った。

えっ!? 将軍さん!?

だって、まだ9時……

現地では、7時ってことだよね?

早くない?

そんなことを思いながらも、私は電話に出る。

「もしもし?」

『爽? 俺』

ほんとに将軍さんだ。

「うん、お疲れ様」

いつも、面と向かって話してるから、電話だと何を話していいのか、ちょっと戸惑ってしまう。

思えば、付き合い始めて10日後には、将軍さんに強引に同棲状態にさせられたから、ほとんど電話ってしたことないのよね。

「将軍さん、すごく早いけど、お仕事はいいの?」

私は、心配になって尋ねた。

『当たり前だろ。仕事なんて、夕方には終わるもんだよ。その後の食事なんて、別に強制されて一緒に食べるもんじゃない。今日は、爽に電話しなきゃいけないからって言って、断って帰ってきたんだ』

いつもなら、将軍さんは、それでも仕事上のお付き合いをないがしろにしたりはしないのに、私を優先してくれたことが嬉しい。

『今日、病院に行ったんだろ? どうだった?』

「うん、異常なしだって。でね、予定日は3月24日だって」

私は、意気揚々と将軍さんに報告をする。

『そうか。爽の誕生日と近いな。同じ誕生日だと、なんだか運命的な感じがするな』

将軍さんも気付いてくれたんだ。

しかも、なんだか、声が楽しそう。

「うん。そしたら、2人分の誕生日と結婚記念日のお祝いとで、すっごくおめでたい日になるね」

なんだか、想像するだけで楽しくなる。

『そしたら、毎年、春に旅行に行ってもいいかもな。年度末だから、海外とかは無理だろうけど、一泊で温泉とか、子供が少し大きくなったら、遊園地とか』

将軍さんも話が尽きないみたい。

延々と2人で話をした後、将軍さんは、ポツリと言った。

『爽……、会いたい』

将軍さんの切ない声に、胸が苦しくなる。

「私も……」

会えるものなら、今すぐにでも会いたい。

『ハハ、ダメだよな、責任者なのにこんなこと言ってちゃ』

将軍さんは、笑ってごまかすけれど、会いたいのは、私も同じ。

『とにかく、2週間、爽は、無理せず、体に気をつけるんだぞ。部屋は、俺が帰るまで、散らかしたままでいいから』

「ふふっ」

将軍さんってば、一体、何の心配をしてるんだか。

「大丈夫。出来ることだけ、のんびりやるね」


電話を切ると、部屋の中がすごく寂しく感じる。

将軍さんがいるはずの席、将軍さんがくつろいでるはずのソファー、将軍さんが眠るはずのベッド。

早く2週間、経たないかな……

「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く