話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

その後 第9話 貧血

それからしばらくして、将軍さんに、現地視察の出張が入った。

2週間、候補地を回り、契約を締結してくるらしい。

当然、あの金髪美女、西野さんも一緒。

私もついて行きたい。

でも、そんなわけにはいかない。

会食に同行するのとは、わけが違う。


でも…… 

将軍さんは大丈夫だとは思っていても、泊まりで2週間も西野さんと一緒だと思うと、心穏やかではいられない。


そうして心に不安があるせいなのか、ここのところ、食欲もかなり落ちていた。

将軍さんのために食事は作るものの、私は簡単にお茶漬けとトマトで過ごすことが多くなっていた。

「爽、最近、毎日、トマトだけで生きてないか? ちゃんと食べないと夏バテするぞ。今度、鰻でも食べに行こう」

心配した将軍さんは、そう言ってくれるんだど、鰻なんて、全然食べたくない。

きっと、あの金髪美女さえいなくなれば、私の食欲も復活すると思うんだけど……


・:*:・:・:・:*:・:・:・:*:・:・:・:*:・

  7月29日 月曜日

・:*:・:・:・:*:・:・:・:*:・:・:・:*:・

7月29日。

出張当日の朝、心配しつつも、私は、将軍さんを送り出す。

「いってらっしゃい。気をつけてね」

「爽も、気をつけて。俺がいなくても、ちゃんと食べるんだぞ」

将軍さんは、そう言ってぎゅっと抱きしめてくれる。

そして、昨夜から何度したか分からないキスを繰り返す。

まるで2週間分をまとめてしてるみたい。

「ん……
 将軍さん、そろそろ行かなきゃ」

私が、将軍さんの胸を押し返すと、将軍さんは私の髪をすくように指を差し入れる。

「爽も連れていければいいのに」

出来ることなら、私もそうしたいけれど……



私は、将軍さんを見送り、いつも通り、会社へと出勤する。


今頃、将軍さん、空の上かな?

そんなことを思いながら、仕事をこなしていく。


夕方、18時。

仕事を終えた私は、机上を整えて、席を立つ。

「お先に失礼します!」

そう口にした直後、突然、目の前が闇に包まれた。

「爽!? 爽!!」

遠くで、真由が叫んでる。

そんなに大声を出さなくても聴こえるのに……

しばらくして、私が目を開けて、驚いた。

何、ここ?

目の前に心配そうな真由の顔がある。

「爽、気がついた? 動ける?」

動けるって、大袈裟な……

動けるに決まってるじゃない。

その時、気づいた。

私が、自分の席のそばの床に寝ていることに。

なんで?

私が、床に手をついて起き上がろうとすると、真由がそれを止めた。

「もうすぐタクシーが来るから、もう少し、このまま休んでて」

タクシー?

なんで?

そこへ、専務がやってきた。

「爽さん! 良かった。気がついたのね?
 タクシーが来たから、一緒に病院に行きましょう」

そこまで聞いて、ようやく気づいた。

私、倒れたんだ。

将軍さんの出張が決まってから、ずっと食欲がなくて、トマトしか食べてなかったもんな。

将軍さんがいない時で良かった。

将軍さんがいたら、きっと心配させちゃうから。

私は、真由に支えられて、ゆっくりと起き上がる。

帰り支度はしていたので、そのままバッグを持って、専務と一緒にタクシーに乗せられた。

近くの救急外来に連れて行かれ、問診票に記入する。

現在の症状、通院歴、既往歴……

順に記入していき、最後の質問で、手が止まった。

『妊娠の可能性』

これ、可能性はゼロじゃない……よね?

私は、“あり”に丸を付ける。

最終月経は……

覚えがない。

これ、もしかして……



その後、診察の先生は、問診や聴診の前に、まず、尿検査の結果を差し出した。

「この線、見えます?陽性ですよ。
 おめでとうございます。
 妊娠されてますよ」

なんて言えばいいんだろう。

嬉しい。

でも、それ以上に不安の方が大きかった。

将軍さんに会いたい。

将軍さんに伝えたい。

なんで、こんな時に2週間も将軍さんに会えないの?

「産婦人科へ紹介状を書いておきますね。とりあえず、血液検査の結果、鉄欠乏性貧血でしたので、増血剤を出しておきます」

いろいろ説明をしてくれるけれど、なんだか上の空で、あまりよく覚えていない。

産婦人科……

将軍さんと一緒に行きたかったけど、こんな状態で2週間も放置して、お腹の子に何かあったら、将軍さんにも申し訳が立たない。

どうしよう……



「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く