話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第63話 プレゼントを買いに

・:*:・:・:・:*:・・:*:・:・:・:*:・

  12月8日 土曜日

・:*:・:・:・:*:・・:*:・:・:・:*:・


「じゃあ、行ってきます」

私は、将軍さんに手を振って出かける。

友人とランチに行くと言って出かけた私は、そのまま少し遠出して、この辺りで1番大きなショッピングモールへと向かった。

2週間後、12月23日〜24日にかけて、私たちは、温泉旅行に出かける。

そのクリスマスイブに将軍さんにプレゼントを渡したい。

だから、友達と…と偽って、一人で出かけてきた。


服、鞄、財布……

ショッピングモール内は、クリスマス商戦真っ只中で、各お店にいろいろな物が並んでいる。

けれど、私は、プレゼントは腕時計に決めている。

この間、将軍さんが一人で出かけた時、浮気してたんじゃないかと、不安になった。

将軍さんがそんなことをするはずがないのに……


だから、決めたんだ。

今度の旅行で、私は、将軍さんにプロポーズする。

プロポーズは、男からだなんて、誰が決めた?

別に、女がプロポーズしてもいいはず。


ただ、男性は婚約指輪を贈ればいいけど、女性から男性へは、贈るものがない。

だから、私は、腕時計を贈ることにした。

一生、私と同じ時を歩んでくれることを願って……

私は、時計専門店やハイブランドのショップを順に見て回る。

広い店内を歩き回り、ようやく一つの時計に決めた。

機能重視!

もちろん、見た目のおしゃれさは必須だけど、それ以上にこだわったのは、海外でも使えること。

各都市に着くたびに、時刻をセットし直すのはわずらわしい。

飛行機の中で、その都市に合わせるだけで、簡単に時刻を変更できるものを選んだ。


だって、将軍さんは、部長さんだもん。

社長の海外視察に同行することも少なくない。

そんな遠くへ出かける時こそ、私を思い出して欲しくて、その時計を選んだ。


将軍さん、喜んでくれるかな……

何より、プロポーズ、OKしてくれるかな?


いくらなんでも、付き合い始めて、2ヶ月半でプロポーズは早すぎるとは思う。

分かってるんだけど、私のこの気持ちは、もう揺らがないって、自信を持って言えるから。


だから、将軍さんも同じ気持ちだと嬉しいな……


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く