話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

その後 第1話 株主総会

・:*:・:・:・:*:・・:*:・:・:・:*:・

  6月10日   月曜日

・:*:・:・:・:*:・・:*:・:・:・:*:・


この日、株主総会が行われた。

いつもなら、私には全く関係のないこの行事。

だけど、今回はちょっと違う。

大好きな将軍さんの将来に関わる大事な裁決があるらしい。

大丈夫かな……

きっと大丈夫だと分かっていても、不安で落ち着かない。


16時。

将軍さんが、総会から戻ってきた。


・:*:・:・:・:*:・


将軍さんは、3月の私たちの結婚式の後、4月に再び異動になった。

夫婦で同じ部署というのは、やはり問題があるらしい。

特に経営に関する数字を扱う部署なら、なおさらかもしれない。

将軍さんは、経営戦略部長に就任した。

経営戦略部は、今回、新しくできた部署。

新店舗やプライベートブランドの立ち上げ、海外の工場の設立など、多岐に渡り会社の方針を決めるらしい。

言ってみれば、社長の片腕のような部署なんだそうだ。

仕方ないことだけど、部署が離れるのは寂しいと内心思っていたのに、蓋を開けてみれば、席は企画部の隣の島。

この配置、なんだか社長の思いやりを感じるなぁ。


・:*:・:・:・:*:・


株主総会から戻ってきた将軍さんは、私の後ろを通り、私の肩をトントンと軽く叩いて、席に戻った。

私は、居ても立っても居られず、立ち上がって将軍さんの所へ向かう。

仕事中だとは分かってるんだけど……。

「ねぇ、どうだったの?」

私が尋ねると、

「無事、決まったよ」

将軍さんは、得意気にニッと口角を上げて笑った。

「ほんと!?
 良かったぁ!
 おめでとう!!」

私は、心からお祝いの言葉を伝える。

先日、社長に課された命題。
将軍さんは、まずは、その階段の一段目を登ることができたんだ!

「決まったんですね。
 おめでとうございます」

と経営戦略部のメンバーからもお祝いの言葉が掛かる。

みんなに祝福されて、いつもは冷たく厳しい人を装っている将軍さんも、少し嬉しそうだ。


この日、将軍さんは、ただの『経営戦略部長』から、

『  経営戦略部長 』

に就任した。


・:*:・:・:・:*:・


現在の社長には、子供さんがいらっしゃらない。

それでも、その分、夫婦仲は良くて、時には舌戦を繰り広げながらも、いつも仲睦まじく、二人三脚で会社を切り盛りしている。

専務に奥様、常務には社長の弟さんが就いていらっしゃるけれど、甥御さん、姪御さんなど他の身内の方は、ご本人の希望で、別の関係ない会社に勤めていらっしゃって、この会社にはいらっしゃらない。


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く